スマホ・PCで写真の位置情報を確認する方法

•カテゴリ: iPhone GPS変更

皆さんは撮影した写真を整理する時に、「この写真はどこで撮ったんだろう」と思った事はありませんか?

実は、写真の撮影場所は簡単に調べることができますので、今回はその調べ方をできるだけわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

スマホで写真の撮影場所を確認する方法

撮影時に端末のGPS(位置情報サービス)機能がオンになっていれば、簡単に写真の位置情報を調べる事ができます。

撮影場所、日時に関する情報は「Exif」として記録されています。

「Exif」というのは、カメラ用画像ファイルフォーマットの規格です。この「Exif」には、撮影位置、日時、カメラの設定、スマホの機種など、様々な情報が保存されています。

それでは、「Exif」を確認する方法を一緒に確認してみましょう。

  1. 「Exif」を確認するためには、「Googleフォト」というアプリをまず入手しておきましょう。
  2. 「Googleフォト」を起動し、スマホ本体に保存されている写真を「Googleフォト」にアップロードします。
  3. 「インフォメーション」をタップすると、撮影日時、撮影場所を含めたすべてのExif情報を確認することができます。

PCで写真の撮影場所を確認する方法

では、PC写真の撮影場所を調べる方法についてご紹介します。

手順は、Windows・Macによって異なります。

Windows10で写真の撮影場所を確認

Windows10では、撮影場所のGPS(経緯度)を確認することができます。手順は以下の通りです。

  1. フォルダを開きます。
  2. 写真を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。
  3. 「詳細」をクリックして、下の方にスクロールします。
  4. 「GPS」の欄に「経度」、「緯度」、「高度」が表示されます。

経緯度に基づき、撮影場所の特定が可能です。

Macで写真の撮影場所を確認する方法

Macでは、もともと備わっている機能で撮影場所を確認できます。手順を一緒に見ていきましょう。

  1. Macの「プレビュー」で写真を開きます。
  2. 「ツール」>「位置情報を表示」>「詳細情報インスペクタ」の順に選択し、「GPS」をクリックします。
  3. そうすると、撮影場所はマップに表示されます。

iPhoneで撮った写真の撮影場所を変更する方法

今のところ、写真の撮影場所を編集する方法はまだありませんが、「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」を使ってiPhone位置情報を変更してから撮影することで、撮影場所を変更することができます。

その方法をより詳しくご紹介します。

    1. PCで「Dr.Fone - GPS変更」を起動します。

      GPS位置変更

    2. iPhoneをケーブルでコンピューターに接続します。

GPS位置変更

    1. モードを選択してGPSを変更します。

GPS位置変更

これで、iPhoneの位置情報を完璧に変更することができます。

位置情報を偽装したいなら「Dr.Fone - GPS変更」

前述のように、「Dr.Fone - GPS変更」を使えば、iPhoneの位置情報を簡単に偽装できます。

撮影場所の変更だけではなく、ほとんどのゲームやアプリで動作しますので、ぜひ一度ダウンロードし、体験してみてください。

iOS 位置偽装ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップにルートを作成してそのまま移動可能
  • マップ上の移動速度は自分で設定可能
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
Home > How-to > iPhone GPS変更 > スマホ・PCで写真の位置情報を確認する方法

All TOPICS