iPhoneを紛失してしまった時は絶対に紛失モードを有効に

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneを紛失した時に備えて、「iPhoneを探す」を設定している方も多いはずです。 しかし、「iPhoneを探す」を設定してあればiPhoneを紛失しても探すことはできますが、それだけでは端末の個人情報やデータを他者から守ることはできません。

今回は、iPhoneを紛失してしまった時に紛失モードを有効と、紛失したiPhoneからデータを復元する方法を紹介したいと思います。

iPhone紛失モードについてのいろいろ

最初にも言いましたが、「iPhoneを探す」を設定しているだけではiPhoneを他者から守ることはできないため、iPhoneを紛失してしまったらすぐに「紛失モード」を有効にする必要があります。

iPhone「紛失モード」とは、iPhoneを紛失してしまった時に「紛失モード」を有効にすることで、即座にiPhoneをロックして、他者から個人情報やデータを守ることができる機能です。またiPhoneのロック中に、電話番号を入れたメッセージをロック画面に表示させることもでき、見つけてくれた人に他の情報を見られることなく、iPhoneをなくした人に連絡できるようになります。

では、どうやってiPhone「紛失モード」を有効にするのでしょうか?

「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にするにはiPhone、iPadを使った方法があります。

  • ステップ1:ホーム画面から「iPhoneを探す」をタップします。
  • ステップ2:Apple IDとパスワードを入力して「サインイン」をタップします。
  • ステップ3:「Find iPhoneの使用中に位置情報の利用を許可しますか?」と表示された場合には「許可」をタップします。
  • ステップ4:探したいiPhoneをタップし、「アクション」をタップします。
  • ステップ5:操作メニューが表示されるので「紛失モード」をタップします。
  • ステップ6:「紛失モードをオンにする...」をタップします。
  • 紛失モードをオンにする

  • ステップ7:パスコードを入力します。未設定の方はパスコードの設定を求められます。
  • ステップ8:電話番号を入力して「次へ」をタップします。入力しなくても問題ありません。
  • ステップ9:メッセージを入力して「完了」をタップします。これで設定は完了です。
  • この方法以外にもPCで「紛失モード」を有効にできます。

    iPhone「紛失モード」を解除するには2通りの解除方法があります。

    1つ目は、紛失したiPhoneにパスコードを直接入力することで「紛失モード」を解除できます。
    2つ目は、iCloudを使って紛失したiPhoneを「紛失モード」から解除する方法です。

    解除方法

    インターネットで「iCloud.com」を検索し、iCloudにサインインします。「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にしているiPhoneを選択し、「紛失モード」を再度クリックすることで解除できます。

    紛失したiPhoneのデータをdr.fone-iPhoneデータ復元 で復元

    「iPhoneを探す」から「紛失モード」を有効にしていても、iPhoneを紛失していればデータを確認・復元することはできません。そんな時は、Wondersharedr.fone-iPhoneデータ復元を使うことで紛失したiPhoneからデータを取り戻すことが可能です。このソフトを使って、紛失したiPhoneからデータを復元するには2通りの方法があります。


    iTunesのバックアップから紛失したiPhoneのデータを復元

    ステップ1:メイン画面の「復元」機能をクリックします。

    「復元」機能をクリック

    iOSデバイスをパソコンに接続してください。

    iPhoneを接続

    ステップ2:「iTunesバックアップファイルから復元」モードを選択します。

    表示された画面で、左側メニューから2番目の「iTunesバックアップファイルから復元」モードを選択します。iTunesで作成されたバックアップデータが自動的に表示されます。

    「iTunesバックアップファイルから復元」モードを選択

    ステップ3:紛失したiPhoneのバックアップデータを選択して「スキャン開始」をクリックします。

    「スキャン開始」を選択

    ステップ4:スキャンが完了すると、全てのデータを確認できます。

    バックアップデータの内容を全てプレビュー確認

    ステップ5:復元したバックアップデータを選択したら、「パソコンに復元」をクリックして完了です。

    パソコンorデバイスに取り込む

    iCloudのバックアップから紛失したiPhoneのデータを復元

    ステップ1:メイン画面の「復元」機能をクリックします。

    「復元」機能をクリック

    iOSデバイスをパソコンに接続してください。

    iPhoneを接続

    表示された画面で、左側メニューから3番目の「iCloudバックアップファイルから復元」モードを選択します。

    「iCloudバックアップファイルから復元」モードを選択

    ステップ2:Apple IDとパスワードを入力し「→」をクリックします。

    Apple IDとパスワードを入力

    ステップ3:すると、iCloudで作成したバックアップデータが自動的に表示されます。

    バックアップデータが自動的に表示

    ステップ4:紛失したiPhoneのバックアップを選択し、右にある「ダウンロード」をクリックします。

    起動させると自動的にソフトがバックアップファイルを見つけてくれるので必要なファイルを選択してダウンロードボタンをクリックします。ダウンロードが完了後、「スキャン」ボタンをクリックします。

    復元したいiCloudバックアップファイルを選択

    ステップ5:ダウンロードしたいデータのタイプを選択して、「次へ」をクリックします。

    復元したいデータのタイプを選択

    そして、バックアップファイルをダウンロードし始めます。数時間がかかりますので、お待ちください。

    バックアップファイルをダウンロード

    ステップ6:ダウンロードが完了すると、ダウンロードされたデータが表示されます。

    ダウンロードされたデータが表示

    ステップ7:復元したいバックアップデータを選択したら、「パソコンに復元」をクリックして完了です。

    必要なデータをチェック

    紛失させてしまったiPhoneを「紛失モード」に設定するのは簡単です。もし紛失してしまったら、何よりも先に「紛失モード」を有効にしましょう。Wondersharedr.fone-iPhoneデータ復元を利用すると、紛失したiPhoneからデータを復元させることも可能です。iPhoneを紛失させてしまった時のために、今回紹介した方法を覚えておくと良いです。

    dr.fone - iPhoneデータ復元

    iPhoneのデータを復元

    • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
    • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
    • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
    • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
    • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneを紛失してしまった時は絶対に紛失モードを有効に

    All TOPICS