iTunesとiPhoneが同期できない原因と8つの対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iTunes修復

iTunesは、iPhoneなどのiOS端末の音楽やアプリなどのデータを管理するのに適しているソフトです。しかし、iTunesとiPhoneを同期しようとした時に上手くいかない時があって困ったことがありませんか?

この記事では、itunesとiphoneが同期できない原因と対処法もあわせて紹介します。その中で特におすすめなのが、「Dr.Fone - iTunes修復」ですのでまずは試してみるのをおすすめします。

iTunesとiPhoneが同期できない原因

・iTunesのバージョンが古い

使用しているiTunesのバージョンが古いとiTunesとiPhoneが同期できない原因になります。そのため、iTunesを最新バージョンにアップデートしてみましょう。

・ケーブルの不具合

ケーブルの不具合

iphoneとパソコンを繋いでいるケーブルが接触不良を起こしている場合もあります。他の機器に接続してみたりして、問題がないか確認してみるのが大切です。

・通信環境が悪い

通信環境が悪い

通信環境が悪いのも同期ができなくなる原因の一つです。WiFiの接続状況などインターネットの通信環境にも問題がないかチェックしましょう。

・iPhoneに画面ロックがかかっていないか確認する

iphoneに画面ロックがかかっていないか確認する

iPhoneがホーム画面に戻ってしまい画面ロックがかかっていると同期ができなくなります。iphoneがホーム画面に戻ってしまい、画面ロックがかかっていないかチェックしてみてください。

iTunesとiPhoneが同期できない時、8つの対処法

対処法1:「Dr.Fone - iTunes修復」を使用してiTunesの同期できない不具合を修復してみる

iTunesで発生するあらゆる不具合に対応しており、自宅で自分で簡単に解決することができます。また、修復作業も早く解決したいエラーを選択するだけで解決できます。さらに、データ損失もないため安心して使用できすべてのiTunesにも対応しています。

 具体的な操作手順は、以下の手順です。

1.Dr.Foneを起動し、メイン画面から「起動障害から修復」を選択します。

「起動障害から修復」

2.左側からiTunes修復を選択後に、「iTunesのエラーを修復」を選択します。 

iTunesのエラーを修復

3.iTunesデータの読み取りをおこないます。

次に、右下のOKボタンを押してください。

iTunesデータの読み取り

4.iTunesにエラーメッセージが表示される場合は、左下の高度な修復を選択します。 

高度な修復

詳細な操作ガイド及びほかのiTunesのエラーを解決したい場合は、こちらを参照してください。

[公式]iTunes修復機能の使い方を紹介 - Dr.Fone

対処法2:iPhoneの空き容量を開ける

1.設定アプリから一般を選択します。

一般を選択します

2.情報をタップします。

情報をタップ

3.使用可能から容量を確認します。

使用可能から容量を確認

おすすめ記事:iPhone・iPadの「その他」を削除してデバイスのストレージを増やす方法

対処法3:iphoneを再起動してから、iTunesとiPhoneが同期できるかどうかを再確認

iPhone X、11、12、13 を再起動する方法

iPhone X、11、12、13

参照元:iPhoneを再起動する - Apple サポート (日本)

1.サイドボタンといずれか片方の音量調節ボタンを同時に長押しし、電源オフスライダが表示されたら離します。

2.スライダをドラッグし、電源を切ります。

3.電源を再度入れます。

・iPhone SE (第 2 世代)、8、7、6 を再起動する方法 

iPhone SE (第 2 世代)、8、7、6

参照元:iPhoneを再起動する - Apple サポート (日本)

1.サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。

2.スライダをドラッグし、電源を切ります。

3.電源を再度入れます。

・iPhone SE (第 1 世代)、5 以前を再起動する方法

iPhone SE (第 1 世代)、5 以前を再起動する方法

参照元:iPhoneを再起動する - Apple サポート (日本)

1.トップボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。

2.スライダをドラッグし、電源を切ります。

3.電源を再度入れます。

対処法4:ケーブルを交換してみる

iTunesとiPhoneが同期できない時、iPhoneがiTunesに認識できない可能性が高いかもしれません。こういう場合、純正のケーブルを使用するのが推奨されています。

そのため、純正以外のケーブルを使用している場合には純正のケーブルを使用してみましょう。

おすすめ記事:iTunesがiPhoneを認識しない?iTunesにiPhoneのマークが出ない時の対処法

対処法5:通信環境(WiFi)を確認する

通信環境が悪い場合、iTunesとiPhoneが同期できなくなりますので、他のウェブサイトにアクセスしてみたりして、通信が遅くないかサイトが表示されるか確認してみましょう。

おすすめ記事:iPhoneがWi-Fiに繋がらない!そんな時におすすめの対処法4選

対処法6:iCloudミュージックライブラリをOFFにする

この方法は、Appleが提供しているApple Musicに登録している場合の対処法です。

Apple Musicは、月額980円で利用できる定額の音楽聴き放題サービスです。

1.iPhoneの設定アプリからミュージックをタップします。

2.iCloudミュージックのチェックを外しOFFにします。

対処法7:itunesで音楽の同期を再設定する

1.iPhoneを繋ぎ、ミュージックをクリックしミュージックを同期をクリックし解除します。

ミュージックをクリック

2.ミュージックを同期をクリックします。

ミュージックを同期をクリック

3.右下の適用をクリックします。

右下の適用をクリック

対処法8:itunesを最新バージョンにしてから、iTunesとiPhoneの同期を再開

1.itunesを開き、上のタブからヘルプを選択します。

上のタブからヘルプ

2.更新プログラムを確認を選択します。

3.ポップアップが表示されるので、最新版のitunesをダウンロードをします。

最新版のitunesをダウンロード

まとめ

iTunesとiPhoneが同期できない原因と対処法を8つ紹介してきました。itunesのバージョンが古かったり、ケーブルの不具合など自分で解決できない問題もあります。

そのため、まずは自分で解決できない問題の対処法を試してみてください。それでも解決できない場合は、「Dr.Fone - iTunes修復」と呼ばれるitunesのトラブル修復の専門ツールを使用してみるのがおすすめです。

Dr.Fone-iTunes修復

Dr.Fone-iTunes修復

iTunesに関するエラーを修復するソフト

  • 簡単にiTunesに関する全てのエラーを修復!
  • インストール、接続、バックアップ、復元など100以上のiTunesエラーを修復
  • データ損失なしでiTunesに関する問題を修復
  • すべてiTunesのバージョンに対応可能(最新バージョンに対応済み)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iTunes修復 > iTunesとiPhoneが同期できない原因と8つの対処法

All TOPICS