iPhone XSを強制再起動する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhone XSを強制再起動するには、音量アップのボタンを押して1度離し、次に音量ダウンのボタンを押してまた指を離します。その後サイドボタンを10秒ほど、いったん画面が真っ黒になってからAppleのロゴが出るまで長押しします。これを素早く行うことが大事です。ゆっくりやると、なかなかうまくいきません。

iPhone XSを強制再起動

iPhone XSを強制再起動する最後の手段と考えて慎重に

iPhone XSに限らず、端末を強制再起動するのはあまりおすすめできないことです。気軽におこなうのは控えましょう。強制再起動することで、端末内のデータやファイルが破損してしまう可能性もあります。iPhone XSがフリーズしてしまったり、電源を切ろうとしても切れなくなってしまっても、他の方法でなんとか正常に戻すことを試みます。それでもどうにもならなかったら、最後の手段としてやむを得ずおこなうこととなります。事前にUSBケーブルでPCと接続されていないか確認し、必ず外しておきます。

iPhone XSを強制再起動をする方法

iPhone XSを強制再起動するには、まず音量アップのボタンを押して1度離し、次に音量ダウンのボタンを押してまた指を離します。その後にサイドボタンを10秒ほど押し、いったん真っ黒になってからAppleのロゴが出るまで長押しします。これをゆっくりやると、なかなかうまくいきませんので素早くおこなうことが大事です。iPhone XSがUSBケーブルでPCと接続されたままこの操作をおこなうと、iTunesの操作を誤り、iPhoneを初期化してしまう危険がありますので要注意です。

iPhone XS再起動が繰り返されるとき

フリーズしたわけではなくても、再起動が繰り返されてしまって止められない場合も、強制再起動するしかなくなります。強制再起動のあとも正常な状態に戻ったとは言えない場合は、すべての設定をリセットしましょう。iTunesにつなぎ、正常な頃の状態に復元してみるという方法で回復する可能性もあります。しかしそうやっても正常に戻らなければ、端末が故障したということになりますから、修理に出すことになります。ただその前に、ソフトウェアのWondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使ってみるという方法もあります。


起動障害にはWondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」は、iPhone XSの起動障害にも利用できるソフトウェアです。いわゆるリンゴループが発生してしまった場合などは、Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使って正常な状態に戻すことを試みてみましょう。リンゴループが再起動やセーフモードの起動で何とかなったら別ですが、その方法でも正常な状態に戻せなかった場合は、Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用するのもひとつの方法です。これには「ブルースクリーンなど起動しない不具合から修復」という機能が搭載されており、便利に活用できます。それでは、Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で強制再起動できないiPhone XSを復活する方法を見ていきましょう。

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で強制再起動できないiPhone XSを修復する方法

Wondershare 「dr.fone」を起動するとメインウインドウが表示されるので、「修復」を選択します。USBケーブルでデバイスを接続して、ソフトが認識するのを待ちましょう。認識できない場合には、画面の指示にしたがって操作をして、DFUモードで起動します。

デバイスが認識されたら、正常なシステムファイルをダウンロードします。デバイスの型式やiOSのバージョンを指定して「ダウンロード」をクリックしましょう。ファームウェアのダウンロードができたら、「いますぐ修復」ボタンをクリックして修復作業を開始します。作業が完了したらメッセージが表示されるので、ケーブルを取り外して再起動してみます。以上の説明を見ても操作がわからないならどうでしょうかね。心配しないで、下記には詳細手順がありますので、一緒に見てみましょう。

強制再起動できないiPhone XSを復元する手順

ステップ1:「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「修復」を選択します。

「修復」を選択

ステップ2:強制終了できないiPhoneをUSBケーブルで接続します。

ステップ3:画面に「開始」のボタンが出るのでこれを押します。

リカバリーモードにしなくてはなりません

ここで、もしもデバイス(今回はiPhone)が検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

全てのiPhoneをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。

その他のappleデバイスの場合は、

1:iPhoneの電源を切る。

2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

その他のappleデバイスの場合

iPhone8/8Plus/X/XSの場合は、

iPhone8/8Plus/Xの場合は若干手順も違いますので注意も必要です。

1:iPhoneの電源を切り、コンピュータに接続してください。

2:「音量上ボタン」を押して、すぐに指を離します。「音量下ボタン」を押して、すぐに指を離します。

3:最後に、復元モードの画面が表示されるまでオン/オフボタンを押し続けてください。

iPhone8/8Plus/Xの場合

ステップ4:お使いのiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。選んだあと「ダウンロード」ボタンをクリックします。

「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選択

ステップ5:「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードを開始

iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」ボタンをクリックしてください。

ファームウェアは完了

ステップ6:ダウンロードが完了すると、突然死のiPhoneの修復を初めてくれます。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用すると、復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneを復元させる手順は終了です。 これでiOSが復元されているため、強制終了できないiPhoneを復活することができます。ぜひお試しください。

修復中

パソコンとつないで利用

Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」は事前にパソコンにインストールしておいて、iPhone XSがフリーズするなどの緊急事態に速やかに利用できる状態にしておくことが望まれます。もちろんiPhone XSがフリーズするなどしてから、パソコンにインストールすることもできます。これを使うと、iPhone XSのデータを破損することなしにシステムを正常な状態に復元することが可能です。パソコンでこのソフトを起動し、パソコンと接続したiPhone XSを認識させ、復元を開始します。有料ソフトですが、これで修復できれば修理に出さずに済みます。

iPhone XSを強制再起動することで、端末内のデータやファイルが損傷してしまう可能性もありますので、これは最後の手段となります。他の方法でiPhone XSが正常な状態に戻らなかった場合は、音量アップのボタンと音量ダウンのボタンおよびサイドボタンの3つのボタンを素早く次々と押して、強制再起動を試みます。

dr.fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを復元するソフト

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhone起動しない > iPhone XSを強制再起動する方法

All TOPICS