iPhoneXSがない?2018年iPhoneXSがない理由は?

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

今、iPhoneシリーズは世界中で多くの人が使用しています。アップル社のiPhoneシリーズは6年にも渡って4から7へと番号が繋がれてきました。しかし、2017年の発表会で発表されたのは驚くことにiPhone8とiPhoneXでした。なぜ、iPhoneXSは飛ばされてしまったのでしょうか?疑問に思う方も多いと思います。真相を徹底解説していきます。

iPhoneXSがない理由1:ジョブスの呪い!?

発表当時、アップル社がiPhoneXSを飛ばした理由は、ジョブズの呪いによるのではないかという噂がネットで飛び交っていました。アップル社の創設者の一人として世界的なスティーブジョブスは、2011年に56歳という若さで亡くなりました。それはiPhone4が世界中で人気となり4sが発売される直前でした。このiPhone4が「死」を連想させジョブズを死に招いたといわれたのです。そのため「苦」を連想させる9を飛ばしたということです。しかし、このような忌み数は世界各地で違います。アメリカでは4と9は忌み数とはされていません。よってこの考えは日本人独特のものであったと考えられます。

iPhoneXSがない理由2:「9」に隠された意味

しかし、忌み数ではないとしても「9」という数字には他にも意味はあります。まず、エンジェルナンバーであるということです。宗教的な話にはなりますが、古来から数字には何らかの意味があり、神の啓示だと考えられていました。そして天使が数字によって私たちにそのご意志を示そうとしてくれているという考え方があるそうです。これによる数字をエンジェルナンバーといいます。そのエンジェルナンバー9には、周期の終わりという不吉な意味があるようです。アップル社はこれまで数字や文字に多くの意味を込めてきました。そのアップル社がエンジェルナンバーを意識したとしてもおかしくありません。

iPhoneXSが本当にないか?

それでは、iPhoneXSが飛ばされた本当の理由はなんなのでしょうか?有力なのは、「いち早くホームボタンを廃止したかったのではないか」という意見です。初代iPhoneからの馴染み深いホームボタンですが、故障も多く精密なものでカットできるものならそうしたいというものでした。加えて他の多くのスマートフォンはホームキー関連が画面内のタッチ操作です。アップル社も時代の流れに乗ってホームボタンを廃止しようとしましたが、馴染みのものが無くなるというマイナスなイメージがついてしまう恐れがあります。そこで、実験段階としてiPhoneXをホームボタンの廃止を含めた挑戦的なモデルを投入したのです。

iPhone8、iPhoneXSの役割

上記内容のように、ボタンレス化計画にはマイナスイメージがつく恐れがありました。それによってこの計画が失敗してもいいように保険をかけられたのがiPhone8とiPhoneXSなのではないかという説もあります。発売時はアップル社の10周年の年でもあり、その記念的な要素も含めてiPhoneXを発売し、同時にホームボタンのあるiPhone8を出すことで様子を見たということです。レス化計画が成功した時はiPhoneXSを最後のホームボタン付きiPhoneとして売り出すことができます。また、失敗した場合には8→8s→9→9sと再び繋ぐことによって、ホームボタンを延命することもできるというわけです。

iPhoneXSの発売

このようにアップル社はホームボタンレス化を図ってきた訳ですが、iPhoneXではなくあえてホームボタンのあるiPhone8を買う人も多かったのも事実です。そこで、2018年の秋頃にiPhoneXSが発売されるのではないかという見方が強まっています。では、iPhoneXSの機能はどのようなものなのでしょうか。まず、ホームボタンはあるため『指紋認証(TouchID)』と、『FaceID(顔認証)』機能の両方が搭載されるといわれています。そして背景カメラのでっぱりもなくなって遠隔ワイヤレス充電機能も搭載される見込みです。さらに、iPhoneXよりも上の防水機能やさらなるカメラの進化もあるようです。

iPhoneXSが飛ばされてしまった理由には諸説ありますが、理由はやはりアップル社の経営戦略です。世界中に次々に発表され、機能の進化も止まらないiPhoneを愛用し、新作を心待ちにしている人がいるでしょう。iPhoneXSの実態はどのようなものなのか、はたまたアップル社がiPhoneXの時のような驚くようなことをしてくれるのか、2018年秋が楽しみです。iPhoneXSを期待している人はきっと一刻も早くこの新しい設備を入手して自ら体験してみたいでしょう。その場合、事前にWondershare「dr.fone - データ移行」をあなたのパソコンにダウンロードすれば安心です。iPhoneXSに乗り換える時古い携帯のデータも簡単に移行できるとても便利なツールです。


さあ、Wondershare「dr.fone - データ移行」とともに素敵なiPhoneXSを実感してみましょう。

dr.fone - データ移行

古いiPhoneからiPhone 8/8 Plus/Xにデータ移行

  • iPhone・Android・Windows Phone・Symbianの間にデータを楽に転送
  • 多種形式のデータに対応:連絡先(電話帳)、SMS、通話履歴、アプリ、写真、音楽やビデオなどの移行が可能
  • 2000種類以上の機種に対応
  • 安全移行&品質損失無し
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneXS > iPhoneXSがない?2018年iPhoneXSがない理由は?

All TOPICS