iOS12アップデートで消えたデータを復元する3つの方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneをiOS12にアップデートをすると、動作速度の向上や多くの便利な機能が利用できるようになります。アップデートの際にデバイスに保存されていたファイルが勝手に消されたり、システムファイルが壊れて起動障害を起こすトラブルが発生する恐れがあります。そのため、あらかじめバックアップを取っておくことが大切です。ちなみにお店に修理を依頼すると新品との交換修理となり、データは永久に戻って来ません。

iTunesでiOS12データを復元する方法

あらかじめiTunesでパソコンにバックアップデータを保存していれば、トラブルが起こる前の状態に復元することができます。USBケーブルでスマホとパソコンを接続してiTunesを起動してデバイスと同期させます。iTunesの画面の「バックアップ」欄にある「バックアップを復元」を選択して、日時を選択して「復元」ボタンをクリックすれば作業が開始されます。

この方法を利用すればシステムファイルも以前の状態に戻るので起動障害の修復も可能で、iOS12にアップデートする以前のOSに戻すことができます。ただし、バックアップを作成した日以降に保存したファイルは全て消去されてしまうので注意が必要です。

当然のことですが、事前にiTunesを利用してパソコンにバックアップを保存しておかなければこの方法は使えません。iOS12にアップデートして起動障害が起こった場合は、復元後にシステムを更新すると再度同じ問題が発生する恐れがあります。

iCloudでiOS12データを復元する方法

あらかじめ設定画面で各種項目をiCloudに同期させるように設定していれば、iOS12へのアップデート作業によって勝手に消去されてしまったファイルを元通りにすることができます。
既にiCloudにバックアップが保存されている場合、iPhoneの「設定」を開いて「一般」「リセット」に進んで「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択して、iCloudにサインインしましょう。「バックアップを選択」をタップして、データを選択すれば失われたファイルがデバイスに転送されます。購入した音楽コンテンツ・アドレス帳・自分で撮影した動画や写真などを、iCloudのオンラインストレージから取り戻すことができます。

この方法は、システムが正常に作動している場合にのみ利用することができます。もしもシステムファイルが壊れて正常に起動できない場合には、先に別の方法で起動障害を修復する必要があります。

dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用してiOS12データを復元

dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用すると、iTunesと同じようにパソコンに保存してあるバックアップデータから復元させることが可能です。ただし、「dr.fone - iPhoneデータ復元 」は事前にバックアップを保存していなくても起動障害の回復や勝手に消去されたファイルの復活が可能です。OSが正常に起動できるようになったら「復元」を選択し、失われたファイルを復活させる作業を開始します。バックアップを保存していない場合には、「iOSデバイスから復元」を選択して進みます。消去されたデータの一覧が表示されるので、復活させたいものにチェックを入れて作業を開始しましょう。「dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用すれば、iTunesやiCloudのバックアップを利用してデータを回復させることも可能です。

ステップ1:メイン画面の「復元」機能をクリックする

USBケーブルでiPhoneを接続してソフトを起動するとメニュー画面が表示されます。もしも起動障害を起こしている場合には先に「修復」を選択し、画面の指示に従ってデバイスを操作してシステムの修復を行いましょう。

「復元」機能をクリック

ステップ2:「iOSデバイスから復元」を選択する

OSが正常に起動できるようになったら「復元」を選択し、失われたファイルを復活させる作業を開始します。バックアップを保存していない場合には、「iOSデバイスから復元」を選択して進みます。

「iOSデバイスから復元」を選択する

ステップ3:復活させたいデータを選択する

消去されたデータの一覧が表示されるので、復活させたいものにチェックを入れて作業を開始しましょう。

復活させたいデータを選択する

データのスキャン

dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用すれば、iTunesやiCloudのバックアップを利用してデータを回復させることも可能です。

まとめ

万一の場合に備えて、日頃からiPhoneのバックアップデータを保存しておくことが大切です。drfone-iPhoneを利用すればバックアップを保存していなかったデータを復活させたり、システムファイルを修復して起動障害から回復させることができます。iPhoneユーザーの方は、万一の場合に備えて「dr.fone - iPhoneデータ復元 」をパソコンにインストールしておくことをおすすめします。

dr.fone

iOS12アップデートに必要なソフト

  • iOS 12へアップデート際、消えたデータを復元
  • データ消えずに、iOS 12へアップデート際、リンゴループ、真っ暗な画面など起動しない不具合から復元
  • iOS 12へアップデート前に、念のために、iPhoneデータのバックアップ
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iOS12アップデートで消えたデータを復元する3つの方法

All TOPICS