× お年玉Twitterキャンペーン

iOS13に変更する前にはデータのバックアップが大切

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Oct 15,2019 •カテゴリ: iOS 13

iOS13に限らず最新のOSにアップデートする前には通信障害などでデータが破損してしまう恐れがあるので、予めバックアップを行うと安心です。バックアップは「iCloud」・「iTunes」・「dr.fone」で行う事ができますので、お好きなものを選んで行いましょう。いずれも基本的に無料で利用可能です。

iOS13対応端末か調べます

iOS13へアップデートを行いたいと思ったのなら、利用したいiPhoneやiPad、iPodtouchがiOS13対応端末か調べる必要性があります。アップデートが可能な機種はiPhoneなら6s以降、iPodtouchは第7世代のみです。利用している端末がこれら以前のモデルの場合は、アップデートができないので注意して下さい。9月20日発売のiPhone11・iPhone11Pro・iPhone11ProMaxは予めインストールされた状態で販売されていますので、確認の必要性はありません。

アップデートをするための準備と手段

対応端末がどうか確認できた後は、アップデートを行うための準備をしましょう。更新にはストレージの空き容量が必要となります。更新中に容量が足りなくなった場合にはアプリなどを消すように指示されますので、あらかじめ空き容量を作っておくとスムーズです。iOSの更新には50%以上の充電が必要となりますので充電しながら行うと良いでしょう。電波が切れてしまうとデータ破損や損失をおこしてしまう可能性があるので、あらかじめバックアップを行いWi-Fi環境など電波の良い場所で行うようにして下さい。バックアップは「iCloud」・「iTunes」・「dr.fone」で行えます。

「iCloud」でデータを保存する方法

「iCloud」はApple運営のクラウド上にデータを保存するので、Wi-Fi環境があればどこでも利用可能なのが魅力となっています。容量は最初の5GBは無料となっていて、最大2TBまで増やす事が可能です。デバイスをWi-Fiネットワークに接続し「設定」から「ユーザ名」選択し、「iCloud」をタップしましょう。「iCloudバックアップ」を選び、端末をWi-Fiネットワークに接続します。「設定」から「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」をタップします。「iCloudバックアップ」をタップし、「今すぐバックアップを作成」を選び更新が完了するまで待ちましょう。

「iTunes」でデータを保存する方法

「iTunes」ではパソコンにデータを保存するので、保存できるデータサイズはパソコンの容量に依存します。「iCloud」はパソコンで取り込んだ音楽データなどがバックアップ対象外になるケースもありますが、「iTunes」であればほぼ全てのデータが管理できるのが魅力です。パソコンで「iTunes」を起動し端末とパソコンを接続しましょう。iPhoneマークをクリックすると、接続したiPhoneの情報が確認できる画面が表示されます。「概要」からバックアップの項目に行き、「このコンピュータ」を選択してバックアップを行いましょう。初回の場合には暗号化が必要となるので、パスワードを入力して暗号化を行ってください。

「dr.fone」でデータを保存する方法

「dr.fone」は1-ClickでiPhone・iPad・iPod Touchの既存データを、パソコンにデータ保存ができる簡単な操作が魅力となっています。iPhone・iPad・iPod touch全機種に対応しているソフトで、バックアップされたデータをプレビュー確認なほか、簡単かつ選択的にWhatsAppの履歴を転送することが可能です。起動障害から修復など多様な機能もあるので、複数のデバイスを同時に使用している方には特に向いたソフトのひとつと言えるでしょう。

「dr.fone」でデータを保存する手順

ステップ1. まずはiPhone連絡先バックアップソフトdr.fone-iPhoneデータバックアップ&復元をインストールします。


ステップ2.メイン画面の「バックアップ」機能をクリックします。

「バックアップ」をクリック

iPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneをパソコンに接続

表示された画面で、真ん中の「バックアップ」機能をクリックします。

「バックアップ」機能をクリック

ステップ3.バックアップしたいデータタイプを選択します。

すると、パソコンにバックアップしたいデータのタイプを選択する画面です。今回はiPhoneの連絡先をバックアップしますので、「連絡先」の前にチェックマークを入れてください。

iPhoneデバイスのデータを選択

iOS13にアップデートを行いたい場合には、まず対応端末かどうか調べましょう。更新を行う場合には通信障害などによってデータが破損してしまうことがあるので、バックアップをすると安心です。「iCloud」・「iTunes」・「dr.fone」で行えますので、お好きなもので試してみて下さい。更新には50%以上の充電が必要となるので充電をしながら、ネット環境が良い場所で行うようにして下さい。

dr.fone-iPhoneデータバックアップ&復元

iPhone・iPad・iPodのデータを簡単にバックアップ復元

  • バックアップ可能なデータは写真・連絡先・動画・SMSメッセージ・メモなど
  • バックアップされたデータをいつでもiPhone・iPad・iPodへ復元可能
  • バックアップを復元するときに、データ損失なし
  • 最新のiPhone 11やiOS 13に完全対応!
  • Windows版とMac版両方動作可能
Home > How-to > iOS 13 > iOS13に変更する前にはデータのバックアップが大切

All TOPICS