iPhone XS/XRリンゴループ復元-iPhone XS/XRをリンゴループから正常に復元する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhone XS/XRの電源を入れてシステムを起動すると、最初にリンゴのマークが表示されてシステムファイルの読み込みが行われます。システムが正常に起動できればリンゴマークが消えてパスコードの入力画面が表示されます。システムファイルの破損などが原因で起動に失敗すると、何度もリンゴのロゴが表示されて先に進めなくなってしまいます。リンゴのマークが表示されて起動ができなくなる状態のことを「リンゴループ」と呼びます。

iPhone XS/XRリンゴループの原因と復元する方法

"リンゴループに陥ってしまう原因はいくつかありますが、一番多いのがアップデート中にWi-Fiが切れたりケーブルを抜いてしまう場合です。このようなケースだとシステムファイルが破損してしまい、再セットアップをしなければ回復しません。この場合は工場出荷時の状態に戻ってしまうので、保存されていた全データが消えてしまいます。 他の原因として、多くのアプリを入れ過ぎている場合でも起動時にエラーが起こることがあります。アプリが原因であれば、セーフモードで起動して不要なアプリやデータを消去すれば回復する可能性があります。"

iPhone XS/XRのリンゴループから復元させる一般的な方法とは

セーフモードで起動したりiTunesでシステムの更新を試みてもリンゴループから回復しない場合には、工場出荷時の状態に復元(初期化)させる必要があります。初期化の方法ですが、iPhone XS/XRの電源をオフにしてパソコンに接続します。パソコンのiTunesを起動してデバイスのホームボタンと電源ボタンを長押しして、リンゴマークが出たらホームボタンだけを押し続けます。警告メッセージが表示されるので、そのまま進むと工場出荷時の状態に初期化されます。初期化に成功すればリンゴループから回復しますが、デバイスに保存されていた全てのデータや設定情報が消えてしまいます。トラブルの前にiTunesのバックアップが保存されていれば、データを復旧させることができます。

初期化に失敗した場合の復元方法

ごく稀に、iTunesを使用して回復を試みてもデバイスの初期化ができない場合があります。このような状態に陥ってしまったら、もはやその端末の復旧は不可能です。修理店やショップに持ち込んで修理を依頼すると新品との交換修理となり、デバイスに保存されていたデータを取り出すことはできません。新品と交換した場合、故障前に保存したiTunesのバックアップデータが存在すれば復旧をさせることが可能です。ただしバックアップを作成した後に作成したファイルは、二度と取り戻すことができません。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」でiPhone XS/XRをリンゴループから正常に復元する方法

iPhone XS/XRが物理的に故障・破損していなければ、システムファイルだけを入れ替えることでリンゴループから復元させる方法があります。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用すればストレージ内のシステムファイルだけを書き換えることが可能で、ユーザーが保存したデータは失われません。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」には、起動障害などが原因で意図せずに勝手に削除されたファイルを復活させてパソコンに保存することができる便利な機能を備えています。このソフトを利用すればバックアップを保存していない場合でも、大切なデータを失わずにシステムの復元・復旧が可能です。


「dr.fone-iPhone起動障害から修復」の操作手順

ステップ1.「起動障害から修復」機能の選択

インターネットに接続ができるパソコンでdr.foneを起動するとメイン画面が表示されるので、「修復」を選択します。

dr.fone-iPhoneデータ復元

ステップ2.DFUモードの選択

次にデバイスを接続してソフトに検出されるのを待ちましょう。検出ができない場合には、画面の指示に従ってiPhoneをリカバリー(DFU)モードに切り替えてから再度接続します。

dr.fone-iPhoneデータ復元

dr.fone-iPhoneデータ復元

ステップ3.iPhone XS/XRを復元する必要のシステムパックのダウンロード

検出に成功すると、修復用のファームウェアのダウンロード画面が表示されます。機種とOSを確認して「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ステップ4.iPhoneXSをリンゴループから正常に復元する

ファームウェアを保存したらメッセージが表示されるので、「いますぐ修復」ボタンをクリックすると復旧作業が始まります。作業が完了したらケーブルを取り外して、デバイスを再起動してみましょう。この方法で復旧作業を行うと、ユーザーが保存した電話帳や写真・音楽などのデータは残されています。

dr.fone-iPhoneデータ復元

dr.fone-iPhoneデータ復元

一度リンゴループに陥ってしまうと、工場出荷時の状態に初期化をしなければ回復ができないケースがほとんどです。「dr.fone-iPhone起動障害から修復」はシステムファイルだけを書き換える機能を搭載しているので、大切なデータを失わずにシステムの復旧ができます。このソフトは、利用者が意図せずに勝手に削除されたファイルを復活させてパソコンに取り出す機能も備えています。


dr.fone-iPad起動障害から修復

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPadスをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneXS > iPhone XS/XRリンゴループ復元-iPhone XS/XRをリンゴループから正常に復元する方法

All TOPICS