Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhoneがWi-Fiに繋がらない!そんな時におすすめの対処法4選

今では自宅だけでなくカフェなどにもWiFiが設置されています

iPhoneを使用する際に、WiFiを使用していますか?

今では自宅だけでなくカフェなどにもWiFiが設置されています。そのため、自宅だけでなく外でもデータ通信を気にせずにネット閲覧や動画鑑賞などを楽しむことができます。iPhoneがWiFiに繋がらないと不便で困る人も多いですよね。

そこで今回は、iPhoneがWiFiに繋がらない原因とおすすめの対処法を4つ紹介します。また、iOS専門の修復ツールの「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」も紹介しますので、この記事でiPhoneがWiFiに繋がらない問題を解決できます。

関連記事:WiFiパスワードを忘れたとき、WiFiのパスワードを調べる・確認する方法

iPhoneがWiFiに繋がらない原因とは?

iPhoneがWiFiに繋がらない原因

iPhoneがWiFiに繋がらない原因として、以下の理由が挙げられます。

・接続先を間違えている

接続先を間違えている

いつもと違うWiFiの接続先を選択してしまっている可能性があります。その場合、パスワードが違っているのでWiFiに接続できない可能性が高いです。

・機内モードになっている

機内モードになっている

iPhoneの設定画面から確認できますが、機内モードになっているとWiFiだけでなく4Gなどのモバイル通信も利用できません。機内モードを解除すると自動的にWiFiはONになりますので、確認してみましょう。

・プロバイダーの通信障害

プロバイダーの通信障害

プロバイダーとは、回線をインターネット使用するために繋げる接続業者のことです。例としてフレッツ光やBBIQなどが挙げられます。インターネットを利用するための大元になるので、プロバイダーが通信障害を起こしている場合には、通信ができないのでWiFiを使用できません。

・WiFiルーターの故障

WiFiルーターが故障している可能性も考えられます。故障していると、WiFiルーターのランプが緑ではなく赤で点灯や点滅することが多いです。

その場合には、故障が考えられるので交換をおすすめします。

iPhoneのWiFiが繋がらない場合、おすすめの対処法4選

 おすすめの対処法4選

対処法1.SSIDを指定して再接続する

まずは、こちらの方法を試してみてください。

  • 1.設定を開きWiFiをタップし、その他をタップします。
  • 2.接続したいSSIDの名前とパスワードを入力し、接続をタップします。
  • 3.自動的に接続されWiFiマークが表示されるまで待ちます。

対処法2.WiFiルーターを再起動後、ネットワーク設定をリセットする

機内モードになっておらず、WiFiルーターの電源も入っている場合には、この方法を試してみてください。

  • 1.WiFiルーターの電源を抜き10分ほど待った後に電源を入れ直しランプが点灯することを確認します。
  • 2.iPhoneの設定をタップし接続しているWiFiのネットワーク名の横の「iマーク」をタップします。
  • 3.このネットワーク設定を削除を選択し、WiFiルーターが再起動されるまで待ちます。
  • 4.再度接続したいWiFi名のネットワーク名を選択し、パスワードを入力し接続を選択します。

対処法3.iPhoneをアップデート後、ネットワーク設定をすべてリセットする

最新のiOSバージョンにアップデートしていない場合は、こちらの方法を試してみてください。

1.設定アプリから一般をタップし、ソフトウェアとアップデートを選択し、最新バージョンか確認してください。

※最新バージョンでない場合、そのままダウンロードするのがおすすめです。

2.設定アプリから一般を選択し、リセットをタップします。

※WiFiのSSID名、パスワード名などが消えてしまいますので注意が必要です。

3.ネットワーク設定をリセットをタップし、パスワードを入力し、ネットワーク設定をリセットをタップします。

4.少ししてから、再びWiFiネットワークに接続を試みてください。

対処法4.Dr.Fone-iPhone起動障害から修復を使う

Dr.Foneシリーズは、データ損失なしにiOSデバイスのシステム不具合を解決できる専門ツールです。また、iPhoneやiPadに加え全機種に対応するだけでなく最新iOS15もサポートしています。

今回のようにiPhoneが再起動を繰り返す以外にもリカバリーモードでのフリーズやパスコードロックされたiPhoneも複雑な操作なしで解除可能です。

drfone100%安全・安心 | マルウェアなし

今回は、「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」を使う方法を解説します。具体的な手順は、以下の4ステップで簡単にiPhoneの不具合を修復可能です。

1.Dr.foneを起動して、メイン画面から「起動障害から修復」機能を選択します。

修復を選択

iPhoneをパソコンに接続し、iOS修復を選択します。

2.まずはスタンダードモードから試します。

修復モード

※スタンダードモードでは、データ損失しませんがアドバンスモードではデータ損失してしまいます。

3.修復用のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

自分が使用している機種、iOSバージョを選択して、「開始」をクリックします。

4.ファームウェアダウンロード後、「いますぐ修復」をクリックすると修復作業が始まります。

ファームウェアを確認

暫くすると、iPhoneの不具合が修復されます。iPhoneを再起動して確かめてください。

※解決できない場合は、アドバンスモードを試してみてください。

まとめ

iPhoneがWiFiに繋がらない原因と対処法を紹介してきました。

WiFiに繋がらない原因としては、接続先を間違えているなどの理由が挙げられます。そして、対処法はSSIDを指定して再接続するなどの方法が挙げられます。

しかし、どうしても解決できない時は、「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復」を使用しましょう。iOSデバイス修復の専門ツールで、自宅に居ながら使用できます。さらに、簡単な操作で、データ損失せずにiPhoneがWiFiに繋がらない問題を解決可能です。

以下のリンクからyoutube動画を見れますので、こちらも参考にしてくださいね。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneエラー復元 > iPhoneがWi-Fiに繋がらない!そんな時におすすめの対処法4選

All TOPICS