無料体験

iPhoneを紛失してしまった時は絶対に紛失モードを有効に

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

iPhoneを紛失した時に備えて、「iPhoneを探す」を設定している方も多いはずです。 しかし、「iPhoneを探す」を設定してあればiPhoneを紛失しても探すことはできますが、それだけでは端末の個人情報やデータを他者から守ることはできません。

今回は、iPhoneを紛失してしまった時に紛失モードを有効と、紛失したiPhoneからデータを復元する方法を紹介したいと思います。

iPhone紛失モードについてのいろいろ

最初にも言いましたが、「iPhoneを探す」を設定しているだけではiPhoneを他者から守ることはできないため、iPhoneを紛失してしまったらすぐに「紛失モード」を有効にする必要があります。

iPhone「紛失モード」とは、iPhoneを紛失してしまった時に「紛失モード」を有効にすることで、即座にiPhoneをロックして、他者から個人情報やデータを守ることができる機能です。またiPhoneのロック中に、電話番号を入れたメッセージをロック画面に表示させることもでき、見つけてくれた人に他の情報を見られることなく、iPhoneをなくした人に連絡できるようになります。

では、どうやってiPhone「紛失モード」を有効にするのでしょうか?

「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にするにはiPhone、iPadを使った方法があります。

  • ステップ1:ホーム画面から「iPhoneを探す」をタップします。
  • ステップ2:Apple IDとパスワードを入力して「サインイン」をタップします。
  • ステップ3:「Find iPhoneの使用中に位置情報の利用を許可しますか?」と表示された場合には「許可」をタップします。
  • ステップ4:探したいiPhoneをタップし、「アクション」をタップします。
  • ステップ5:操作メニューが表示されるので「紛失モード」をタップします。
  • ステップ6:「紛失モードをオンにする...」をタップします。
  • 紛失モードをオンにする

  • ステップ7:パスコードを入力します。未設定の方はパスコードの設定を求められます。
  • ステップ8:電話番号を入力して「次へ」をタップします。入力しなくても問題ありません。
  • ステップ9:メッセージを入力して「完了」をタップします。これで設定は完了です。
  • この方法以外にもPCで「紛失モード」を有効にできます。

    iPhone「紛失モード」を解除するには2通りの解除方法があります。

    1つ目は、紛失したiPhoneにパスコードを直接入力することで「紛失モード」を解除できます。
    2つ目は、iCloudを使って紛失したiPhoneを「紛失モード」から解除する方法です。

    解除方法

    インターネットで「iCloud.com」を検索し、iCloudにサインインします。「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にしているiPhoneを選択し、「紛失モード」を再度クリックすることで解除できます。

    紛失したiPhoneのデータをdr.fone-iPhoneデータ復元 で復元

    「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にしていても、iPhoneを紛失していればデータを確認・復元することはできません。そんな時は、Wondersharedr.fone-iPhoneデータ復元を使うことで紛失したiPhoneからデータを取り戻すことが可能です。このソフトを使って、紛失したiPhoneからデータを復元するには2通りの方法があります。

    iTunesのバックアップから紛失したiPhoneのデータを復元

    ステップ1:ソフトを起動して、メイン画面の「データ復元」から「iTunesバックアップから復元」をクリックします。

    ステップ2:すると、iTunesで作成されたバックアップデータが自動的に表示されます。

    ステップ3:紛失したiPhoneのバックアップデータを選択して「スキャン開始」をクリックします。

    バックアップデータが自動的に表示されます

    ステップ4:スキャンが完了すると、紛失したiPhoneのバックアップデータが表示され、全てのデータを確認できます。

    全てのデータを確認できます

    ステップ5:復元したバックアップデータを選択したら、「パソコンに復元」をクリックして完了です。

    「パソコンに復元」をクリック

    iCloudのバックアップから紛失したiPhoneのデータを復元

    ステップ1:ソフトを起動して、メイン画面の「データ復元」から「iCloudバックアップから復元」をクリックします。

    iCloudバックアップから復元

    ステップ2:iCloudのサインイン画面が表示されるので、Apple IDとパスワードを入力し「→」をクリックします。

    ステップ3:すると、iCloudで作成したバックアップデータが自動的に表示されます。

    ステップ4:紛失したiPhoneのバックアップを選択し、右にある「ダウンロード」をクリックします。

    右にある「ダウンロード」をクリック

    ステップ5:ダウンロードしたいデータを選択して、「次へ」をクリックします。

    ステップ6:iCloudからバックアップデータのダウンロードが完了すると、ダウンロードされたデータが表示されます。

    ステップ7:復元したいバックアップデータを選択したら、「パソコンに復元」をクリックして完了です。

    紛失させてしまったiPhoneを「紛失モード」に設定するのは簡単です。もし紛失してしまったら、何よりも先に「紛失モード」を有効にしましょう。Wondersharedr.fone-iPhoneデータ復元を利用すると、紛失したiPhoneからデータを復元させることも可能です。iPhoneを紛失させてしまった時のために、今回紹介した方法を覚えておくと良いです。

    dr.fone - iPhoneデータ復元

    iPhoneのデータを復元

    • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
    • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
    • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
    • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
    • 最新のiPhone 7(Plus)やiOS 10に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneを紛失してしまった時は絶対に紛失モードを有効に

    All TOPICS

    Top