スマホ・iPhoneの電源が入らない?その対処法とは

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

スマホの電源が入らない原因

電源ボタンを押したものの画面は真っ暗…。スマホ・iphoneの電源が入らなくなったというときにいくつか原因が考えられます。 スマホ・iphoneの電源が入らない原因がはっきりとわかっていれば、ある程度対処法も見つかりますが、原因がわからない場合は対処法がわかりません。 スマホ・iphoneの電源が入らない原因を知っていると、万が一の時の対処法も見つかりやすくなります。

スマホの電源が入らない


原因その1:スマホやiphoneを水没させてしまった

一番起こりやすいのがスマホやiphoneを水没させてしまった場合です。 防水機能が付いていれば、復旧も可能ですが、ついていなければ、機種の交換をするしか方法はないかもしれません。

原因その2:御茶やジュールをこぼした

スマホやiphoneを使っているときにお茶やジュースをこぼしてしまった場合にも電源が一時的に入らなくなる可能性があります。

一旦電源オフの状態で、置いておくと電源が入ることもあるかもしれません。

原因その3:バッテリーの寿命

電源が入らなくなった原因としてバッテリーの寿命の場合もあります。 この場合は電源が入らないときの対処法を行うと、一時的に電源が入ることもあります。 ただし、根本的な解決をする場合は、専門業者に相談してバッテリーの交換をすれば問題なく電源が入るようになると思われます。

原因その4:OSのバージョンが古くて不具合がある

スマホやiphoneを使っているときに、定期的な更新をかけないで、古いバージョンのOSを使っていると、電源が入らなくなったり、突然電源が切れたりすることがあります。

スマホの電源が入らない時の対処策 スマホ・iphoneの電源が入らないときに行う対策として5つあります。 5つの対作法を詳しく紹介します。


iOSのバージョンを最新版へ更新する

iOSのバージョンによっては原因不明のシステムダウンや電源が突然入らなかったらすることがあります。 この場合の対策としては、iphoneのosのバージョンをアップすると解決することがあります。

iosを更新するには、設定メニューから「一般」をタップして「ソフトウェア」をタップしていくと、「ソフトウェア・アップデート」が表示されます。 表示されたウィンドウには「ダウンロードとインストール」をタップするとiosの更新をすることができます。

iphoneの強制再起動

iphoneの電源が入らないようになったときに、電源を強制的に再起動することで電源がうまく入ることがあります。

iphone7の場合は、音量を下げるボタンと電源ボタンを同時に10秒間押し続けるとデバイスが強制的に再起動します。 iphoneを強制的に再起動できたら、画面にappleのロゴが表示されます。 ここまで表示されれば強制再起動の成功となります。

iphoneを充電する

Iphoneの電源が切れてしまったときに、充電が無くなってしまった場合でも電源が切れてしまいます。 その場合に再起動させるには、充電を一定時間行うことで可能になることがあります。 一定時間とは1時間程度充電をしてから電源を入れると、正常の場合だと電源が入ります。

DFUモードを使用してiphone7を復元する

DFUモードというものがあり、このモードを使うときれいに復元できます。 ただし気を付けなければいけないのが、デバイスが初期化されてしまって全てのデータが無くなってしまいます。

UDFモードのやり方を見ていきます。 USBケーブルでiphoneとパソコンを接続します。 電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に10秒間押し続けます。 その後音量を下げるボタンを10秒間長押しすることで、iTunesに「iTunesはリカバリーモードの iPhoneを見つけました。」というポップアップ画面が表示されるので「OK」ボタンをクリックします。

最終手段として、専門店に修理を依頼する

色々と試したけど、どうしても電源が入らないような場合は、専門店に修理に出して修理をしてもらうしか方法はありません。

それでも修理ができない場合は、iphoneの買い替えをするしか方法は残されていません。

その後「iphoneストレージの最適化」をオンにすると、無駄なiphone内の写真データが削除されます。 iCloudを使って行うストレージ容量を確保する方法となります。

iPhone/iPad容量を減らす


iCloudの容量アップでiphoneのストレージ容量を確保する方法

iCloudを利用するとiphoneのストレージ容量を減らすことができます。 他にもiCloudを使わないでiphoneのストレージ容量を減らすやり方もあります。 最初にiOsのバージョンを確認して最新のiOSを更新します。

次にiCloudフォトライブラリをアクティブにしたときに使用するApple idを使用するiCloudアカウント上のストレージ容量を確認します。 ストレージ容量がオーバーフローするような場合は、ストレージ容量をアップする手続きをすることで解消できます。

アプリを立ち上げてから[設定]→[ユーザー名]→[設定]→[iCloud]→[ストレージを管理]→[ストレージプランを変更]の順番でタップしていくと有料になりますがストレージ容量をアップすることができます。

完全に保存領域を増量してからストレージ容量をアップしていくやり方になります。 一旦アップしてもまた容量不足になる場合は、もう一度容量アップサービスを受けて容量を増やしていくことで、容量を確保していく方法です。

Wondershare 「dr.fone-iPhoneデータ消去」でiPhoneの必要のないデータを削除する

Wondershare 「dr.fone-iPhoneデータ消去」ソフトはiphone内のデータを削除することができます。Iphone内の削除できるデータは、写真や動画はもちろんのこと、メッセージや通話履歴など、iphone内に保存されているデータは全て削除できます。 さらに削除は正規ルートで削除できるため、何の問題もありません。 Wondershare 「dr.fone-iPhoneデータ消去」が使えるデバイスにはiphone以外でも、iPad、iPodなどの全機種に対応しています。 Wondershare 「dr.fone-iPhoneデータ消去」ソフトがインストールして利用できるOSには、WindowsとMacの両方が利用できます。


Wondershare「dr.fone-iPhoneデータ消去」を使ったデータの削除方法

ステップ1:まずはPCで「dr.fone」を起動して、メインメニューから個人情報を永久に消去する「消去」機能をクリックします。

データ消去

表示される画面には、「データ完全消去」と「データを一部消去」2つの選択肢があります。今回は削除できないiPhoneの写真を削除しますので、「データを一部消去」をクリックしてください。

データ一部消去

ステップ2:その後USBケーブルにてiPhoneとPCを接続して、メニュー画面の「スキャン開始」をクリックします。すると接続されたiPhoneの全ての個人情報をスキャンします。

端末のスキャン中は絶対に接続を解除しないで下さい。

スキャン開始

ステップ3:スキャン結果はデータのタイプ毎にプレビューする事が出来ます、今回は写真なので画面左の項目から「カメラロール」をクリックして、削除したい写真を選択します。

※ iPhoneの分析中にiPhoneとパソコンの接続を解除しないでください。

写真を選択

ステップ4:続いて画面右下の「デバイスから消去」をクリックします。

ここで消去したデータを復元する事は出来ません。必要なデータまで誤消去される事を防ぐ為「消去」と入力して下さい。

「消去」と入力

ステップ5:入力後「今すぐ消去」をクリックすると選択した写真の消去が始まります、作業が終るまで数分間お待ち下さい。

作業が終るまで数分間お待ち下さい

「dr.fone-iPhoneデータ消去」は、簡潔な画面表示と簡単操作でiPhone内の写真などのデータを完全消去して大切な個人情報を保護します。

dr.fone - iPhoneデータの消去

iPhoneデータを完全消去するソフト

  • お客様のiPhone・iPad・iPod touchデバイスからすべてのデータを簡単に削除します
  • 簡単な操作でiPhoneデータを消去
  • データを永久に削除
  • どんな復元ツールでも復元できない
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > スマホ・iPhoneの電源が入らない?その対処法とは

All TOPICS