Dr.Fone - iPhoneデータ復元

iPhoneが水に落とした時・水没した時の対処法ーデータ復元の方法も

  • 復元成功率は業界No.1。
  • データをiPhone、iTunes、iCloudから復元できます。
  • あらゆるファイルを取り戻せます。
  • 最新のiPhone13/iOS15に対応
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhoneデータ復元」を動画で見る

iPhoneが水に落とした時・水没した時の対処法ーデータ復元の方法も

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhoneデータ復元

iPhoneを使っていて水の中に落としてしまった経験やiPhoneを濡らしてしまった経験はありませんか?Appleの公式サイトでは、水濡れによる故障の際には保証期間内でも有償修理と決まっています。そのため、iPhoneを水没させてしまった時はどうしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、iPhoneを水没させてしまった時の症状に加え対処法を紹介します。また、iPhoneを水没させてしまってもデータを救出できる可能性がある「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」も紹介しているので、水没させてしまっても諦めずに試してみてください。

iPhoneが水没した時に発生する主な症状

主な症状

・iPhoneの電源がつかない

iPhone内部には、バッテリーや基盤などiPhoneを動かすための重要な部品があります。水没することにより正常に動作しない原因になります。

・スピーカー音が出ない、聞こえにくい

聞こえにくい

スピーカー部分に水が入ってしまったり、水滴が付いたりすることで部品が錆びてしまうと音が出ないもしくは音が籠って聞こえる原因になったりします。

・充電やタッチ操作が反応しなくなる

充電端子が濡れてしまうとケーブルを上手く認識しなかったり、画面をタッチしてもタッチパネルが反応しないなどの問題が発生します。

・撮影した画像が曇って見える

カメラレンズに水滴が付いたまま写真を撮ってしまうと写真や動画を正常に撮影できません。その場合、レンズが曇って見えたり水滴が付いてしまっている時があります。

おすすめ記事:iPhoneのカメラが映らない・起動しない原因と対処方法

iPhoneが水没した時の応急措置

iPhoneが水没した時に行うべき応急処置をまとめましたので、まずは紹介する応急処置を行ってみましょう。

・電源を切る

まずは、電源を切るのが第一優先です。

iPhoneの電源が入っていると水没した時の水によりバッテリーや基盤の部品のショートを防ぐ必要があります。

・水分を取り除き乾燥させる

iPhone内部の水分を拭き取り乾燥させるのも大切です。しかし、自分で分解するのは大変なため密閉容器にiPhoneと乾燥剤を入れておきましょう。

また、イヤホンジャックやスピーカー部分など拭き取れる部分は拭き取っておきましょう。

・SIMカードを取り出す

SIMカード

SIMカードには、iPhoneを使用する際のデータが詰まっています。そのため、SIMカードが破損してしまうとさまざまなデータが消えてしまう可能性があるので、SIMカードを忘れずに取り出しておく必要があります。

iPhoneが水没した時にしてはいけないこと

これから紹介する方法は、iPhoneが、水没した時にはしてはいけないことなので、間違ってしていないか確認してみてください。

・ドライヤーで乾かす

しっかりと乾かすためにドライヤーを使用したくなると思います。しかし、ドライヤーを使用してもiPhone内部の水分までを乾かすことはできません。

また、水が内部に入り込んだり端末の温度が上がり故障してしまう可能性が高まります。

・iPhoneを振って水気を飛ばす

水気を飛ばす

とっさにiPhoneを振って水気を切ろうとしてしまいたくなりますよね。しかし、iPhoneを振ってしまうことによりさらにiPhoneの内部に水を侵入させてしまうことになるためやってはいけません。

・充電する

電源が入らなかったり画面が反応しないと、焦ってしまい充電をしてしまうのも逆効果です。iPhone内部に水がある状態で充電してしまうと内部でショートする恐れがあります。ショートを起こしてしまうと、修理が上手くいかない場合がありますので充電をするのは控えましょう。

iPhoneが水没した時にデータの救出

iPhoneが水没してしまった時に画面ロックが解除できる場合は、「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」が使えます。

「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」とは、写真や連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダーなどさまざまなデータを復元可能です。また最新iOS15に対応、最新デバイスiPhone13に対応と常にアップデートを繰り返しています。

さらに、画面の指示に従っていくだけの4ステップで誰でも解決できる点もおすすめポイントです。

具体的な操作手順は、以下の手順です。

1.Dr.Foneを起動し、メイン画面から「データ復元」を選択後にiPhoneをパソコンに繋ぎます。

データ復元を選択

2.復元したいデータを選択し、「開始」をクリックします。

接続完了

3.データのスキャン後に、「パソコンに復元」もしくは「デバイスに復元」を選択します。

パソコンに復元

4.復元したいデータの保存先を確認し続けるをクリックします。

パソコンに復元

しばらく待つと、データの復元が完了です。

iOSデバイスにデータを復元

詳しい操作方法は以下のチュートリアル動画をご覧下さい。

まとめ

今回は、iPhoneが水没した時の対処法を紹介してきました。その他にもiPhoneが水没した時の応急処置、水没した時にしてはいけないことなども紹介しています。この記事を参考にiPhoneを水没させてしまった時の対処法を間違えないように気を付けましょう。

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

iPhoneから削除された写真や画像などのデータを復元できるソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でiPhoneのデータを復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone13やiOS 15に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
wondershareプライバシー保護 | マルウェアなし

Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneが水に落とした時・水没した時の対処法ーデータ復元の方法も

All TOPICS