Dr.Fone – Whatsappデータ転送

LINEでブロックされているかを確認する4つの方法

  • iOSとAndroid間でWhasAppのデータを転送。
  • LINE/Viber/Kik/Wechatのチャット履歴をバックアップすることも可能。
  • WhatsApp&WhatsApp Businessのデータをバックアップ&復元。
  • 操作は簡単でシンプル。3ステップだけでLINEのトーク履歴をバックアップ
 無料ダウンロード    無料ダウンロード
logo100%安全・安心 | マルウェアなし logo3ステップだけでデータ転送可能
「Whatsappデータ転送」を動画で見る

LINEでブロックされているかを確認する4つの方法と確認するときの注意点

藤原 弘子

•カテゴリ: LINE

LINEを使用していると、「プロック」と呼ばれる機能を耳にしたことがあるでしょう。上手く使用すれば、苦手な人とのコミュニケーションをなくせるため便利な機能です。しかし逆に、自分がブロックされていると思うと不安でしょう。相手から「避けられている」「嫌われている」と感じ、気になる人がほとんどです。

今回はLINEのブロック機能について詳しく解説。ブロックした場合とされた場合のLINEアプリ内での状態変化や、ブロックされているかどうかの確認方法を解説します。また、仲良く交流していた頃の思い出をバックアップするなら、「Dr.Fone - WhatsAppデータ転送」がおすすめ。LINEに関するデータを手軽にバックアップできます。

LINEの「ブロック」とは何?

LINEの「ブロック」とは、指定した相手との関係を絶つ機能です。LINE内のコミュニケーションができなくなるため、「トーク」や「通話」ができません。主に苦手な相手や嫌いな相手、疎遠になった相手に使用する場合が多い機能です。

LINEでブロックしたら・されたらどうなるの?

LINEで「ブロックした側」と「ブロックされた側」、それぞれのLINEアプリ内での変化を解説します。ブロックした側は意図的に設定しているため、当然変化を実感するでしょう。しかしブロック側は、変化しているにも関わらず、ブロックされていることに気づきにくい仕様です。それぞれ詳しく解説します。

LINEでブロックしたら・されたらどうなるの?

ブロックした側から見たとき、「ブロック相手(ブロックされた側)」は以下のように扱われます。

  • ブロック相手が「友だちリスト」から非表示になる
  • ブロック相手と「通話」が使用できなくなる
  • ブロック相手にメッセージを送信できなくなる
  • ブロック相手とのトークで、ノートとアルバムの新規投稿ができなくなる
  • ブロック相手の「VOOM」投稿が非表示になる
  • ブロック相手にLINEスタンプをプレゼントできなくなる
  • ブロック相手にLINE Payで送金できなくなる
  • ブロック相手がLINEゲームから非表示になる

ブロックした相手に一切の情報を与えないため、文字通り交流を絶つことができます。主に苦手な相手や限定した人間関係を構築したい人におすすめです。

ブロックされた側

ブロックされた側から見たとき、「ブロック相手(ブロックした側)」は以下のように扱われます。

  • ブロック相手にトークメッセージが届かない(既読がつかなくなる)
  • ブロックされた後では、新規の複数人トークでもメッセージが届かない
  • ブロック相手に「通話」で発信しても応答しない
  • ブロック相手を新しいグループに追加できない(承認待ちになる)
  • ブロック相手にLINEスタンプをプレゼントできなくなる
  • ブロック相手の「VOOM」投稿がすべて非表示になる
  • ブロック相手が「全体公開」した投稿以外、見られなくなる

ブロックされた場合は、ブロックした側の「全体公開」した投稿以外の情報が見れなくなります。しかし主な変化は、トークは既読がつかなくなり、通話も「応答しません」と表示する程度。そのためブロックされた側は、「自分がブロックされている」と認識しづらい傾向です。

LINEで友達にブロックされているかを確認する4つの方法 - iPhone・android

LINEで友達にブロックされているかを確認するための方法を4つ紹介します。前述したブロック後の変化を理解していれば、それらを利用して確認可能です。それぞれ解説します。

方法1:新規作成グループに友達を招待する

「ブロックされると新しいグループに追加できない」。この現象を利用して、友達にブロックされているか確認できます。方法は簡単、確認したい人を含めたグループを作成しましょう。「友だちをグループに自動で追加」をオンにすると、グループのメンバーリストに表示されるはずです。もしも友達の名前がない場合は、ブロックされています。

新規作成新規作成

方法2:トークメッセージが既読にならない

ロ数日間たっても既読がつかない場合は、ブロックされている可能性があります。送信したメッセージが相手に通知されないため、いつまでも未読のままです。とはいえ相手にも見られない理由があるため、ブロックされていると判断できません。返信不要な内容であれば、ポップアップ通知を確認するだけで完了している場合もあります。

そのため以下の例を参考に、「ブロックされている可能性がある」と判断しましょう。

  • 1週間以上が過ぎても既読にならない
  • 疑問文の内容に対して返信がない
  • 緊急性があるのに返信がない

方法3:「通話」に応答しない

トークと同じく、相手の都合が把握できないため、なかなか判断しにくい確認方法です。通常「通話」を発信すると、電話のように呼び出し音が鳴ります。しかしブロックされている場合は、長時間の呼び出し後「応答がありません」と表示され強制終了。

ブロックされているかを確認するための判断材料は、「通話の試行回数」と「自分以外からの通話」です。通話をしても毎回同じように強制終了する場合や、第三者の通話には直ぐに応答したといった場合に確認できます。

方法4:友達にプレゼントを送れない

LINEにはスタンプや絵文字、着せかえが存在します。自分用はもちろん、友達にプレゼントも可能です。しかしブロックされた相手には、「プレゼントできません」「すでに持っています」と表示。この現象を上手く利用すれば、友達に気付かれずにブロックを確認できます。

適当な無料スタンプを選び、友達にプレゼントしましょう。一度のみでは、本当に持っているかもしれません。友達が持ちそうにないスタンプを複数選び、何度か送ってみましょう。ブロックされていると確信しやすく、相手に知られず無料で試せるため、おすすめの方法です。

友達にプレゼント友達にプレゼント

LINEブロックを確認するときの注意点

LINEブロックを確認するときの注意点は、疑っていることを友達に気付かれないことです。友達との友好関係に疑いを向ける行為のため、ほとんどの人は不快でしょう。「ブロックされているかを確認するはずが、確認が原因で嫌われてブロックされた」なんて本末転倒です。

またブロックを確認するときは、普段使い慣れない機能を使用するでしょう。間違えて変更や削除しないよう、注意が必要です。

LINEを使いこなす裏ワザ - LINEデータを一気にバックアップ&復元する方法

LINEにはさまざまな機能があります。注意点で述べたとおり、ブロックを確認している内に設定を変更、削除してしまった人もいるでしょう。

そんな人のために、便利なバックアップ&復元ソフト「Dr.Fone - WhatsAppデータ転送」を紹介します。「Dr.Fone - WhatsAppデータ転送」は、LINEのあらゆるデータをバックアップ、復元可能です。誰でも使える簡単な操作、素早いデータ転送が人気。おすすめのソフトです。

「Dr.Fone - WhatsAppデータ転送」の使用方法は以下のチュートリアル動画でご確認下さい。

まとめ

LINEアプリのブロック機能について、「ブロックされた側」と「ブロックした側」の両方に起こる変化を解説しました。またブロックされているかを確認する方法も解説。友達に不快にさせないために、気付かれないように確認しましょう。

さらに、LINEのデータを簡単に転送できるソフト「Dr.Fone - WhatsAppデータ転送」をおすすめしました。大切なデータをいつでも転送できます。さまざまな機能を試す前のバックアップ、復元に便利です。

Dr.Fone - WhatsAppデータ転送

Dr.Fone - WhatsAppデータ転送

iPhone上のラインのトーク履歴をバックアップ復元方法

  • 【2022年最新/機種変更/line引継ぎ/lineバックアップ】最新のiPhone13シリーズ・iOS15に対応。
  • 1-ClickでiPhone上のLINEトーク履歴やスタンプなどをバックアップ
  • 復元前にバックアップされたLINEのトーク履歴を詳しく確認
  • バックアップされたトーク履歴・添付ファイル・スタンプなどをiPhoneに復元可能
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし

Home > How-to > LINE > LINEでブロックされているかを確認する4つの方法と確認するときの注意点

All TOPICS