Dr.Fone - iPhoneデータ復元

MacでMMSを復元する

  • 復元成功率は業界No.1。
  • データをiPhone、iTunes、iCloudから復元できます。
  • あらゆるファイルを取り戻せます。
  • 最新のiPhone12/iOS14.5に対応
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「iPhoneデータ復元」を動画で見る

【MMS機能】「MMS機能を有効にする必要があります。」と出た時の対処法

iPhoneのMMS機能を使おうとすると、「MMS機能を有効にする必要があります。」と表示された経験はないでしょうか。対処できずに諦めてしまい、メールが送受信できないと不便です。ビジネスの場面では、大事なファイルが添付されている場合もあるでしょう。そもそも、表示される理由がわからないと対処しようがありません。そのままでは、MMS機能が使用できず不便な思いをするでしょう。

本記事では「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示される方に向けて、理由と対処法をご解説します。誤ってMMS機能を削除してしまった方でも復元できるソフトもご紹介します。

「MMS機能を有効にする必要があります。」が出る理由とは?

まずは「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示される理由から考えましょう。主にMMS非対応のキャリア回線を使用していたり、そもそもMMS設定ができていなかったりなどが理由です。

理由1.MMS非対応のキャリア回線を使用している

MMS非対応のキャリア回線が存在します。有名なキャリア回線でいえば、ドコモ回線です。宛先がドコモ回線のアドレスであれば、「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示されるでしょう。

理由2.MMSの設定ができていない

MMS機能は設定しなければ使えません。そのため、はじめてMMS機能を使用したときに表示される可能性が高いでしょう。「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示された場合には、必ず設定をチェックしましょう。

「MMS機能を有効にする必要があります。」と出たときの対処法

「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示されたときの対処法をご解説します。宛先のアドレスやMMS機能の設定を見直して対処しましょう。

対処法1.宛先のアドレスをチェックする

ドコモ回線ではMMS機能を使用できません。メールの作成時、宛先のドメインが「@docomo.ne.jp」でないか件名をチェックしましょう。

それでもドコモ回線に送信したい場面があります。そんなときは、別のメールアプリを使用すると送信可能です。また、AppleデバイスであればiMessageを使用するとよいでしょう。

対処法2.MMS機能の設定ができているかチェックする

MMS機能の設定ができていないと使用できません。「設定」から「メッセージ」を選択し、「MMSメッセージ」をオンにすると対処できます。

また、作成したメールアドレスも忘れず登録しましょう。同じく「メッセージ」画面から「MMSメールアドレス」項目に登録すると使用できます。

対処法3.「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示されないように予防する

「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示されないための予防も大切です。電話帳に電話番号とメールアドレスの両方が登録されると、電話帳の登録先名が表示されます。宛先がドコモ回線であるか、ひと目で判別できません。見落とさないためにも注意しましょう。

また、件名入力するとMMSまたはiMessageで送信します。ドコモ回線の宛先にSNSで送信する場合には、件名入力が原因でエラーが表示されるでしょう。「設定」から「メッセージ」を選択し、「件名欄を表示」をオフにすると件名欄を表示しません。いちいち件名を削除しなくてもいいように、事前に設定しておくとよいでしょう。

MMS機能を使う時、MMSデータが削除されたときのデータ復元方法

MMS機能を使用したとき「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示されたとき、誤ってMMSデータを削除することもあるでしょう。不意に大事なMMSデータが削除されてしまうと大変です。

そんな方に「Dr.Fone − iPhoneデータ復元」をおすすめします。

100%安全・安心 | マルウェアなし

MMSデータはもちろん、iPhoneのあらゆるデータを復元します。MMSデータをMacで誰でも簡単に復元する方法をご解説します。

手順1.「Dr.Fone − iPhoneデータ復元」を起動する

起動後に画面が表示されます。「データ復元」を選択し、パソコンとiPhoneを接続します。その後「iOSデータを復元」に進みます。

データ復元機能を選択

手順2.復元したいデータのタイプを選択する

復元したいデータのタイプを選択します。MMSデータの復元では、「メッセージ&添付ファイル」にチェックを入れましょう。「開始」を選択するとスキャン処理を開始します。

復元したいファイルを選択

手順3.データを復元する

スキャン終了後、復元可能なデータが表示します。「パソコンに復元」または「デバイスに復元」を選択しましょう。データの復元作業が完了です。

復元先を選択します。

まとめ

本記事では「MMS機能を有効にする必要があります。」が表示される方に向けて、理由と対処法をご解説しました。

 主な理由は、宛先がドコモ回線を使用しているか、MMS機能が設定できているかの2点です。メール作成の前に、必ず宛先とiPhoneの設定をチェックしましょう。また、誤ってMMSデータを削除してしまった方でも「Dr.Fone − iPhoneデータ復元」で簡単に復元できます。ぜひお役立てください。

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

Dr.Fone-iPhoneデータ復元

iPhoneから削除された写真や画像復元できるソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除した写真を簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でiPhoneの写真を復元!
  • 業界で復元率が高いiPhone写真復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 12/Pro/miniやiOS 15に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > 【MMS機能】「MMS機能を有効にする必要があります。」と出た時の対処法

All TOPICS