ipadのキャッシュ を削除する方法の紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

ipadのキャッシュを削除しなければいけない理由

ipadを使っていると急に動きが遅くなることを経験したことはありませんか。 必要のないデータは注意して削除しているのに、なぜだろうと思っている人も多いのではないでしょうか。

データを削除するだけではipadの操作速度は速くなりません。サイトにアクセスしたりした場合、キャッシュエリアがあって、その中に過去にアクセスしたサイト情報を蓄積しています。

蓄積されたipad内から情報を選んで表示させるようにしています。 キャッシュ内のデータが増えれば増えるほど速度が低下していきます。 そこで、速度を早くするためには、キャッシュデータを削除する必要があります。 Ipadのキャッシュデータを削除して処理速度を上げることができます。 その方法について詳しく見ていきます。

iPad

iPadのキャッシュを削除する方法

ipadの使用情報を把握する

ipadの使用状況を把握するには、「設定」―>「一般」―>「情報」の順番でタップしていきます。

仕様情報を見ることができます。そして、「設定」―>「一般」―>「使用状況」の順番でタップしていくと、もっと詳細のアプリの使用容量などを見ることができます。twitter、safari・chromeなどたくさんのアプリを使っていて、データが肥大化している物があるはずです。 その肥大化しているアプリのキャッシュを削除すれば速度も速くなり使い勝手も良くなります。

ipadのキャッシュを削除する方法

肥大化してしまったアプリのキャッシュを削除するやり方を紹介します。 これさえ知っていれば、キャッシュの削除は簡単にできるので、速度が遅くなっても安心です。

Safariを使ってキャッシュデータを削除する方法を見ていきます。 Cookieを削除する場合は、「設定」->「safari」の順番にタップしていきます。 「履歴と Web サイトデータを消去」をタップして閲覧履歴、Cookie、閲覧データを削除します。

他にCookieを削除して閲覧情報を残したい場合は、「設定」>「Safari」>「詳細」>「Web サイトデータ」の順番にタップしていき、「全 Web サイトデータを削除」をタップして削除します。Cookieをブロックして、サイト履歴を残さないで容量を消費しないようにすることができます。

通常サイト訪問をした後に同じサイトを訪問しようとしてアクセスした場合は、キャッシュに残っている情報をもとにサイトを開きます。 そうすることで表示時間を短縮できます。 この場合にはデメリットもあります。

キャッシュに訪問したサイト情報が蓄積されていくので、ストレージ容量を使ってしまいます。 サイトをキャッシュしないようにブロックすることで、容量を浪費しないようにすることができます。 他に容量を減らすにはアプリを使って減らすことができます。

DropBoxというアプリを使うと無駄に使用しているキャッシュを簡単操作で削除できます。 DropBoxを使ってキャッシュを削除する場合は、アプリを起動後、「最近」をタップします。 次に画面右上の歯車アイコンをタップします。

設定画面が表示されるので、下にスクロールして「キャッシュを消去」があるので、タップします。 「キャッシュを消去しますか?」と表示されるので、「キャッシュを消去」をタップしMP4あす。 するとキャッシュを消去中とポップアップ画面が表示されてキャッシュの消去が行われます。 キャッシュの消去が完全に終わると、画面が通常のメニュー画面に切り替わるので、そこで終了ということになります。

このように2つのキャッシュデータの削除方法を紹介してきましたが、他にもいくつかキャッシュデータを消去する方法はあります。 自分が一番使いやすいキャッシュデータの削除方法を利用することをおすすめします。

dr.fone-iPhoneデータの消去

iPhoneの連絡先を完全に削除できるソフト

  • iPhone・iPad・iPod Touch上の個人情報を消去します
  • 簡単・迅速・効率
  • 消去したいデータを選択して消去
  • データを完全に削除
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ消去 > ipadのキャッシュ を削除する方法の紹介

All TOPICS