Dr.Fone - GPS変更

iPhoneのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「GPS変更」を動画で見る

iPhoneのGPS位置情報がおかしい・ずれる時の原因と対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone GPS変更

GPS(位置情報サービス)

知らない場所に車で行く時や友達や家族に自分が居る場所を、伝える時にGPS(位置情報サービス)は便利ですよね。しかし、GPSの位置情報が突然おかしくなったり・ずれた場合は困りますよね。

そこで今回は、GPS位置情報がおかしくなったり・ずれた場合の原因と対処法をまとめました。iOS不具合専門ツールDr.Foneを使い、GPS位置情報がおかしい問題を簡単に解決する方法も紹介していますので、困った場合には参考にしてみてください。


iPhoneのGPS位置情報がおかしい原因とは

iPhoneのGPS位置情報がおかしい原因

よく考えられる原因を4つ紹介していきますので、当てはまっていないか確認してみてください。

原因1:GPSの設定が無効になっている

GPSは、ONの状態でないと作動しません。しかし、GPSはワンタップでON、OFFを変更できるため不意にGPSをOFFにしてしまっている場合があります。

原因2:ネットワークに不具合が起きている

GPSは、インターネットを使って情報を取得しているので、不具合が起きた場合に使えなくなる可能性があります。突然GPSが使えなくなった場合は、iPhoneが圏外になっていないかWiFiに繋がらなくなっていないかなどを確認する必要があります。

原因3:iOSに不具合が生じている

iOSのバージョンアップ後などには、不具合が発生しやすくなっており、GPSに影響を及ぼしている場合が考えられます。その場合は、修正バージョンが出るまで待つしかありません。

原因4:iPhone内部の部品の故障

iPhone内部には、GPSに関連したアンテナやコンパスなどの部品も内蔵されています。そのため、内蔵部品が故障してしまうと位置情報が正しく表示されなかったり、位置がズレたりしてしまいます。

iPhoneのGPS位置情報がずれる・確認できない時の対処法

GPS位置情報がずれる・確認できない時の対処法

自宅でもできる対処法を紹介していきますので、まずは試してみてください。

対処法1:GPSの設定を確認する

1.設定アプリを開き、プライバシーをタップします。

プライバシーをタップ

2.位置情報サービスがONになっているか、確認します。

位置情報サービスがONになっているか、確認します

対処法2:ネットワーク設定を確認する

iPhoneのモバイル通信やWiFiに正常に繋がるか確認する必要があります。

 モバイル通信の確認方法

1.設定アプリを開き、モバイル通信をタップします。

設定アプリを開き、モバイル通信をタップ

2.モバイルデータ通信がONになっているか、確認します。

モバイルデータ通信がONになっているか、確認します

対処法3:WiFiの確認方法

1.設定アプリを開き、WiFiをタップします。

設定アプリを開き、WiFiをタップ

2.WiFiがONになっているか、確認します。

WiFiがONになっているか、確認します

3.WiFiに接続できていると、チェックが入ります。

WiFiに接続できていると、チェックが入ります

おすすめ記事:WiFiパスワードを忘れたとき、WiFiのパスワードを調べる・確認する方法

対処法4:最新iOSもしくは修正済みのiOSをインストールする

iOSの不具合が原因と考えられる場合には、新しいiOSバージョンか修正されたiOSをインストールをする必要があります。そのため、こまめにバージョンアップがされていないか確認するのがおすすめです。

・iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動することにより、さまざまな不具合が解決することがあり、GPSの不具合も解決する可能性があります。機種ごとの再起動の方法は、以下の通りです。 

・iPhone8以降の機種

音量を上げるボタン押してすぐに離し、音量を下げるボタンを押してすぐに離し、電源ボタンをリンゴマークが出るまで押します。その後ボタンを離します。

・iPhone7

音量を下げるボタンと電源ボタンを同時に押さえたままでリンゴマークが出るまで待ちます。その後ボタンを離します。

・iPhone 6s以前の端末

電源ボタンとホームボタンを同時に押さえたままでリンゴマークが出るまで待ちます。その後ボタンを離します。

おすすめ記事:iPhoneが再起動を繰り返す原因とは?自宅でできる解決方法4選

それでも問題が解決できない場合の対処法

修理に出す

これまでに紹介した方法で、解決できない場合iPhone本体に問題がある可能性があり、修理に出すのが確実でおすすめです。修理に出す場合は、Apple直営店かAppleが認定している正規の専門店もしくは、iPhone修理の専門店に依頼する必要があります。

手取り早い対処法:「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」でiPhoneのGPS位置情報を簡単に変更する方法

修理に出すよりも簡単に解決できる「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」を使ってみるのもおすすめです。1クリックで簡単にiPhoneのGPS位置情報を世界中どこにでも変更可能です。そのため、位置情報がずれる場合やおかしい場合には正しい位置に変更できます。

無料ダウンロード(Win版)    無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで位置変更可能

また、外に出られなくてもGPSを使用するゲームを位置情報を簡単に変更できるので、家に居ながらアプリやゲームを楽しむことができます。

操作手順は、以下の手順です。

1.Dr.Foneを起動し、GPS変更をインストールします。

Dr.Foneホーム画面

2.iPhoneをパソコンに繋ぎ、GPS変更を選択して開始をクリックします。

3.マップを開くと、現在の位置情報が表示されます。場所が正確に表示されない時は、右下の「自己中心」マークを選択します。

Dr.Fone-位置情報変更

4.右上の「テレポートモード」をクリックして、目的地を左上に入力し移動をクリックします。

Dr.Fone-位置情報変更

5.ポップアップで、ここに移動と表示されますので、正しいか確認してクリックします。

詳細な操作手順やその他の使用方法については、こちらをご確認下さい。

まとめ

今回は、iPhoneのGPS位置情報がおかしい、ずれる原因と対処法について解説してきました。

ネットワークやiPhone本体の問題の場合には、自分では解決できず、修理に出すのが確実です。しかし、Apple正規店やiPhone修理の専門店が近くにない場合などには、GPS位置情報を簡単に変更できる「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」を使うのがおすすめです。

「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」では、1クリックでGPS位置情報を変更できるので、簡単にGPS位置情報を変更したい方は、使ってみませんか?

「Dr.Fone - GPS変更」機能でiPhoneの位置情報を変更する方法は以下のチュートリアル動画からも確認できます。

Dr.Fone- GPS変更 (iOS)

Dr.Fone- GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の仮想移動の速度を自分で設定
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで位置変更可能

Home > How-to > iPhone GPS変更 > iPhoneのGPS位置情報がおかしい・ずれる時の原因と対処法

All TOPICS