Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iPhone13の充電できない・起動できないを修復

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iPhone不具合解消】iPhoneが充電されない!?充電マークがでたままな時の対処法

iPhoneを使っていれば、毎日当たり前のように充電していると思います。しかし、急に充電できなくなるときもあり、生活必須アイテムともいえるiPhoneが故障したのではと心配になります。そんなとき、意外にiPhone本体の他に原因があることも多く、焦らずに対処していけば解決できます。

今回は、iPhoneが充電されないときの主な原因や、その対処方法について、まとめました。iPhoneがうまく充電されなくて困っている方は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneを充電してもiPhoneマークが出たまま、充電されないー主な原因は?

iPhoneが充電できない主な原因は、以下のようなものが挙げられます。

  • 充電ケーブルが断線したり、劣化したりしている
  • コンセント(電力供給元)に異常が起きている
  • 充電口にゴミや水分が付着している
  • iPhoneが熱暴走して、充電が追いつかない
  • バッテリーの劣化で、十分な充電ができない

この中でiPhoneの修理・交換が必要なのは、バッテリーの劣化のみです。

特に何年も使っていたり、その状態で電池消費の多いアプリを使っていたりすると、充電が追いつかなくなる可能性があります。画面の明るさを下げ低電力モードにしても動かない、一切充電が進まないとなれば、バッテリーを交換すべき合図でしょう。

普段からバッテリーを長持ちさせるために、「高温状態で放置しない」「電源が切れるまで使ったり100%まで充電したりしない」というコツもあります。特に充電しながら長時間放置したり、直射日光が当たる場所に置いたりしている場合は、劣化を早めることもあるので気をつけましょう。

残りは以下の対処方法で解説します。

iPhoneを充電してもiPhoneマークが出たまま、充電されない時の対処法

①充電環境のチェック

充電コードなど、端子が原因のことも多いので、以下の要素を確認しておきましょう。

  • コードが断線していないか

断線しているのであれば、新しいコードを購入しましょう。

  • 充電アダプタが劣化していないか

他のUSB-Cなどのコードを接続して、別の機種を充電してみましょう。

問題があれば、充電アダプタが劣化している可能性が高いので、買い替えをおすすめします。

  • コンセントの不具合

コンセントや延長コードなど、電力供給元に不具合がないか確認しましょう。

延長コードがしっかりと挿さっていないことはよくあります。

  • iPhone側の充電口にゴミや水分がついていないか

iPhoneの電源を切った後、汚れているのであれば眼鏡のクロスなどで優しく手入れし、水分がついているのであればしばらく乾かしておきましょう。

  • iPhoneが熱くなっていないか

iPhoneが熱くなっていると、バッテリーに大きな負荷がかかり、充電が遅くなりがちです。

その場合は、充電の前に端末を冷やす必要があります。重くなる原因のアプリを閉じるか電源を切り、ケースカバーをとった上で机などひんやりとしたところに置いたのち、10分も待てば十分です。端末が通常の温度になったら、アプリは開かずに、再度充電してみましょう。

②再起動

iPhoneのアップデート直後など、なんらかのシステムバグのせいで充電できないことがあります。

その場合、再起動で直ることも多いので、ひとまず試してみましょう。また、システムのバグは、次に紹介する不具合修復ツールで改善させることができます。

再起動でも改善しないときは試してみると良いでしょう。

③「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」のスタンダードモードでデータを損失なく修復

iPhoneが充電できないとき、画面表示のバグやiOSの不具合など、システムの不具合が原因でうまくいっていないことが多々あります。

そんなときは、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」で簡単にiPhoneの不具合を修正しましょう。Dr.Foneは、画面のバグといった単純な不具合から、フリーズやリカバリーモードのような致命的な不具合まで、誰でも簡単に直せるよう開発されたツールです。

100%安全・安心 | マルウェアなし

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」のスタンダードモードを使えば、データを失うこともなく、たくさんのiPhoneの不具合を修復してくれます。

iPhoneは、アプリのバグから端末本体の異常まで、様々な不具合が起きやすいので、いつでも対処できる手段があれば安心です。iPhoneに困ったことが起きたら、Dr.Foneにまかせて端末を修復しましょう。

まとめ

今回は、iPhoneが充電されない原因や、その対処方法について、解説してきました。

できるだけ多くのバグに迅速に対処するためにも、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を導入してみてはいかがでしょうか。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • iPhoneが充電されない、起動できないなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > 【iPhone不具合解消】iPhoneが充電されない!?充電マークがでたままな時の対処法

All TOPICS