× virtual-location

写真の位置情報を把握できないようにGPSやSNSを設定する方法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Feb 10,2020 •カテゴリ: iPhone GPS変更

位置情報をオンにしたままで写真を撮影すると、写真に位置情報、撮影日時、機種、撮影者などが保存されます。位置情報があると撮影した場所が分かるので、こんな場所に行ったという思い出になると思います。

しかし、油断していると知らぬ間に情報が漏れている可能性があります。スマートフォンから写真を見るのは問題ありませんが、それをSNSにアップロードするのは非常に危険なことです。情報漏洩を防ぐ為には位置情報をオフにして、GPSの追跡を遮断しましょう。

スマートフォンで位置情報をオフにして撮影することはいいですが、位置情報アプリやサービスを使うため、また位置情報をオンにしなければなりません。「dr.fone - GPS変更 (iOS)」(無料ダウンロード)を使って位置情報を変更することで、iPhoneの位置情報をオフにする必要なく、プライバシーを守れます。

GPS位置変更

写真の位置情報を把握できないようにGPSやSNSの設定方法

Part1.位置情報を含むExif(エグジフ)が削除されるSNS

まずExifとは写真の位置情報、撮影日時、機種、撮影者などの情報を、写真データと共に記録できるファイルフォーマットのことです。撮影するとGPSやデバイスから情報を取得してこのフォーマットに保存されます。Exifを削除しないで写真をSNSにアップロードするのは危険ですが、大手SNSでは写真から厄介なExifを削除してくれます。

・Exifを自動削除するSNS

Facebook、Twitter、LINE、Instagram、mixi、アメーバブログ、メルカリ(フリマアプリ)では自動的にExifを削除するようになっています。これらのSNSは自動なので安心して写真をアップロードできます。

・Exifの一部情報が残るSNS

はてなブログはExifを削除できますが、撮影日と撮影機種は残ってしまいます。位置情報や撮影者は削除されるので、個人情報が漏れる心配はありません。

・設定することでExifを削除できる

livedoorブログ、Seesaaブログでは設定することでExifを自動削除してくれます。

・プラグインでExifを削除する

WordPressはExifを削除するプラグイン「EXIF-Remove-ImageMagick」をインストール、設定することで削除できます。

Exifを削除してくれるSNSは以上ですが、これからもExifを自動削除するSNSが増える可能性もあると思います。

Part2.iPhoneで位置情報を取得せずに撮影する設定方法

iPhoneに使い慣れている方なら分かると思いますが、簡単に位置情報をオフにすることができます。アプリ別に位置情報の設定が行えるので、アプリの利用目的に合わせて設定可能です。一括して位置情報をオフにすることもできます。

1. iPhoneを起動し、ホーム画面から「設定」をタップします。

2. 一覧から「プライバシー」をタップします。

3. 一番先頭にある「位置情報サービス」をタップします。

4. 「カメラ」をタップし、「なし」をタップします。

Part3.Androidで位置情報を取得せずに撮影する設定方法

Androidで位置情報をオフにする場合は、いくつか操作方法があるので少し分かりづらいと思います。一番おすすめなのはカメラアプリで直接オフにする方法です。iPhoneのように1つの画面で全てのアプリの位置情報を管理できません。

・カメラアプリからオフにする場合

1. Androidを起動し、カメラアプリを起動します。

2. 撮影画面から「設定」アイコンをタップします。

3. 機種によりますが、「共有」にある位置情報の保存、位置情報タグ、位置情報付加などをオフにします。

・カメラに権限を与えずに完全に位置情報をオフにする場合

1. Androidを起動し、ホーム画面から「設定」をタップします。

2. 一覧から「アプリと通知」をタップし、「アプリ情報」をタップします。

3. 「カメラ」をタップし、「許可」を選択します。

4. 「位置情報」をタップしてオフにします。

Part4.SNSを利用する際は設定に注意する

何気なく撮った写真をSNSにアップロードして、見ず知らずの他者と共有することが身近になってきました。しかし、中にはそれを悪用する人も当然おり、知らずに個人情報が漏れている可能性があります。SNSを利用する際はExifやアプリ設定に注意しましょう。

Exif自動削除が対応しているSNSは問題ありませんが、設定が必要なSNSは利用する前にしっかりとExif削除をオンにしておきましょう。Exifを削除する機能が無い場合は、Exif削除アプリの利用をおすすめします。Exifには十分注意してよきSNSライフをお送りください。

また、位置情報が把握されるのを防ぐおすすめのソフトがあります。それはWondershareが販売する「dr.fone - GPS変更 (iOS)」です。本ソフトは実際の位置情報を変換して、別の場所にいると思わせることでプライバシーを保護します。試用版もあるので、気になった方は是非利用してみてください。


Part5、「dr.fone - GPS変更 (iOS)」を利用して3ステップで位置情報を変更

ステップ 1: パソコンで「dr.fone-GPS変更」を起動します。

GPS位置変更

ステップ 2: iPhoneをケーブルでコンピューターに接続します。

GPS位置変更

ステップ 3: ご希望のモードを選択してGPSを変更します。

GPS位置変更

dr.fone - GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の仮想移動の速度を自分で設定
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 写真の位置情報を把握できないようにGPSやSNSを設定する方法

All TOPICS