Dr.Fone - GPS変更

iPhone/AndroidのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • Line/Facebook/Instagram/Twitterなど多数のアプリの位置情報を変更可能
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
「GPS変更」を動画で見る

安全のためにiPhoneのGPS位置情報が追跡されない方法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone GPS変更

現代では、誰もがiPhoneといったスマートフォンをほぼ常に携帯しており、お出かけ先でも様々な機能を利用することができます。たいていのスマートフォンで導入されている機能として、「位置情報」があります。「位置情報」は、マップや位置情報を利用したゲームなど、普段の生活を便利にする一方で、人に漏れてしまうと危険度の高いものでもあります。

今回は、安全のために、iPhoneGPS位置情報が追跡されない方法について、まとめています。位置情報が追跡されるリスクから、情報漏れを防ぐ具体的な方法まで、詳しく解説していきます。

関連記事:GPS Joystickの使い方は?「位置情報を取得できません」が出た時の対処法

GPS位置情報が追跡されるリスク

位置情報を利用するということは、サービス提供者に位置情報を提供しているということでもあります。

そして、アプリ自体が勝手に情報を収集する危険なものであれば、悪用されるなど、位置情報を提供することのリスクがあまりにも高くになります。また、家族や恋人などでGPSを使う場合、お互いの合意がちゃんと得られていないと、関係性に亀裂を生む危険があります。

もし、誰かからGPS追跡をされている場合、GPSを偽装する方法として「Dr.Fone - GPS変更 (iOS/Android)」を使うのがおすすめです。

iPhoneGPS位置情報が追跡されない4つの方法

方法1:「Dr.Fone - GPS変更 (iOS/Android)」で位置情報を変更

Dr.Fone - GPS変更 (iOS/Android)」は、Dr.Foneの機能の一つで、iPhoneの位置情報を好きなようにテレポートさせることができます。位置情報を変更して、情報漏れの危険なく安心してiPhoneを使えるようにしましょう。

無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし

Dr.Fone - GPS変更 (iOS/Android)」でGPSを変更する手順は、以下の通りです。

1.Dr.Foneを起動し、GPS変更(iOS/Android)を選択

Dr.Foneホーム画面

2.iPhoneをパソコンに接続し、「開始」をクリック

「dr.fone-GPS変更」を起動

※一度USB接続でiPhoneを登録したら、以後Wi-Fi経由でGPS変更が可能になります。

3.マップを開いて現在地を確認したら、右上の「テレポートモード」アイコンをクリックし、テレポートしたい位置を選択

Dr.Fone-位置情報変更

4.「ここに移動」をクリックし、「自己を中心に」アイコンで現在地を確認、テレポート完了

Dr.Fone-位置情報変更

Dr.Fone - GPS変更」なら場所を指定して「ここに移動」をクリックするだけで、実際の変更処理はソフト内部でやってくれます。このように、簡単な手順でGPS変更を済ませられるので、誰にでもおすすめのツールといえます。

Dr.Fone - GPS変更」でiOSまたAndroidデバイスの位置情報を変更する方法はチュートリアル動画でも確認できます。

方法2:iPhoneの設定で位置情報をオフにする

この方法では、完全に位置情報サービスがオフになるので、誰かGPS共有相手がいる場合隠していると思われる点に気をつけてください。

設定するには、「設定」→「プライバシー」→一番上の「位置情報サービス」から、スイッチをオフにします。

方法3:プライベートブラウザを使用する

プライベートブラウザでは、Cookieや閲覧履歴、検索履歴など、ブラウザで行ったことの履歴が一切記録されません。

誰かからプライバシーの追跡を受けている方は、プライベートブラウザを活用して、できるだけ個人情報を残さないようにしましょう。

方法4:スパイウェア対策アプリを使う

自分のスマートフォンに、追跡用のスパイウェアがインストールされている場合、対策が難しくなります。

iPhoneの正規アプリではないことが多く、設定からはGPS追跡を止められないかもしれません。

そこで、スパイウェア対策アプリである、「iAmNotified」を導入しましょう。このアプリは、誰かが自分のスマートフォンにアクセスした場合に、通知を表示してくれます。追跡されているという心当たりがあれば、活用してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、iPhoneGPS位置情報が追跡されない方法について、解説してきました。

位置情報は、重要な個人情報であり、漏れることのリスクもかなり大きいです。自然に位置情報を偽装するためにも、「Dr.Fone - GPS変更 (iOS/Android)」を導入して、いつでも簡単に位置情報を変えられるようにしておきましょう。

“Dr.Fone-

Dr.Fone- GPS変更 (iOS&Android)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の仮想移動の速度を自分で設定
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで位置変更可能
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 安全のためにiPhoneのGPS位置情報が追跡されない方法

All TOPICS