iPhone、iPad、iPod を強制初期化する方法:パソコンありとパソコンなしの場合

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhoneデータ消去

できれば遭遇したくない事態ではありますが、iPhoneが突然動かなくなることは頻繁に起こります。iPhoneも機械である以上、iPhone本体やiPhoneを起動しているソフトウェアが損傷することで調子を崩すことは往々にしてあり得るのです。

 iPhoneに入っているデータを復旧するにしても、iPhoneの修復を試みるにしても、まず最初にすべきことはたったひとつ。iPhoneを起動させることです。

 最初に申し上げておくと、間違ったやり方でiPhoneを起動させようとすると、状況によってはデータが消えてしまったり、起動を制限するモードに入ってiPhoneを動かせなくなったりと、取り返しのつかないことになってしまう場合があります。

 このページでは、iPhoneのトラブルに巻き込まれて「再起動をしたい」という方のために、安全な方法での強制的に初期化する方法と、初期化の際に気を付けておきたいことなどを解説していこうと思います。


iPhoneiPadiPodの復旧に初期化が必要になる理由

iPhoneiPadiPadなどのiOS/iPadOSの初期化に関する情報をまとめていきます。

そもそも初期化ってどんな対応なの?

iPhoneなどのデバイスの初期化とは、対応としては「買った時の状態に戻す=工場出荷時の状態に戻す」ことを言います。もっと簡単に言えば、iPhoneに入っていたデータは全て消去し、端末で設定したものも全て消えますが、OSのバージョンはそのまま維持されます。

初期化とはいえ、本当に買った当時の状態に戻るわけではなく、デバイスを起動させる最低限のオペレーションシステムだけは維持されるので、買った時の状態にリセットする、というのとは少し話が違うので注意が必要です。

強制初期化が必要になる状況

初期化という対応が「工場出荷時の状態にする」ということでしたが、どのようなときに初期化対応が必要になるのでしょうか。最も想像しやすい状態としては「何かの拍子にデバイスが動かなくなってしまった」という時の復旧作業として初期化する必要があります。不具合が起きているデバイスは操作も受け付けない場合が多く、「強制的な初期化操作」が必要となる場合もあります。

また、情報を消す、という側面で考えると、個人情報の取り扱いのために、デバイスを譲渡したり盗難されたときに個人情報を消す目的で初期化処理をする必要が出てきます。

状況1:致命的なデバイスの起動障害

iPhoneなどのデバイスに不調があった場合には、最初の対応としては「再起動」などを試みます。

しかし、OSのアップデートに失敗したりウイルスなどの攻撃を受けたりすることによって、デバイスを起動させるためのソフトウェアがそもそも機能しなくなるようなエラーを起こす場合があります。エラーの原因は素人には判別することは難しいですが、スマホを初期化することによって、ほとんどの不具合は復旧することができます。

ただし、初期化によってデータは失われるため、バックアップをとっておくことが前提となる対応策になります。

関連記事:iPhoneをバックアップする3つの方法

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iOSアップデートエラーなどのシステム不具合を修復
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

状況2:下取り・売却を考えているとき

年々、スマートフォンの端末料金は値段を上げています。ユーザーがスマホを購入する際には、新品だけではなく「中古品」の購入を検討したり、自身の利用していた端末も売却したりすることで、スマホ代金を少しでもお得に入手しようという動きが活発化しています。

下取り・売却のニーズが高まっていますが、このときに必要になるのが「初期化」によるデータの白紙化作業です。個人情報の流出を防ぎ、ソフトウェアのデータ汚染を防ぐクリーニング効果もあるので、スマホの下取りや売却の際には初期化作業が必要になります。

状況3:画面ロックが解除できない時

iPhoneの画面ロック解除にはパスコードの入力や指紋・顔認証が必要になります。

指紋・顔認証に慣れてしまうと、ロック解除のためのパスコードをうっかり忘れてしまうことがありますが、マスクを装着していたり、濡れた手で操作したりすると認証が解除できずに、パスコードも忘れてどうしようもなくなることがあります。

パスコードを思い出すことができれば一番ですが、パスコードは複数回入力を間違えることでiPhoneが操作を受け付けなくなる措置が取られます。

このロック状態を解除するには、リカバリーモードから初期化する作業が必要になります。初期化と同じ状態になるので、全ての設定やデータがリフレッシュされます。

関連記事:パスコードを忘れた時でも安心!iPhoneの画面ロックを解除する4つの裏技

初期化の前にやっておくべきこと

iPhoneやiPad、iPodの初期化の前にやっておくべきことがあります。これらをやっておかないと、利用していたデータが使えなくなってしまったり、アプリの引き継ぎができなかったりします。また、アクティベーションロックと言って、iPhoneが使えなくなって売却や下取りなどにも出せなくなってしまうという取り返しのつかない事態になってしまう場合があります。

やっておくべきこと1:バックアップを作成する

デバイスの初期化の前に必ずやっておくべきことは、バックアップを作成することです。普段からバックアップを作成している場合には問題ありませんが、一度故障などをするとデバイスだけではデータのバックアップが取れなくなる場合があるので、普段からのバックアップ作成は大事です。

バックアップ方法1:iCloudを利用する

iCloudでのバックアップ作成は、最も簡単な方法で確実に必要なデータが、なんの操作も不要で自動で保存されていきます。その代わりに、利用するデータストレージによって月額の利用料金が必要になります。

パソコンを持っていない場合には、iPhoneのバックアップを取るにはiCloudへのバックアップを考える必要がありますが、無料で利用できるのは5GBということもあり、容量がすぐにいっぱいになってしまいバックアップが取られていない、という方もいらっしゃるようです。

iCloudの利用方法については以下の通りになります。

設定アプリからiCloudを選び、iPhone/iPadでiCloudのバックアップを行う方法

設定アプリからiCloudを選び、iPhone/iPadiCloudのバックアップを行う方法

  1. 「設定」から一番上の項目である「AppleIDアカウント」を選択する
  2. iCloudの利用状況などが表示される
  3. iCloudバックアップをオンにする
  4. アプリなどの項目ごとにiCloudと連携するものをオンにしておく設定アプリからiCloudを選び、iPhone/iPadでiCloudのバックアップを個別に選択する

設定アプリからiCloudを選び、iPhone/iPadiCloudのバックアップを個別に選択する

 

iCloudは普段よく使うアプリなどのバックアップにも対応している場合が多く、各種文書ファイルもiCloud上に保存しておくことで、他の端末での作業を引き継ぎやすくなります。

ただ、無料で利用できるiCloudの容量はアカウントごとに5GBまで。写真や動画を保存するとすぐにいっぱいになってしまうので、実際にバックアップとして利用するにはご自分が利用しているiOS/iPadデバイスの容量が収まるくらいのストレージに対応する必要があります。

関連記事:iCloudバックアップから復元する方法の紹介

バックアップ方法2:iTunes/Finderを利用する

iTunes/Finderで、iPhone/iPadのバックアップを行う方法

iTunes/Finderで、iPhone/iPadのバックアップを行う方法

 パソコンがある場合には、iTunesMacのファイル管理ソフトであるFinderを利用することで、デバイスのバックアップを作成することができます。

 このパソコンに保管されるバックアップは、iPhoneの買い替え・交換や、今回のような初期化してから元のスマホに戻すための復旧作業には役立ちますが、個別のデータ救出には対応していないことと、パソコンにiPhoneなどをまるまる保存するくらいのデータ容量が必要になることがデメリットだと言えます。 

バックアップ方法3:バックアップソフト「Dr.Fone」を利用する 

先ほど申し上げた通り、iTunesなどを利用してバックアップを作成するのは簡単ではあるのですが、利用できるAppleデバイスがないと「写真」や「動画」、「メッセージ」などのデータを閲覧したり確認したりすることができません。また、パソコンに大きなバックアップデータを保管しておく必要があるため、パソコンのストレージ対策が必要になったり、容量の大きいデータ処理を必要としたときに結局バックアップデータを削除してしまったりする場合があります。

 もう少し小回りのきくやり方がいい、という方にはDr.Foneの利用をお勧めします。Dr.Foneであれば、以下のメリットがあります。

Dr.Foneをバックアップソフトとして利用するメリット

  • バックアップを取るデータを簡単に選択できる
  • 必要なデータを個別に取り出しやすい
  • データの保管場所がわかりやすく外部ストレージにも移動しやすい
  • iTunesよりも立ち上がりが早く、使い方もボタンひとつでわかりやすい
  • Foneはバックアップだけではなく、データ移動や起動障害の対応もできる 

保管するデータを個別に選べるということは、データ処理のための時間も少なくすみますし、パソコンなどのデータストレージへの負担を減らすことができます。

 Dr.Foneのバックアップ方法

Dr.FoneにはiPhoneでのお困りごとが解決する機能がたくさん詰まっていて、iPhoneのバックアップも作成することができます。ここでは簡単に、どれくらい簡単にバックアップが取れるのかを説明していきたいと思います。

まずはDr.Foneをダウンロード

Dr.Foneは、この後紹介するiPhoneのデータ消去に加え、起動障害などの対応も可能になるスマホのデータ管理における万能ツールです。まずは、無料でどんなことができるのかを確認しながら、実際に使ってみることをお勧めします。

 

バックアップを取りたいデバイスとパソコンを繋ぐ

Dr.Foneを使ってスマホデータバックアップを利用する

 まずは、バックアップを取りたいデバイスと、Dr.Foneをインストールしたパソコンを繋ぎます。今回は、「スマホデータバックアップ」という機能を使うので、メニュー画面から選択してください。

 デバイスを認識すると、バックアップメニューが選択できるので「バックアップ」をクリックします。

 Dr.Foneでバックアップを始めるときの手順について

Dr.Foneでバックアップデータを作成する

Dr.Foneならバックアップしたいデータを個別に選択することができる

Dr.Foneならバックアップしたいデータを個別に選択することができる

 バックアップを取りたいデータを選択します。例えば、仕事で使う「メモ」や「連絡先」だけは個別のバックアップとして保管したい、などご自分の利用目的に合わせて項目を自由にカスタマイズすることもできます。

 保存先はわかりやすいところに設定しておきます。USBメモリや外付けHDDなどを利用することも可能です。

 Dr.FoneでiPhone/iPadのバックアップを行う方法

後はバックアップが完成するのを待つだけです。必要なデータを選んで、「バックアップ」をクリックするだけでしたので、操作に悩むことはないと思います。

やっておくべきこと2:「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneを探す」をオフにする設定は必ず行う必要があります。

これは、簡単に言えば「盗難の際の操作防止」のための機能なのですが、iPhoneを探すをオフにしておかないと、iPhone側で初期化作業は「盗難によるもの」だと誤解してアクティベーションロックというものがかかってしまう可能性があります。 

iPhoneを探す」の設定方法

簡単に「iPhoneを探す」の設定方法を解説します。手順がわかりやすいように、画面が大きいiPadの画像で解説していますが、iPhoneでも同じ操作方法になります。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. Apple IDのアカウントを選択する
  3. 「探す」の項目を選択する
  4. iPhone/iPadを探す」を選択する
  5. iPhone/iPadを探す」をオフにする

iPhoneを探すを解除する方法

まずは設定アプリを立ち上げて、ご自分のApple IDのアカウント項目を選択します。すると、iCloudなどの項目の近くに「探す」という項目があるので、こちらを選択します。

 「探す」の設定で、iPhone/iPadの初期化準備をする

iPhone/iPadを探す」という項目を選択します。「iPhone/iPadを探す」のトグルボタンをタッチしてオフにします。 

iPhoneを初期化する方法 

では、実際にiPhoneiPadを初期化する際の方法を説明していきます。

方法としては6つあります。パソコンを利用しない方法もありますが、iPhoneが操作できないという状況もあるため、ご自分が利用できる環境によって最適な方法をお選びください。

iPhoneだけで初期化する方法3つ(パソコンを利用しない)

まずは、iPhoneだけで初期化する方法です。パソコンを利用しないでリセットできる方法もいくつかご紹介します。

方法1:iPhoneの標準仕様のリセット方法

iPhoneだけで復元する場合は、iPhoneの設定から操作していきます。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」を選択する
  3. 「転送または [デバイス] をリセット」を選択する
  4. 「全てのコンテンツと設定を消去」を選択する
  5. 消去前の確認項目をチェックする
  6. パスコードとAppleIDのパスワードを入力する

設定アプリから「リセットまで」の詳細な手順 

iPhone/iPadを初期化する方法で「転送またはiPadをリセット」を選択する

まずは「一般」の項目を選び、「転送またはiPadをリセット」を選択します。

  iPhone/iPadを初期化する方法で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択する

「全てのコンテンツと設定を消去」を選びます。ちなみに、リセットでは各種の設定を初期化できるので、設定関連で元に戻したいときに利用します。

 iPhone/iPadを初期化する方法で「このiPadを消去」を選択する

初期化される前に、最後のチェック項目が表示されます。アクティベーションロックの確認などもできるので、親切な設計になっています。

 これで完了です。デバイスが操作可能な場合には、この方法が一番簡単だと思います。

 方法2:iCloud.comの「iPhoneを探す」から初期化する

 別端末から「iPhoneを探す」を使って該当のiPhoneの初期化をする方法があります。iPhoneでも利用できますし、他のパソコンなどでウェブブラウザを立ち上げて、iCloud.comにアクセスできれば利用可能な方法になります。

iCloud.comの「iPhoneを探す」から初期化する

  1. comの「探す」を開く
  2. 自分の端末一覧から該当のiPhoneを選ぶ
  3. iPhoneを消去」を選択する

該当のiPhoneを選びます

iCloud.comの「iPhoneを探す」では、上記のように端末の場所などがマップ上に表示されます。該当のiPhoneを選びます。

iPhoneのデータを消去

 任意のデバイスを選択すると、「紛失モード」や「サウンド再生」などの項目が表示されます。今回は「iPhoneを消去」することで、遠隔操作でiPhoneのデータを消去することができます。

方法3:「探す」アプリを利用する

iCloud.comを利用したパソコンブラウザ以外にも、Appleデバイスがあれば「探すアプリ」から該当のiPhoneにアクセスすることができます。

 「探す」アプリを利用する

  1. 同じAppleIDで使用しているデバイス(MacでもOK)を用意する
  2. 「探す」アプリを起動する
  3. 同じApple IDで利用しているデバイスがマップで表示される
  4. 該当のiPhoneを選択する
  5. 「このデバイスを消去」を選択する
  6. iPhonewを消去しますか」と表示されるので「続ける」をタップする
  7. Apple IDとパスワードを入力して「消去」をタップする

パソコンを利用して初期化する方法3つ

デバイスが操作不能である場合は、パソコンとUSBケーブルでつないで作業します。

方法1:iTunes/Finderで初期化する場合

iPhone/iPadを初期化する方法でFinderから復元していく

  1. iTunesを利用する場合は最新バージョンにしておく
  2. Finder/iTunesを起動する
  3. デバイスとパソコンを繋ぐ
  4. デバイスのパスコードを入力し、「このコンピュータを信頼する」の対応をする
  5. 繋げたデバイスがiTunes/Finderに表示されたことを確認し、選択する
  6. 「デバイスを復元する」をクリックする

こちらも、消去前にアクティベーションロック解除のために「iPhone/iPadを探す」の項目をオフにしないと消去できないようになっています。

方法2:iPhoneをリカバリーモードにして初期化する

iPhoneがロックされている状態の時にお勧めの方法です。

iPhoneをリカバリーモードにする方法

iPhoneをリカバリーモードにするには、モデルによって操作方法が異なります。ホームボタンが無くなってから(iPhone 8以降のモデル)の場合は以下の通りになります。

  • iPhoneをパソコンに接続する
  • iTunesMacならFinderを起動しておく
  • [音量を上げるボタン]を押して放す。
  • すぐに[音量を下げるボタン]を押して放す
  • Appleロゴが表示されるまで[サイドボタン]を押し続け、ロゴが表示されてもボタンを放さない
  • [リカバリモード]画面が表示されるまで押し続ける

iTunes/Finderで「復元」を選択する

iTunes/Finderで「復元」を選択する

今回は初期化方法になるので、iTunes/Finderと接続し該当のデバイスを選択した後は「復元」を選択します。

方法3:Dr.Foneを利用して初期化する場合

バックアップソフトとしても利用したDr.Foneでは、iPhoneやiPad、iPodのデータを安全に消去するための機能もついています。データ消去後に、バックアップを利用してデータを移行したり、データの復元などもできるので、ぜひこの機会に色々と試してみてください。

 

Dr.Foneの「データ消去」を選ぶ

 Dr.Foneで「データ消去」を選択する

まずは、Dr.Foneのメニュー画面から「データ消去」を選びます。

Dr.Foneの「データ消去」メニューから「全てのデータを消去」を選ぶ

今回はiPhoneiPadのデータを完全に消去することを目的としているので、「すべてのデータを消去する」を選択します。

Dr.Foneで「すべてのデータを消去」を選択する

全てのデータを消去する場合には、確認番号である「000000」を入力してから、「今すぐ消去」をクリックします。

すべてのデータを消去

Dr.Foneの「データ消去」では、その他にもデータ消去に関する機能があります。

Dr.Foneの「個人データを消去」を紹介する

安全に個人情報を消去するための「個人データを消去」では、例えば家族間で自分が使っていたiPhoneを子供に使ってもらう、などの時に、アプリなどは残した状態で引き継がせたい時などに便利です。

 Dr.Foneで「スペースを解放」を選択する

「スペースを解放」では、不要なファイルなどを一括で処理する際に便利な機能です。ストレージが足りなくなったり、デバイスの処理が遅いと感じるときに利用することをお勧めします。

iPhoneのデバイスを初期化するお勧めの方法:まとめ

iPhoneの初期化は譲渡・売却の際には必ず必要になってくる操作ですが、初期化の前に必要な準備が多く、戸惑ってしまうことも多いと思います。

iPhoneのトラブルの場合には、そもそも初期化で解決するかどうかをチェックする必要があります。初期化の際にはバックアップ操作やデータの移動なども必要になります。

 設定を疎かにすることで、アクティベーションロックにより端末が使用できなくなってしまうこともあり、操作に慣れていないと取り返しのつかないミスにつながることもあります。

今回、ご紹介させていただいたDr.Foneを利用すれば、初期化作業はもちろんのこと、初期化のために必要なバックアップや、新しい端末へのデータ移行などもスムーズに行うことができます。ぜひ、この機会に無料でダウンロードできるDr.Foneをお使いいただき、安全に初期化作業にトライしていただければと思います。

Dr.Fone - iPhoneデータ消去

「Dr.Fone - iPhoneデータ消去」

iPhoneの写真や動画のデータを一括で削除できるソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touch上の個人情報を消去します
  • 簡単・迅速・効率
  • 消去したいデータを選択して消去
  • iPhoneデータを完全に削除

Home > How-to > iPhoneデータ消去 > iPhone、iPad、iPod を強制初期化する方法:パソコンありとパソコンなしの場合

All TOPICS