Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • iPhone突然死、ブラックアウト、リンゴループなどさまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iPhone修理】iPhone・iPad充電が遅い原因と対処法

iPhone や iPad を使い始めた時は、フル充電もすぐに終わり、電池持ちもよかったはずです。

しかし、何度も充電を繰り返すにつれて、いくら充電器を挿しっぱなしにしても 10% 程度までしか増えなかったり、端末が異常な温度になったりと、充電が遅い状態になることもあります。

今回は、 iPhone ・ iPad で充電が遅い時、その原因と対処法についてまとめていきます。

iPhone ・ iPad の充電が遅い原因とは

①システムの問題

バックグラウンドアプリの電池消費が激しかったり、 OS 自体に不具合があったりなど、システムの問題で充電が遅くなったのかもしれません。 端末の温度が高い場合、システムに負荷がかかって電池消費が激しくなっている可能性があります。

バックグラウンドアプリの電池消費量については、「設定」→「バッテリー」→「 App 毎のバッテリー使用状況」で確認できます。

②ケーブルやアダプターの問題

USB ケーブルが偽のものだったり、アダプターの出力が足りていなかったりすると、端末には問題がなくとも充電が遅くなりがちです。

③バッテリーの状態

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で、バッテリーの状態を確認できます。

これは、新品に対して現在どれだけのバッテリー容量があるかを示す指標で、 80% 以上であれば安定しています。% が低くなってきた場合や、数値上は普通でも普段使っていて減りが早いと感じる場合は、バッテリー交換で解決するかもしれません。

iPhone ・ iPad の充電が遅い時の対処法

対処法1:「 Dr.Fone - iPhone 起動障害から修復」でシステムの不具合を修復

iOS デバイスで充電が遅いとき、システムの不具合が原因かもしれません。

まず、システム内の不具合を解消するために、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用しましょう。

「 Dr.Fone - iPhone 起動障害から修復」は、 iPhone に潜む多くの不具合をまとめて対処できる、最強の不具合修復ツールです。

「 Dr.Fone - iPhone 起動障害から修復」の使い方は、以下の通りです。

1.iPhone をパソコンに接続

2.Dr.Fone を起動し、「起動障害から修復」を選択

Dr.Foneを起動

3. 「スタンダードモード」を選択

※もう一つのモード「アドバンスモード」では、端末のデータが消える代わりにより多くの致命的な不具合を解消できます。どうしても修復できない不具合がある場合に使用してください。

スタンダードモード

4. 画面の指示に従い修復用ファームウェアをダウンロード

修復用ファームウェア

5. 「いますぐ修復」で数分後に完了

いますぐ修復

このように、難しい手順もなく、簡単かつすぐに不具合の修復が完了します。

不具合の疑いがあるときは、まず「 Dr.Fone - iPhone 起動障害から修復」で修復してみましょう。

対処法2:再起動やアップデートを試す

再起動することで、ある程度端末が軽くなるので、とりあえず試してみましょう。 また、 OS バージョンの不具合で、充電が遅くなる可能性もあります。

最新のアップデートが来ていたらインストールしてみましょう。

おすすめ記事:iPhone/iPad/iPodを最新のiOSバージョンにアップデートする仕方

対処法3:USB ケーブルや充電器を交換

USB ケーブルは、 iPhone や iPad を買った時についてきたような Apple の純正品を使ってみましょう。

アダプターは、 iPhone 用のものを iPad で使用した場合、極端に充電が遅くなる可能性もあります。

( 逆に iPad 用を iPhone に使用すると、充電が速くなりますが、バッテリーに負荷がかかる場合もあるので注意です )

端末に合った容量を選んで使うようにしましょう。

対処法4:すべての設定をリセット

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」で、システム設定をリセットできます。 ソフトウェアの不具合対処の一つとして、やってみると良いでしょう。

対処法5:バッテリーを交換

バッテリー自体が消耗してしまっていると、上記のような対処では解決しないでしょう。

バッテリー交換を Apple に依頼するか、この際に機種変更してしまうのをおすすめします。

iPhone ・ iPad を高速に充電するコツ

下記の項目を実践してみると、少しでも速く充電できます。

  • 純正のケーブルを使用する
  • PC などに差し込まずコンセントで充電する
  • 機内モードを ON にしてモバイル通信などを遮断する
  • 充電中に端末を使用しない

まとめ

今回は、 iPhone ・ iPad の充電が遅い原因とその対処法について、解説してきました。 iPhone や iPad の不具合の疑いがあるときは、「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使って、簡単に不具合を修復しましょう。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

dr.fone-iPhone起動障害から修復

起動しないiPhoneを救出するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 13シリーズやiOS 15に完全対応!
Home > How-to > iPhone起動しない > 【iPhone修理】iPhone・iPad充電が遅い原因と対処法

All TOPICS