Dr.Fone - スマホ管理

あなたの専属データマネージャー

  • iPhone/iPadの連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオを転送。
  • データを自由にエクスポート、追加、削除。
  • あらゆるiOSデバイスに対応。
  • iTunesを使わなくてもデータをiOSデバイスとPC間で転送可能。
  無料ダウンロード   無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで転送可能
「スマホ管理」を動画で見る

MacパソコンでiTunesとiPhoneを同期できない時の対処法をご紹介!

akira

•カテゴリ: iPhoneデータ転送

iTunesはiPhoneのメディアファイルの管理、同期ができるツールです。iOSアップデートもできるため、標準ツールとして使用する方も多くいるでしょう。

 同期はiTunesとiPhoneを接続すると自動で実行します。しかし、何度接続しても同期されないといったトラブルもよく耳にします。同期できないと不便な思いをするでしょう。

 本記事では、iTunesとiPhoneを同期できない理由と対処法をご解説します。また、iTunesの代替として使用できるソフトもご紹介しますので、ぜひお役立てください。 

MacパソコンでiTunesとiPhoneを同期できない理由

MacでiTunesとiPhoneを同期できない理由はいくつかあります。iTunes側の問題、iPhone側の問題、または接続方法の問題などさまざまです。同期できない理由を理解して、正しく対処しましょう。

理由1.最新バージョンを使用していない

MacやiTunesのバージョンが古いと、同期できない可能性があります。iPhoneの場合はiTunesでアップデートするため、極端に古いOSでない限り可能性は低いでしょう。アップデート情報があれば事前に通知があります。つい後回しになりがちなアップデートですが、最新に保つことでトラブルなく同期できます。

 理由2.iPhoneの「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしていない

iPhone側で「iCloudミュージックライブラリ」がオフでなければなりません。単純な理由ですが、意外にも見落としてしまう方の多い理由の一つです。

理由3.iPhoneの容量に空きがない

iPhone側の容量に空きがない場合、同期できません。写真や動画を撮影していると、すぐに空きがなくなります。容量に余裕があるか注意して同期しましょう。

理由4.きちんと接続されていない

きちんと接続できないと同期できません。ひどい場合にはiTunesにiPhoneが認識されないでしょう。接続方法には、ケーブルで接続する方法とWi-Fiで接続する方法があります。途中で切断したり、認識しなかったりする場合は、接続方法をチェックしましょう。

iTunesとiPhoneを同期できない場合の対処法とは?

iTunesとiPhoneを同期できない場合の対処法をいくつかご解説します。同期できない理由から、iTunes、iPhone、接続方法を対処しましょう。

対処法はいくつかあります。すぐに解決できない場合や、正直いうと面倒に感じる場合もあるでしょう。そんな方におすすめするソフトが「Dr.Fone − iPhoneスマホ管理」です。iTunesの代替ソフトとして使用できるため、合わせてご解説します。

対処法1.「Dr.Fone − iPhoneスマホ管理」を使う方法でiTunesとiPhoneの間でファイルを転送する

「Dr.Fone − iPhoneスマホ管理」はiTunesの代替ソフトとして使えます。iTunesとiPhoneの間でメディアファイルの転送はもちろん、プレイリストの編集や転送も可能です。画面表示が図解でわかりやすく、必要な操作が最低限に抑えられます。

wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし

iPhone/iPad/iPodとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送できる「Dr.Fone - iPhoneスマホ管理」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

対処法2.最新バージョンを使用する

MacやiTunesのバージョンを最新に保ちましょう。Appleのサポートページでチェックできます。また、通知されるアップデート情報は見落とさないよう注意が必要です。通知された時点でアップデートするか、あとになる場合は忘れないようにリマインダーで計画するとよいでしょう。

対処法3.iPhoneの「iCloudミュージックライブラリ」をオンにする

iPhone側で「iCloudミュージックライブラリ」をオンにしましょう。iPhoneの「設定」から「ミュージック」を選択すると、「iCloudミュージックライブラリ」をオフにできます。

対処法4.きちんと接続されているかチェックする

接続方法によって対処法が変わります。ケーブルで接続する場合は接触不良がないか、通信用ケーブルでないかをチェックしましょう。Wi-Fiで接続する場合は、iTunesの「概要」から「Wi-Fi経由でこのデバイスと同期」を適用する必要があります。

iTunesとiPhoneを同期できない場合、「Dr.Fone − iPhoneスマホ管理」はおすすめ!

本記事では、iTunesとiPhoneを同期できない理由と対処法をご解説しました。iTunes、iPhoneの設定や接続方法が主な理由です。発見するまで大変ですが、一つずつチェックしましょう。

また、「Dr.Fone − iPhoneスマホ管理」をご紹介しました。面倒な設定や容量制限を気にせず転送できます。iTunesでできることがほとんど可能であり、非常に使いやすい、おすすめの代替ソフトです。ぜひお役立てください。

Dr.Fone-iPhoneデータ転送

Dr.Fone-iPhoneデータ転送(Dr.Fone - iPhoneスマホ管理)

iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送

  • iPhone、iPadの間に連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどを転送
  • エクスポート、追加、削除などの操作でiPhone、iPadのデータを管理
  • iTunesなしでiPhone、iPadのデータをパソコンに転送・保存
  • iOS 14.6に完全対応
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneデータ転送 > MacパソコンでiTunesとiPhoneを同期できない時の対処法をご紹介!

All TOPICS