Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 14.6をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

AirDropとは?AirDropの設定、使い方及び使えない時の対処法

写真などを送るのに便利なAirDropは、iPhoneユーザー同士でよく使われています。今回は、AirDropを使うための設定や使い方、もし使えない時どう対処するかについて、まとめています。

AirDropを使ってみたい、または不具合が起きて困っているという方は、ぜひ参考にしてください。

エア ドロップ ・AirDropを使う時の条件、対応デバイスと設定方法

1.AirDropとは

AirDropは、近くのAppleデバイスと、写真や動画などのコンテンツを共有できる機能です。コンテンツを送るには、Wi-FiBluetoothを使用するので、ケーブルを使った直接の接続が必要なく、手軽に使えるのが特徴です。

ただし、「すべての人」から受信する設定だと、知らない人から不快な写真が送られる可能性もあるので、注意しましょう。

2.AirDropを使う条件

AirDropを使うには、以下の条件があります。

  • Appleデバイス同士である
  • お互いのデバイスがBluetoothや共通のWi-Fiを有効にし、通信できる
  • デバイス同士の距離を約9m(Bluetoothが届く距離)以内に近づける
  • 受信設定を通信相手に合わせて「すべての人」または「連絡先のみ」にしている
  • iCloudにサインインしている

3.AirDropの対応デバイス

対応しているデバイスは、以下の通りです。

  • iPhone5以降の機種(iOS7以降を搭載)
  • iPad4世代以降
  • iPad mini/Air/Proすべての機種
  • Mac PCのうちOS X Yosemite以降搭載モデル(iOSデバイスと通信する場合)

4.AirDropの設定方法

コントロールセンターの左上(機内モードやWi-Fiなどがあるところ)を長押しすると、AirDropの設定を確認・変更できます。

その他、「設定」アプリから変更する方法は以下のとおりです。

  1. ホーム画面→「設定」を開く
  2. 「一般」→「AirDrop」を選択
  3. 「受信しない」になっている場合は、「すべての人」か「連絡先のみ」に変更

受信設定については、不快なファイルの受け取りを防ぐためにも、普段は「連絡先のみ」か「受信しない」にしておくと良いでしょう。

AirDropの使い方

1.送信できるもの

AirDropで送信できるのは、以下のものです。

  • 写真、動画
  • Webサイト、YouTubeなどの共有リンク
  • 自分のiPhoneにあるアプリの情報
  • メモなどの書類情報
  • 位置情報

上記は一例で、その他にも様々なものが送受信できます。

基本的に、「共有」ボタンが表示されるものであれば、AirDropで送信できます。

2.AirDropでファイルを送信する方法

AirDropでファイルを送信する手順は、以下の通りです。

  1. 写真やWebサイトなど送信したいものを表示し、「共有」ボタンを押す(スマホアプリを共有するときは、アプリを長押しで表示できます)
  2. 共有メニューから「AirDrop」を選択、なければ右にスライドして「その他」から探す
  3. 送る相手のデバイス名をタップ
  4. 「送信済み」と表示されたら完了

時間がかかるときはありますが、他のアプリを操作しながらでも問題ないので、気長に待ちましょう。

3.AirDropでファイルを受信する方法

AirDropでファイルを受信するときは、設定に注意しましょう。

「受信しない」設定だとファイルが受け取れないので、事前に「すべての人」または「連絡先のみ」に変えておく必要があります。

また、デバイス名は、「設定」→「一般」→「情報」の[名前]に書かれているので、相手に伝えて送信してもらいましょう。

ファイルが送られてきたら「受け入れる」をタップして完了です。

AirDropが使えない・起動しない時の対処法

AirDropが使えないときは、iPhoneで何らかの不具合が起きている可能性があります。そんなときは、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」のスタンダードモードでデータを損失なく修復しましょう。

このツールは、iPhoneの不具合修復に特化したツールで、簡単な手順だけで、AirDropが使えない不具合も解決してくれます。iOSの不具合修正には、バックアップ復元といったデータに関わる方法を使うことも多く、iPhoneの既存データを危険に晒す可能性もあります。

しかし、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」のスタンダードモードは、データを守りながらトラブルを解決できるので、安心して使えます。不具合が起きたときは、Dr.Foneにおまかせして、完全に修復してしまいましょう。

100%安全・安心 | マルウェアなし

iPhoneアップデートエラーを復元できる「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

まとめ

今回は、AirDropの設定や使い方、使えないときの対処法について解説してきました。

この先、iPhoneのあらゆる不具合を直すためにも、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を導入しておくと良いでしょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOSに完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneフリーズ復元 > AirDropとは?AirDropの設定、使い方及び使えない時の対処法

All TOPICS