Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

airdropが使えない・起動しない不具合を修復可能

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS15】iPhoneでエアドロップが使えない・起動しない時の対処法をまとめて解説

AirDropとは、Appleデバイス間であれば無線でデータを送受信できる機能です。連絡先を知らない相手とも送受信できるため幅広い場面で使用できます。しかし上手く設定しないと、AirDropが使えなかったり起動しなかったりする不具合が起きるでしょう。

AirDropの使用方法や不具合の対処方法について解説します。もしもソフトウェアに問題がある場合は、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」で安全に対処しましょう。


【エアドロップ】AirDropの使い方

エアドロップ

AirDropの使い方を解説します。送信側と受信側で設定が必要なため、それぞれ順番に実施しましょう。

1.AirDropを使用する準備

AirDropを使用するには、まずコントロールセンターからBluetoothやWi-Fiをオンにする必要があります。共通のネットワークで送受信するためです。Wi-Fi環境がない場所ではBluetoothがよいでしょう。

2.AirDropを使用する相手を決める

通信環境の設定に続けて、コントロールセンターでAirDropをオンにしましょう。この時、アイコンを長押しすると設定画面から送受信の相手を決定できます。「連絡先のみ」では、連絡先に登録した人と限定で送受信可能です。未登録の場合は、「すべての人」に設定しましょう。

3.AirDropで送受信する

送信したいデータを長押しし「共有」を選択します。送信可能な相手のアイコンが表示するので選択しましょう。受信側には送信されたデータの通知が届きます。受信する場合は「受け入れる」を選択すると受信完了です。

iPhoneでAirDropが使えない・起動しない時の対処法

iPhoneでAirDropを使えない、または起動しない時の対処法を紹介します。設定の問題であれば簡単に対処可能です。しかし、iPhoneのシステムウェアに問題がある場合は特殊な操作が必要です。

対処法1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」で使えない・起動しないiPhoneを修復

ios system recovery standard mode

iPhoneのiOSに問題があり、AirDropの機能自体が対応しない場合が考えられます。AirDropが起動すらしなくなるため、新しくiOSを更新しましょう。

 「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は簡単な操作で迅速に対処可能です。また、AirDropの問題程度であれば「スタンダードモード」でデータの損失なく解決可能でしょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使い方は以下のとおりです。

手順1.iPhoneをパソコンに接続し、Dr.Fone(ドクターフォン)を起動して、メイン画面から「起動障害から修復」機能を選択します。

修復を選択

手順2.左側の「iOS修復」をクリックし、「スタンダードモード」を選択します。

修復モード

手順3.iPhoneをリカバリモードにした後、対応のファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

手順4.「ダウンロード」が完了後、「今すぐ修復」ボタンをクリックして、しばらくすると、修復が完了します。

起動障害から修復

もっと詳しい操作方法はこちら「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」」の操作ガイドでチェック。

対処法2.受信側の受信設定をチェックする

受信者の受信設定が「受信しない」に設定されている場合に発生します。また、連絡先を登録していないにもかかわらず「連絡先のみ」に設定している場合にも使用できません。そんな時は受信者の受信設定から「すべての人」に設定しましょう。

対処法3.双方の通信環境をチェックする

通信環境が適切でない場合が考えられます。送信側がBluetooth、受信者側がWi-Fi経由に設定している、またはその逆の場合に起こります。当然ながら、別々のネットワークなので送受信できません。双方の通信環境をコントロールセンターから同一にしましょう。

対処法4.Wi-Fiの電波環境がよいところに移動する

Wi-Fiの場合は電波のよいところで通信しましょう。とくに大きなデータを送受信する場合には重要です。送受信できたとしても、長時間その場に留まらなければならない可能性があります。Wi-Fiの電波が弱い場合は電波の強い場所に移動するか、Bluetoothで通信しましょう。

対処法5.iPhoneの「ネット共有」をオフにする

双方のどちらかでiPhoneの設定にある「ネット共有」がオンになっている場合が考えられます。コントロールセンターから「インターネット共有」をオフにしましょう。一方でもオンになるとAirDropが使えないため、双方でチェックが必要です。

まとめ

AirDropについて、使用方法や不具合の対処方法を解説しました。主な原因は双方での設定ミスでしょう。上手く設定しないと、AirDropが使えない不具合が起きます。

 もしもソフトウェアに問題がある場合はAirDropが起動すらしません。そんな時は「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」がおすすめです。大切なデータを守りながら安全に対処しましょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

Home > How-to > iPhone起動しない > 【iOS15】iPhoneでエアドロップが使えない・起動しない時の対処法をまとめて解説

All TOPICS