Dr.Fone - GPS変更

iPhoneのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「GPS変更」を動画で見る

スマホ位置情報を偽装したい?最新のiOS14/iOS15で位置偽装する方法

藤原 弘子

•カテゴリ: iPhone GPS変更

ポケモンGOやドラクエウォークなどをプレイしていると、目当てのキャラクターが出なくてイライラしたことはありませんか?この手のゲームは、GPSと連動して地域によって出現するキャラクターが変わる仕様になっているため、スマホを持ってあちこち歩きまわらなければならないのが難点になることがあります。このような場合の抜け道として使われるのが「位置偽装」と呼ばれる技術です。今回は、iPhone位置情報偽装とは何か、位置偽装のリスク及び位置情報偽装ソフトをまとめてご紹介します。また、現時点、本記事に使われているiPhone位置情報偽装のソフトは最新のiOS15に対応済みです。


Part1 そもそも位置偽装とは?位置偽装のリスクとは?

位置偽装とは?位置偽装の概念を解説   

位置偽装とは、簡単に言うとスマホ内のGPSをごまかして、スマホの位置が本来の位置とは別の場所にあるかのように装うことです。そもそもGPSとは、地球の衛星軌道上を周回しているGPS衛星と呼ばれる人工衛星から発せられる電波をスマホやカーナビなどの端末に組み込まれた受信装置が受信し、その電波を元にして受信装置が現在ある場所や時間、特定の場所からの距離などを計算して現在位置を算定する仕組みになっています。

そこで、スマホに位置偽装用のアプリをインストールすると、アプリが受信装置が計算したデータを改ざんして、算定結果である位置情報を任意の位置に変更することができるわけです。この位置偽装は、上述したARゲームで特定のキャラクターを入手するために使われる以外にも、自分のいる場所を第三者に知られたくないなどの理由で使用される場合があります。ゲームの攻略や個人情報の保護など、メリットも大きい手法なのですが、その分リスクも存在します。

位置偽装のリスクとは?

そもそも、位置偽装をおこなうことは違法にはならないものの、グレーゾーンであるとされています。特に上述のゲーム目的の場合はチート行為とみなされることも多く、ゲームによっては最悪BANされる可能性もありますので、ゲームで位置偽装をおこなう場合はそれに留意した上で使用しなければなりません。

また、位置偽装用のアプリの中にはそれを利用する人を狙った悪意のあるものも紛れていて、アプリを使用することで知らないうちに個人情報を抜き取られたり、アカウントを乗っ取られたりしてしまう場合があります。位置偽装アプリを導入する場合、このような事態に陥らないように慎重にアプリの比較や検討をおこなわなければなりません。

Part2 iOS14/iOS15でも使える位置偽装ソフトは?

現在リリースされている位置偽装用のアプリは多くがandroid向けで、iOS向けのアプリはあまり数は多くありません。その中で、iOS14向けの位置偽装アプリとしておすすめなのが、「Dr.Fone - GPS変更」です。「Dr.Fone」はiPhoneやiPad、iPod touchなど、iOS系の端末ならすべてに導入可能です。操作方法も簡単です。

無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし

1.位置偽装の前、「Dr.Fone - GPS変更」を起動する。

iPhoneをコンピューターに接続します。「GPS変更」を選択して「開始」をクリックします。

位置偽装の前、「dr.fone-GPS変更」を起動

2.iOSの現在地を確認する。

マップを開いて現在の位置情報を探してください。場所が正確に表示されない場合は、右下部分の「自己を中心に」アイコンをクリックし、正確な場所を表示します。

位置偽装ソフト「dr.fone-位置情報変更」

3.位置偽装のため、変更したい場所を入力します。

右上の「テレポートモード」アイコンをクリックして、目的地を左上のフィールドに入力し、「Go」をクリックします。今回はイタリアのローマを現在の位置情報に設定してみましょう。

位置ごまかしを実現できる「dr.fone-位置情報変更」

4.位置偽装を簡単に脱獄不要で実現!

ローマの座標と距離が表示されますので、ポップアップボックスで「ここに移動」をタップするだけで瞬時にスマホ内の位置情報が移動します。使用する端末のiOSを脱獄させる必要もなく、面倒な設定などは一切ありません。

「dr.fone-位置情報変更」で位置偽装を簡単に実現

現在の位置情報がローマにテレポートしました。「自己を中心に」アイコンをクリック、またはiPhoneで位置情報を確認する、どちらの操作を行っても位置情報はイタリアのローマに変更されています。位置情報アプリも現在位置がローマであると判断します。

また、「ウォークモード」を使用することで、二つの座標間を任意の速度で移動したようなGPSデータを作成することができます。「フリールートモード」を使うと、移動データに任意の経由地を設定することができ、より自然な移動ルートを構築することが可能です。うまく活用すると位置情報だけでなく、歩いた距離やルートまで「偽装」できてしまいます。無論Dr.Foneは他にも様々な機能が搭載されているので、単にスマホのユーティリティアプリとして使うだけでも非常に高性能です。

Part3 iPhone位置偽装ソフトの使い方を動画でチェック!

思いのままに位置変更・位置偽装ができる「Dr.Fone - GPS変更」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。


リスクを理解した上で位置偽装を利用しよう

位置偽装アプリを使用する事によって、スマホのARゲームなどを円滑に進めることができるため、忙しくて歩き回る時間がない人にとっては非常に便利なツールです。しかし、特にゲームでの使用にはそれなりのリスクも生じるため、そうしたことをきちんと理解した上で運用する必要があります。位置偽装アプリの利用は、あくまでも自己責任の上でおこないましょう。

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の移動速度を自分で設定可能
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)    無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhone GPS変更 > スマホ位置情報を偽装したい?最新のiOS14/iOS15で位置偽装する方法

All TOPICS