iCloud 写真共有:iCloudの写真共有についての紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iCloud写真共有についてですが、どこでもどの端末でも写真を見れるようにしたいと思っている方多いと思うのですが、その時の欠かせないのがiCloudで写真を共有するという事になります。

iCloudの写真共有できない?iCloudの写真共有する方法の紹介

iCloudはサーバーにデータを保存するサービスで、IDとパスワードさえあればどの端末やどこでもネット環境があれば共有できるシステムなのです。 そのため、写真好きにはたまらないシステムなのですが、そんな便利なiCloudでも写真が共有できないという状態が発生するのです。

その例を挙げますとIDとパスワードを忘れたり、iCloudのデータを誤削除してしまった場合等様々な要因が考えられるのです。 iCloudはサーバー上でデータを保存するので、何があってもおかしくない状態が作られているので、接続できなくなるという事も考える必要があるのです。

iCloudの写真

iCloudの写真共有のメリット:空き容量を確保できます

iCloudの写真共有を使えば、自分で選んだ家族や友人とだけ写真やビデオを共有でき増す。またiCloudで共有している写真はサーバーじょうにあるため、色々な要素を考える必要があるのですが、やはりiCloudで写真共有すると本体の内蔵ストレージの容量を増やす事ができるので利用したいサービスなのです。

特にスマートフォンやタブレットは内蔵ストレージの容量が決まっているので、写真を沢山撮っているとすぐに容量が足りなくなるという事態を作ってしまうのです。 iCloudで写真を共有する方法はこのように魅力的な部分と少し悩める部分があるので、少し戸惑ってしまう部分があります。

ソフトを起動容量を確保

iPhoneより多くの空き容量を確保

iCloudで写真を共有しないと容量を空けられないというわけではなく、wondershareの「dr.fone - iPhoneデータの消去」というソフトにあるスマホデータ完全消去とクリーンアップという機能を使用すると余計な分を空き容量として上げる事が可能になります。

ステップ1:まずソフトとしてパソコンにインストールして起動します。


ステップ2:メイン画面の「消去」機能をクリックします。

「消去」機能をクリック

iOSデバイスをPCに接続します。

「消去」機能をクリック

「データを完全消去」モードをクリックします。

「データを完全消去」モードをクリック

ステップ2:iPhoneデバイスが認識された後、「消去」ボタンをクリックします。

「消去」ボタンをクリック

ステップ3:表示された画面に「消去」という文字を入力します。

「消去」という文字を入力

ステップ4:iOSデバイスのデータを消去しています。

消去中

またiCloudにデータを移行するので完全に端末からデータを削除しいと考えた場合は「dr.fone - iPhoneデータの消去」という機能を使用して削除していきます。

iCloudで写真を共有して容量を空ける方法を利用すると空き容量をしっかり空ける事が出来ますし、iCloudで写真が共有されない場合の対応もしっかりと対応できます。特にiCloudの写真を共有する場合のpcはiCloudで写真を共有するwindowsというOSでも可能になります。iPhoneより多くの空き容量を確保したい場合、「dr.fone - iPhoneデータの消去」にお任せ!無料体験があります。

dr.fone - iPhoneデータの消去

iPhoneデータを完全消去するソフト

  • お客様のiPhone・iPad・iPod touchデバイスからすべてのデータを簡単に削除します
  • 簡単な操作でiPhoneデータを消去
  • データを永久に削除
  • どんな復元ツールでも復元できない
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iCloud復元 > iCloud 写真共有:iCloudの写真共有についての紹介

All TOPICS