iOS14/iOS15アップデートの正しい方法と気を付けるポイント・対策

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS14

iOS14が2020年9月中に配信されると話題になっています。しかし、せっかくのiOSのアップデートも正しく行われなければ意味がありません。しかし、正しいiOS14アップデートの方法と、非常時の対策があれば問題を解決できます。

この記事では、iOS14アップデートにおける正しい方法と、問題が起きた際の具体的な対処法を紹介します。この記事を読めば、iOS14へのアップデートはもちろん、iOS関連の問題を自力で解決するための知識を得られるでしょう。

最新情報:appleは2021年9月に最新のiOS15をリリースする予定です。本記事の対策法はiOS15にも対応しますので、ぜひ最後までご覧下さい。

iOS14/iOS15にアップデートするのは簡単だが、トラブルもある

iOS14/iOS15にアップデートすることは、難しいことではありません。iOS14/iOS15を開発しているapple社は、自社の商品を使う人たちのことをよく考えている会社です。iOS14/iOS15のアップデートという、apple商品を使う上で必要になる作業が、簡単にできるよう工夫がされています。

しかし、iOS14/iOS15アップデートを行うにあたって、いくつか注意事項が存在します。そのため、iOS14/iOS15アップデートの正しい方法と、非常事態への対処法を併せて紹介します。

iOS14/iOS15のアップデートは、必ず充電をしながら行いましょう。iOS14/iOS15のアップデートは、作業の過程の中で、端末を自動的にリセット・再起動を行います。しかし、アップデート中にバッテリーが切れてしまうと、リセットと再起動を繰り返してしまうことが起こります。そのため、iOS14/iOS15アップデートは充電しながら行いましょう。また、iOS14のアップデートには、30分から1時間ほど時間がかかります。そのため、すぐに端末を使わなければいけないような状況でのアップデートは避けましょう。

次に、iOS14/iOS15のアップデートをする前には、必ずバックアップを取りましょう。iOSのアップデートではほとんど問題は起こりませんが、万が一の場合があります。そのための備えとして、端末データのバックアップを取ることはとても有効です。バックアップを取っておけば、アップデート時に深刻なエラーが発生しても、データの修復を行えます。データのバックアップを取ることは、想定外の事態への備えとして、最も有効に作用するのです。

スマホのあらゆる需要を満たす「Dr.Fone」

バックアップを取り、かつそのデータを修復するには、それなりの知識・ツールが必要です。appleのサポートセンターを利用する方法もありますが、お金がかかってしまいます。そこで、iOS端末の修復に特化した「Dr.Fone」(ドクターフォン)を紹介します。

Dr.Foneは、iOS端末の起動障害を修復したり、データのバックアップを取得し、それをもとにデータを修復したりすることができるソフトウェアです。使い方も簡単で、まずiOS端末とパソコンを接続した状態でDr.Foneを起動します。すると、端末内のデータを自動で読み込み、パソコン内に端末のバックアップデータを自動で取得してくれます。後は、バックアップデータをもとに、端末を復元したいときに復元することが可能です。また、復元するデータを細かく選ぶことができるので、写真のデータの修復など、小さなデータ修復にも使うことができます。Dr.Foneは、誰でも簡単な操作で、バックアップと修復作業を行うことができるソフトウェアとなっています。

drfone

「Dr.fone」を使った具体的な起動障害の直し方

実際にDr.Foneを使った起動障害の修復方法を具体的に説明します。

最初に、修復モードを選択します。Dr.Foneには、2種類の修復モードが存在します。1つ目は、スタンダードモードです。スタンダードモードは、データを失うことなく、ほとんどのiOSの不具合を修復することができます。しかし、不具合が深刻な場合、修復することができないことがあります。

2つ目は、アドバンスモードです。アドバンスモードは、スタンダードモードでは解決できなかった不具合も修復することが可能です。しかし、修復の過程で端末上のデータを全て消去してしまいます。したがって、最初にスタンダードモードで修復を行い、それでもダメならアドバンスモードで修復することがよいでしょう。アドバンスモードを使い、データが消去された場合でも、Dr.Foneならバックアップデータをもとに復元できます。

しかし、バックアップを取っていなかったらそれまでなので、アドバンスモード使用直前には、最新のバックアップデータを取っておきましょう。

Dr.Foneを使えば、iOS14へのアップデートも問題ない!

iOS14へのアップデートには気を付けるべき注意事項と、取るべき対策があります。

しかし、Dr.Foneを使えば、仮にiOS14へのアップデートで問題が起きたとしても、簡単に対処するためのツールをそろえることが可能です。iOS端末に関するソフト面の心配事を、Dr.Foneは解決できます。自力でiOS端末の問題を解決したい、不安なくiOS14のアップデートを行いたいと考えているなら、Dr.Foneを使ってみてはいかがでしょうか。

Dr.Fone-iOS Suite

Dr.Fone-iOS Suite

あらゆるスマホの問題を解決するツール

  • 画面ロックを簡単に解除できます。
  • 連絡先、SMSメッセージ、写真、動画、WhatsApp履歴、オーディオファイル、ドキュメントなどを復元。
  • 他にも、起動障害から修復、iPhoneデータのバックアップ、iPhone間のデータ移行などの機能を多数搭載しています。
Home > How-to > iOS14 > iOS14/iOS15アップデートの正しい方法と気を付けるポイント・対策

All TOPICS