Dr.Fone - GPS変更

iPhoneのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「GPS変更」を動画で見る

【2021年最新解説】iSpooferが使えない?iSpooferの代替え品「Dr.Fone- GPS変更」で「ポケモンGO」を楽しもう!

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone GPS変更

今大流行している「ポケモンGO」というゲームアプリですが、そのゲームにハマっている人はiSpooferのお世話になっている人も多いのではないでしょうか。ちなみに、iSpooferは非公式ツールですので問題があっても対処してもらえません。

この記事では、iSpooferとは一体何なのか、iSpooferが使えない時の原因、その場合の対処法、iSpooferの代替え品である位置偽装アプリ「Dr.Fone - GPS変更」などについて紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

位置偽装アプリ「Dr.Fone - GPS変更」

無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし


Part1  高速ゲットや自動歩行ができる位置偽装アプリiSpooferとは

iSpooferとは、「ポケモンGO」で使える位置偽装アプリです。「ポケモンGO」の利用者ならわかると思いますが、基本的に「ポケモンGO」は、移動してポケモンを集めるゲームです。しかし、位置を偽装すれば、移動しなくてもポケモンに出会えるわけです。

iSpooferの基本機能は、「自動歩行」と「ポケモンフィールドの座標表示」、「出会ったポケモンのIVチェック」、「現在地近くのポケモンやジムのリアルタイムスキャン」、「ジムスロットのリアルタイムスキャン」、「高速キャッチトリック」が可能です。マップの移動手段は「ジョイスティック」方式が採用されます。独自のパトロールルートの作成や、GPXルートの自動生成、テレポートも可能です。マップレーダーの操作は、自動歩行の回数設定が可能です。


Part2  位置偽装アプリiSpooferのインストール方法

iSpooferをインストールするには、「iPhone」と「ある程度のiPhoneの操作知識」が必要です。インストールする前に、本家の「ポケモンGO」はアンインストールします。

ステップ1:iPhoneにて「iSpoofer」の公式サイトに移動します。
ステップ2:インストールページに移動します。そのページの「(iOS版)のインストール」をタップします。
ステップ3:次に出てくる「今すぐインストール」をタップします。インストール確認画面が表示されるので、「インストール」をタップします。

時に、インストールができないことがあります。iSpooferは非公式アプリですので、iPhone側で「プロファイル認証」をする必要があります。その方法は、「iPhoneの設定」>「一般」>「プロファイルとデバイス管理」>「HeNan Mobile Games SoftWare CO」>「信頼する」を順番にタップします。


Part3  位置偽装アプリiSpooferが使えない原因

iSpooferが使えない状況になる代表的な原因は認証問題です。特に2018年12月にはアップデートでtweakbox によるiSpoofer認証が解除されて、使えなくなりました。その解消方法は、使えなくなったiSpooferを一度アンインストールし、Tweakboxから、再度iSpooferをインストールします。その後、設定画面>一般>プロファイルからiSpooferを認証することで使えるようになります。


Part4  iSpooferよりも優れた位置偽装ツールー「Dr.Fone - GPS変更」

iSpooferは非公式アプリです。そのため、動作が不安定になることもありますし、トラブル時のサポートも受けられないのが難点です。その問題を解決するために、「Dr.Fone」の利用を考えててみてはいかがでしょうか。このソフトウェアでは、ワンタッチでiPhoneの位置情報を変更可能です。この機能は、「ポケモンGO」のプレイをする上でも役立ちますが、その他にも、ウォーキングやサイクリング、ドライブの際の走行速度をシミュレーションすることが可能です。途中に休憩時間を設定して、事前な走行に見せかけることも可能です。

無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし

使い方はとても簡単で、たった3つのステップでiPhoneのGPS情報を変更可能です。

  • ステップ1、パソコンで位置偽装アプリ「Dr.Fone-GPS変更」を起動します。
  • ステップ2、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、位置偽装の準備をします。
  • ステップ3、マップを見ながら希望するエリアを選択してGPSを変更するのみです。

「Dr.Fone - GPS変更」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

朗報:「Dr.Fone - GPS変更」は無料試用版を提供しています

試用版では、製品のGPS変更機能を2時間無料で試すことができます。2時間を過ぎると機能は一旦使えなくなり、続行する場合は製品版への切り替えが必要となります。

また、このソフトはWindows版もMac版もあります。ハードディスクは200MB以上の空き容量が必要です。iOSについてはiOS9よりも古いバージョンにも対応しています。


【位置情報を活用】「Dr.Fone - GPS変更」を利用して快適な「ポケモンGO」ライフを楽しもう

ご紹介したように、iSpooferは時に使えなくなることもあります。それを回避するのは少々面倒な作業が必要です。なにより、iSpooferは非公式アプリですので、サポートも受けられず、何かあっても自己責任です。そこで、「Dr.Fone - GPS変更」を利用してみてはいかがでしょうか。iSpooferよりも優れた位置偽装ツールです。ドライブやウォーキング時にも、休憩タイムを取るなど自然な偽装異動が可能です。「ポケモンGO」のプレイヤーも「Dr.Fone - GPS変更」の導入を考えてみてはいかがでしょうか。


Dr.Fone- GPS変更 (iOS)

「Dr.Fone- GPS変更 (iOS)」

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の移動速度を自分で設定可能
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)    無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 【2021年最新解説】iSpooferが使えない?iSpooferの代替え品「Dr.Fone- GPS変更」で「ポケモンGO」を楽しもう!

All TOPICS