iOS 11アップデートX
無料体験

iPhoneを探すの設定する方法やオフにする方法

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

皆さんはiPhoneを落としたり、置きっぱなしにしたりして紛失した経験はありませんか?そんな時に役に立つのが「iPhoneを探す」を使うことですが、この機能をどうやって探すように設定すれば良いのか、どうやって設定を無効に設定すれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

今回は「iPhoneを探す」を設定する方法と、「iPhoneを探す」の設定を解除する方法を紹介します。

「iPhoneを探す」とは?

「iPhoneを探す」というのはiPhoneを紛失したり、盗まれたりした時に探す為の機能で設定も簡単に行うことができます。iCloudや「iPhoneを探す」にサインインすれば、紛失したiPhoneの位置を地図で確認できるようになって、探す時間を短縮させられるので設定をしておいて損はありません。

「iPhoneを探す」の機能

「iPhoneを探す」には、紛失したり盗難されたりした場合に備えて、iPhoneからデータや個人情報の漏洩を防ぐための3つの機能があります。

  1. 近くにあるiPhoneを音で見つけることができる「サウンドを再生」。
  2. パスコードでロックをかけてiPhoneを追跡する「紛失モード」。
  3. データを初期化し情報漏洩を防ぐ「iPhoneを消去」。

例えiPhoneが盗難されたり、iPhoneを紛失したりしても「iPhoneを探す」の機能を設定していれば、データや個人情報を守ることができるので頼もしい存在です。

しかし、icloudを設定しておかないと、iPhoneなどのApple端末で「iPhoneを探す」機能を使って探すことができませんので注意が必要です。

「iPhoneを探す」の設定方法

「iPhoneを探す」はとても便利な機能ですが、設定していなければiPhoneを探すことはできません。「iPhoneを探す」を未設定から有効に設定するのは至って簡単なので、その場でもすぐに変更をして頂けます。

「iPhoneを探す」を有効に設定するには、iCloudにサインインしている場合に「iPhoneを探す」を設定する方法と、サインインしていない場合に「iPhoneを探す」を設定する方法の2つがあります。

iPhoneを探す

iCloudにサインインしている場合

  1. ホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「設定」から「iCloud」をタップします。
  3. 下の方にスクロールし、「iPhoneを探す」をタップします。
  4. 「iPhoneを探す」をオンにします。
    iOS8からは、「最後の位置情報を送信」というものが用意されています。この機能をオンにすることでバッテリーの残量が少なくなった時に、位置情報をAppleに自動的に送信してくれます。紛失時にバッテリーが切れても発見できるように、「最後の位置情報を送信」も一緒にオンにしておくと良いです。
  5. 「iPhoneを探す」のアラートが表示されたら「許可」をタップします。
  6. サインインが表示された場合、Apple IDのパスワードを入力して下さい。

サインインしていない

iCloudにサインインしていない場合

  1. ホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「設定」から「iCloud」をタップします。
  3. Apple IDとパスワードを入力して、「サインイン」をタップします。
  4. 「このiPhoneのSafariデータをiCloudにアップロードして結合します。」と表示されるので、結合したくない場合は「結合しない」をタップします。結合して良い場合は「結合」をタップします。
  5. 「OK」をタップします。
  6. 下の方にスクロールし、「iPhoneを探す」をタップします。
  7. 「iPhoneを探す」をオンにします。
  8. 「iPhoneを探す」のアラートが表示されたら「許可」をタップします。
  9. サインインが表示された場合、Apple IDのパスワードを入力して下さい。

「iPhoneを探す」を設定する方法は以上です。

「iPhoneを探す」をオフにする設定

iPhoneを修理に出したり、他の人に譲ったりする時には「iPhoneを探す」の設定をオフにする必要があります。

  1. ホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「設定」から「iCloud」をタップします。
  3. 下の方にスクロールし、「iPhoneを探す」をタップします。
  4. 「iPhoneを探す」をオフにします。
  5. Apple IDのパスワードを要求されるので、パスワードを入力して「オフにする」をタップします。

オフにする

「iPhoneを探す」をオフにする設定は以上です。

いかがでしょうか?

「iPhoneを探す」の設定をオンにしたり、オフにしたりするのはとても簡単です。その場でも「設定」から「iCloud」と行き「iPhoneを探す」を有効にしておけば、万が一iPhoneを紛失しても探すことが可能なので、覚えておくと便利な機能です。皆さんも、「iPhoneを探す」の設定方法を忘れてしまったら参考にしてみて下さい。

dr.fone-iPhoneデータ復元

iPhoneデータ復元ソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 8/XやiOS 11に完全対応!

お客様は以下の製品をダウンロードしています。

dr.fone -  iPhoneデータ復元 (Japanese)
dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元 (Japanese)
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneを探すの設定する方法やオフにする方法

All TOPICS

Top