iphoneが充電できない場合の対処法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元


iphoneを使っていると充電していて、充電ができないことが良くあります。 iphoneの充電ができない要因としては何が考えられるのでしょうか?充電ができない要因がわかれば、解決策もわかります。 iphoneが充電できない要因を詳しく見ていきます。

iPhone充電できない

1.1コンセントに原因がある

充電するときに使う電源ケーブルをコンセントに刺していても充電できない場合は、コンセント自身に問題はないか確認が必要です。

1.2コネクターのごみが原因で充電できない

Lightningコネクター部分にゴミやほこりが溜まっていて、うまく充電できないときがあります。 コネクターのごみやほこりが原因の場合は良く起こります。

1.3Lightningコネクターが断線している

Lightningコネクターを長期間使っていると、途中で断線していて使えなくなる可能性があります。 コネクターに問題がなくて充電が可能の場合は、断線している可能性が非常に高くなります。

1.4市販の格安ケーブルを使っているとうまく充電できない

iphoneを充電するときに、アップル公式の充電ケーブルを使っていれば何も問題ありませんが、市販の中国製などで格安ケーブルを使っているとうまく充電できないときがあります。

1.5ケーブルではなくiphone本体のバッテリーに問題

ケーブルやコネクターに問題がなければ、他に考えられる問題点としてはiphone本体に問題がある可能性があります。 本体に問題があると考えた場合、バッテリーは消耗品です。 バッテリーの寿命や不具合によってうまく充電できない可能性もあります。

1.6パソコンから充電またはOAタップから充電時は注意が必要

パソコンへUSB接続をして充電した場合は、USBポート自体に問題がある可能性があります。 それと、OAタップから充電する場合もうまく充電できない可能性があります。

1.7ハードではなくソフトに問題がある

iphone本体や、コンセント、電源ケーブルなど様々な問題点をチェックしても何も問題がない場合は、ios側のソフトに何赤の問題があるときがあります。 その場合は、別のアプローチで問題解決をしなければいけません。

1.8iphoneの劣化?と思ったら

ハードウエアにも問題がなくios自体にも問題がないと考えられた時は、ios自体に何らかの要因が考えられます。

1.9勝手にフリーズしてしまう

充電ではなく、起動中にフリーズしてしまったり、フリーズする回数が増加したりした場合 充電はうまくいくけど、起動すると起動途中にフリーズしてしまい稼働途中で思わぬフリーズが起きてしまうことがあります。

iPhoneフリーズ

1.10原因が考えられない

色々としらべていて、1つずつ問題点をチェックして行っても、何が原因かわからないときがあります。 この場合は、ハードウェア、それともソフトウェアに問題があるのかさっぱり見当がつかいときがあります。

まとめ

充電できなくなった端末というのは様々な理由がこのほかにもあります。 自分で直すというのも大事ですが、各種サポートセンターに頼るという方法もありますので、無理に自分で直さないようにしましょう。 各種サポートセンタ―にも頼りたくないという方は、スマートフォンに詳しい友人に聞くというのも手です。一人で考えて行動し、より状態が悪くなるとより大変なことになります。早めの段階で誰かに頼るというのも大事です。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iphoneが充電できない場合の対処法

All TOPICS