iOS12向けのデータ復元ソフト「dr.fone」

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

「dr.fone」はios12をはじめとするiOS デバイス等で、予備格納されたファイルから速度など色々復元できるソフトです。その中にはカメラスクロールやフォトストリームの写真をはじめ、連絡先やメモなども含まれています。加えて予定帳やメッセージなども復元することが出来ます。本ソフトは製品版で提供されていますが、無料の体験版も用意されているわけです。


「dr.fone」体験版で出来る事とは

Wondershare 「dr.fone」の体験版では実際の復元機能は使えませんが、ios12の復元可能なサムネイルの表示はできます。また、メモやメッセージであれば、一部を表示させることも可能です。体験版のダウンロードはフリーソフト100などにアクセスして、無料体験ボタンをクリックすればダウンロード出来ます。ダウンロードしたセットアップファイルを開き、自分のデバイスにインストールする流れです。ソフトを起動すると、ライセンス登録のウィンドウが表示されるわけです。そして体験版を利用する際には、試用版ボタンをクリックすることになります。

「dr.fone」にある2つのデータ復元方法

Wondershare 「dr.fone - iPhoneデータのバックアップ・保存」を起動してiPhoneを接続すれば、2つの選択項目が表示されます。一つがiOSデバイスからリカバリーする方法で、もう一つがiTunes バックアップファイルからリカバリーする方法です。前者は最近削除されたデータや速度を見つけるため、直接ios12デバイスをスキャンする方法です。また、アクセス不可能なiOSによる損失データも見つけることが可能です。後者は削除されてから長期間経過したデータをはじめiOSデバイスで回復できないデータなどの、バックアップファイルをスキャンできるわけです。

「dr.fone」を利用して起動しないスマートフォンを復活

Wondershare 「dr.fone- iPhone起動障害から修復」を利用した人の中には、iPhoneを復活できたケースが少なくありません。iPhoneの更新中に中に電波が切れると、リンゴループに陥ることがあります。そうなると手の施しようがなく、何をやっても無駄になるわけです。それに対して本ソフトを使うことで、無事に元通りの速度に復活させることが可能です。データも全て無事なので、諦めずに本ソフトを使って良かったと実感することになります。何よりも壊れたスマートフォンからでも、データを取り出せるのが大きな魅力です。

手順に従って起動しないスマートフォンを復活

スマートフォンが正常に起動できない場合、ケーブル接続を始め色々な手段でデータを取り出そうとするものです。しかし、上手く行くことは殆どないものです。それでもWondershare 『dr.fone-iPhone起動障害から修復』を使うことで、デバイスを復活させることができます。また、iPadの画面が映らなくなった際にも、本ソフトは役に立ちます。専用サイトには対処法が記載されているので、手順に従って行えば直に解決できます。iPhoneが正常に起動場合、正規のアップルストアでなければ初期化できないと言われることがあります。そんな場合には、少しの望みをかけるなら本ソフトの利用が推奨されます。

ステップ1.まずは『dr.fone-iPhone起動障害から修復』をお使いのパソコンにダウンロード&インストールします。インストール完了後、ソフトを立ち上げ、「修復」機能をクリックします。

「修復」をクリック

ステップ2.『dr.fone-iPhone起動障害から修復』が出て来る画面上の『スタンダードモード』をクリックします。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

『開始』をクリック

iPhone6をUSBケーブルでパソコンに接続させます。

パソコンに接続

もしデバイスが検出されない場合、以下内容にしたがって、デバイスをリカバリー(DFU)モードにしてください。

リカバリーモード設定方法:
A.最初にデバイスの電源を切ってください。
B.USBケーブルでデバイスをパソコンに接続して、デバイス上で白いリンゴマークが表示されるまで、ホームボタンを長押してください。
C. デバイス上「iTunesに接続して下さい」という画面が表示されます。

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしA

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしB

デバイスをリカバリー(DFU)モードにしC

ステップ3.iPhone6sに相応したファームウェアパッケージのダウンロード手順に入ります。

お使いのデバイスの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアパッケージのダウンロード

そして、ダウンロードが開始します。数時間かかるので、お待ちください。

ダウンロード中

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

ダウンロード完了

ステップ4.再起動を繰り返すiPhoneを修復中、時間が少しかかりますが、終わるまでお待ちください。修復中再起動できないiPhoneの接続を解除しないでください。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

修復中

デバイスが認識されない場合

Wondershare 「dr.fone」- iPhone起動障害から修復はリンゴループを始め、ブルースクリーンやホワイトアップルなどの症状からiPhoneを復元することが可能です。但し全ての起動障害から復元を約束するものではありません。試用版を利用することで、修復用のファームウェアをダウンロードすることが出来ます。実際に修復作業を始めるには、製品版を購入する必要があるわけです。製品版を購入した後は、登録情報に無料版ソフトを登録すれば更新されます。それでもデバイスが認識されない場合は、手動でデバイスをリカバリーモードに設定することが肝心になります。

「dr.fone」- iPhone起動障害から修復による復元に失敗した場合は、手動でデバイスをリカバリーモードにする必要があります。それでも改善出来ない場合は、デバイスの機種と関連ログを専用サイトから送信することになっています。ログファイルにはソフトウェアーの操作履歴が、全て記録されているからです。問題が発生した時点での操作も記録され、トラブルシューティングの情報として活用されます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhone再起動繰り返す不具合を修復する

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iOS12 > iOS12向けのデータ復元ソフト「dr.fone」

All TOPICS