iOS 14にアップグレード後に、iPhoneで「iCloudストレージがいっぱい」と表示されてしまった時の対処法

•カテゴリ: iOS14

iOS 14をダウングレード


パート1 iOS 14にアップグレードした後に、「icloudストレージがいっぱい」へ解決策

通常、空き容量が不足している場合、インストール済みのアプリ(App) で、再ダウンロード可能なものは、一時的に削除されます。

空容量を確保するために、わざわざ削除したり、別の場所に移動する手間は不要です。ですが、動画データ・ゲームアプリ・画像データを常に利用してる場合、空き容量があっという間に不足してしまいます。

それでも空き容量が不足している場合は、以下のことを試してみることをオススメします。

  1. まずは、iCloudのストレージの使用状況を確認してみましょう。
    【確認方法】:設定→Apple IDをタップ→iCloud→ストレージを管理で確認できます。そこでストレージプランを変更することもできます。
  2. iphoneをPCに繋いで、PC経由でアップデートをしてみる。
  3. iCloudの不要なデータやあまり使わないアプリや画像・動画などの重めのデータを優先的に削除する。
  4. iCloudのストレージ管理する。
  5. 通常5GBの無料で利用できますが、更に有料プランを利用して、iCloudストレージの容量そのものを増やす。月額の利用金額は以下になります。200 GBと2TBなら、家族や友達などと分け合う。
    50GB:¥130(税込)/200GB:¥400(税込)/2TB:¥1300(税込)
  6. お金をかけずにこの機会に、データの整理をしてみる。
  7. iCloudのデータをPCに移動させる。
  8. 別のクラウドサービスを利用する。
  9. iCloud Driveの保存しているアプリ(音楽や動画などの大きいサイズ)のデータを削除するか移動するなど。

パート2 iOS 14にアップグレードする前に、iPhoneのデータをバックアップする方法

`iOS 14にアップグレードする前に、iPhoneのデータをバックアップすることが重要です。

そこでオススメなのは、簡単操作でストレスフリーなデータ復元ソフトのDr.Fone (ドクターフォン) - iPhoneデータバックアップ&復元がオススメです!

弊社のDr.Foneは、スマホに特化した便利機能を単品でも購入できるので、必要な機能を必要な分だけ購入できるので安心です。今回のようなバックアップに必要なのは、「iPhoneデータのバックアップ機能」です。

ステップ1:Dr.Foneのメイン画面から「スマホデータバックアップ」機能をクリックします。

「スマホデータバックアップ」機能をクリック

ステップ2: バックアップしたいデータのタイプを選択してください。

バックアップしたいデータのタイプを選択

ステップ3:「バックアップ」ボタンをクリックすると、デバイス上のデータをスキャンやバックアップし始めます。

データをスキャンやバックアップ


パート3 iOS 14からiOS 13にダウングレードする方法

iOS14にアップデートした後、iPhoneの動作が不安定な状態の時に、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使うのが、ストレスなく数クリックで解決します。あらゆるiosの不具合の経穴をサポートします。

iTunesを使って、iOSをダウングレードする面倒な作業を代わりに「Dr.Fone」は、iOSをダウングレードすることもできるようになりました!次は手順です。

ステップ 1 Dr.Foneを起動して、メイン画面から「起動障害から修復」機能を選択します。

「起動障害から修復」機能を選択

ステップ 2 修復用のファームウェアをダウンロードします。

復用のファームウェアをダウンロード

ステップ 3 「いますぐ修復」をクリックして、iOS 14をダウングレードします。

iOS 14をダウングレード

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iOSをアップデートしないままでiPhoneを復元する方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 14に完全対応!
Home > How-to > iOS14 > iOS 14にアップグレード後に、iPhoneで「iCloudストレージがいっぱい」と表示されてしまった時の対処法

All TOPICS