iPhone固まる:固まったiPhoneを修復する方法とは

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneを使っていると固まることがあります。いろいろなソフトがリリースされていますが、中でもWondershare 「dr.fone」はおすすめです。起動障害を修復することができ、消去されたデータも復元することが可能です。画像や写真なども元の状態に戻すことができ、様々なデータ移行などにも便利です。。

iPhone固まる


無料体験版を利用することができます

「dr.fone」はiOSやAndroidなどに対応することができ、バックアップや復元することができるソフトです。いろいろな機能があり、公式サイトからダウンロードしたり購入することが可能です。まず製品をダウンロードしますが、「dr.fone」を利用するのにパソコンに最新iTunesを入れておきましょう。製品を入手するには2つ方法があり、まず無料体験をクリックしダウンロードします。表示した画面に保存場所を選択すると開始することが可能です。プログラムを購入した後、製品登録情報メールが送られ、最新製品版のURLが記載されています。アドレスバーに貼り付けEnterを押すと、保存先を選択することが可能です。保存する場所を選択しダウンロードできます。


簡単にインストールできます

次に製品をインストールします。ダウンロードの完了後、保存フォルダを開きダブルクリックしましょう。インストールウィザードが現れるのでインストールをクリックします。尚、Cドライブにインストールされますが、インストール先を変更をクリックすると指定場所に保存することが可能です。通常標準で設定されている方法で利用することができます。製品のインストールが開始され、完了すると今すぐ開始をクリックし「dr.fone」を起動することが可能です。簡単に入手することができ短時間で利用することができます。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用して固まったiPhoneを修復しよう

「dr.fone」にある「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を使って、固まったiPhoneを修復することができます。起動してメイン画面から修復機能を選択しましょう。次にUSBケーブルを使って対象iPhoneなどをパソコンに接続し、データを消さずにOSを修復することが可能です。表示された開始ボタンをクリックしますが、もし検出されない場合はデバイスをリカバリーにしておきます。リカバリーモードの設定方法として、最初にデバイス電源を切り、USBケーブルでパソコンに接続します。デバイスで白いリンゴマークが現れるのでホームボタンを押しましょう。デバイスにはiTunesに接続して下さいという文言が表示されます。

次に修復用ファームウェアをダウンロードしましょう。リカバリーモードを通常モードによって修復するのに、iOSデバイスに対応するファームウェアが必要です。使っているデバイスの機種やモデル・OSバージョンなどを設定し、ダウンロードをクリックします。起動しないデバイスを修復するのに、プログラムが自動的にチェックしてくれます。デバイスが修復されるので、正常に接続されているか確認しましょう。復旧処理は数分かかりますが、だいたい10分ぐらいで通常の状態に修復することが可能です。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で固まったiPhoneのデータを残したまま復元する手順

ステップ1:メイン画面の「修復」機能をクリックします。

「dr.fone-iPhone起動障害から修復」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動させるとメニュー画面が出てきますので、「修復」を選択します。

「修復」を選択

ステップ2:「スタンダードモード」を選択します。

左側の「iOS修復」をクリックすると、以下のように「スタンダードモード」および「アドバンスモード」二つのオプションが表示されます。まずは「スタンダードモード」でお試し下さい。
注意:「スタンダードモード」はデータを消せずにほとんどのiOSデバイス起動障害問題を修復できます。「アドバンスモード」はより多くのiOSデバイス起動障害問題を修復できますが、デバイスにあるすべてのデータが消去されます。

「開始」のボタンをクリック

ステップ3:パソコンとお持ちのiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iPhoneをUSBケーブルで接続

ここで、もしもデバイスが検出されない時は、iPhoneをリカバリーモードにしなくてはなりません。

  • その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする手順は以下の通りです。
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまでホームボタンを長押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまでホームボタンを押し続けます。

    その他のAppleデバイス

  • iPhone7/7Plusの場合は、
  • 1:iPhoneの電源を切る。

    2:パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続し、iPhoneの画面上でリンゴマークが出るまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しします。

    3:しばらくすると「iTunesに接続」という表示が出ますので、それまで「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時押しし続けます。

    iPhone7/7Plusの場合

  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は、
  • iPhone 8/8 Plus/Xの場合は若干手順が違いますので注意が必要です。

    1:iPhoneの電源を切る。

    2:「音量下ボタン」と「電源ボタン」を同時に押しします。

    3:白いリンゴロゴが出て、押しし続けます。

    iPhone 8/8 Plus/X

    ステップ4:お使いのiOSに対応したファームウェアをダウンロードします。

    画面の案内に沿って「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶだけなので簡単です。

    「機種」「モデル」「OSのバージョン」を選ぶ

    ステップ5:「ダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

    ダウンロードが開始します。数時間をかかりますので、お待ちください。

    ダウンロードが開始

    ステップ6:ダウンロードが完了すると、故障になったiPhoneの修復を初めてくれます。

    iOSデバイスに対応したファームウェアをダウンロードした後、プログラムが自動的に確認します。そして「いますぐ修復」をクリックします。

    プログラムが自動的に確認

    復元には数分~十分程度かかりますが、これが終了すればiPhoneを故障から復元させる手順は終了です。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

    修復中

    「dr.fone-iPhone起動障害から修復」で固まったiPhoneを修復する時の注意点

    「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用する際、いくつか注意が必要です。基本的にデータを損失しないでリンゴループやブルースクリーン、ホワイトアップルや真っ暗な画面などを修復することができます。「iTunesに接続して下さい」といった起動しない症状からも復元することができるので便利です。但し、起動障害をすべて復元することができないケースもあるので注意が必要です。100%保証するものではありませんが、かなりの高い確率で復元することができるでしょう。尚、デバイスの物理的なハードウェアの問題には対応していません。

    iPhoneを使っていると起動障害を起こすことがありますが、Wondershare 「dr.fone-iPhone起動障害から修復」を利用するとスムーズに修復することが可能です。起動障害を修復することはもちろん消去されたデータも復活することができます。簡単にインストールすることができ、画像や写真なども戻すことができるので便利です。

    dr.fone-iPhone起動障害から修復

    iPhoneを復元するソフト

    • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
    • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
    • データ損失が一切なし
    • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
    • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhone起動しない > iPhone固まる:固まったiPhoneを修復する方法とは

    All TOPICS