Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

使用できないiPhone・iPadを修復

  • iPhone&iPadのロックをたったの数回のクリックで解除。
  • 専門知識不要。誰でも簡単に扱えます。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
  • iOS11.4以前のデバイスのAppleIDを解除可能。
  無料ダウンロード   無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで解除可能
「ロック解除」を動画で見る

iPad不具合修復-「iPadは使用できませんiTunesに接続」と表示された場合の対処方法

「iPadは使用できませんiTunesに接続」と突然表示された経験はないでしょうか。解決しないと文字通り、いつまでもiPadを使用できません。いままで使用していたiPadが急に使用できなくなる、非常に厄介なトラブルです。

今回は「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示される原因と解決方法を解説します。複雑な操作が苦手な方には「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」が有効です。簡単で素早く対処できるため、早くから本ソフトを使用するのが賢明な判断でしょう。

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示される原因とは?

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示される原因はパグや不具合ではありません。第三者がiPadを使いプライベート情報の閲覧や悪用防止、機能制限などを施します。そのため持ち主のみが知りうるパスコードを要求することは、セキュリティ上の正常な働きです。「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示される原因を紹介します。

1.パスコード入力を10回連続でミスした場合

「iPadは使用できませんiTunesに接続」のメッセージは、1度の入力ミスでは表示しません。入力ミスが続くとセキュリティ機能が働き、6回目以降のミスから1〜60分の使用制限がかかります。そして10回目の入力ミスが発生した時点で「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示。どれだけ時間を空けても操作を受け付けません。

これはパスコードを連続で入力ミスしたため、iPad側が「第三者が使用しようとしている」と認識したためです。再び使用可能にするためには、さらに信頼のあるPCと接続しましょう。主にiTunesから解除すると使用可能です。

2.パスコードを忘れてしまった場合

そもそもパスコードを入力ミスしなければ、「iPadは使用できませんiTunesに接続」のメッセージは表示されません。しかしパスコードそのものを忘れた場合には、iPadの一切の機能を使用、閲覧できなくなるでしょう。「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示することと同じ意味をもつため、パスコード忘れも原因の一つとします。

パスコードとは?

パスコードについて詳しく解説します。よく耳にする言葉に「パスワード」があり、同じような役割をもつため混同しがちです。パスコードの種類や設定方法を知りましょう。

1.パスコードの種類、パスワードとの違いを解説

パスコードとはデフォルトが6桁からなる数列です。主な使用用途は、誤用やセンシティブコンテンツの閲覧防止としての機能制限用パスコート。さらに悪用やプライバシー保護としてアプリを制限するアクセスガイド用パスコードと、iPadそのものを使用制限する通常パスコードの3種類に分かれます。どれもセキュリティ対策として便利な機能です。

パスワードもほぼパスコード同様の目的から使用します。デフォルトが6桁の英数字からなり、アルファベットを含むだけあり強固なセキュリティ保護が可能です。特定の機能やサービスの認証などを使用する際、登録したユーザー情報と一致させるための合言葉として使用します。

2.機能制限用パスコードの設定方法

機能制限用パスコードの設定方法は以下の通りです。

  • 手順1.「設定」アプリを起動し「一般」を選択する
  • 手順2.「機能制限」を選択し、「機能制限の設定」を選択する
  • 手順3.新しく設定するパスコードを2回入力する
  • 手順4.機能制限のオン、オフを設定する

3.アクセスガイド用パスコードの設定方法

アクセスガイド用パスコードの設定方法は以下の通りです。

  • 手順1.「設定」アプリを起動し「一般」を選択する
  • 手順2.「アクセシビリティ」から「アクセスガイド」に進み、機能をオンにする
  • 手順3.「アクセスガイドのパスコードを設定」から各種設定する

4.通常パスコードの設定方法

通常パスコードの設定方法は以下の通りです。「Face ID機能」と「Touch ID機能」、「認証機能なし」の3種類の機種によって選択方法が変わります。

  • 手順1.「設定」アプリを起動し「一般」を選択する
  • 手順2.「Face IDとパスコード」(または「Touch IDとパスコード」、「パスコード」)を選択する
  • 手順3.「パスコードをオンにする」を選択し、パスコードを2回入力し設定する

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示された場合の対処方法

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示された場合の対処方法を紹介します。iPadが使用できなくなった際に有効な方法です。

現状、必ずデータが削除されます。バックアップした上で試してみましょう。バックアップにはiCloudサービスやiTunes、外部ハードディスクなどを利用すると便利です。

1.「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」を使う

あらゆるAppleデバイスのロック解除に対応するソフト「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」を紹介します。もちろんiPadにも対応可能です。使いやすい操作画面で、簡単にロック解除できます。

無料ダウンロード(Win版)  無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで解除可能

「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」の使用方法は以下の通りです。(iPhoneとiPadの操作方法は同じです。)

手順1.「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」から「iOSロック解除」を選択する

「iOSロック解除」を選択

手順2.PCとiPadを接続し、画面のガイドに沿ってリカバリー(DFU)モードにする

画面のロックを解除したいiPhoneをリカバリーモードにする

手順3.iOSデバイス情報を選択しファームウェアをダウンロードする

画面がロックされたiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定

手順4.ファームウェアがダウンロード完了後、「今すぐ修復」をクリックすれば、修復が開始

画面がロックされたiPhoneのフォームウェアーをダウンロード

暫く待ちますと、使用できないiPadが正常に使えるようになります。

2.iTunesを使う

「iPadは使用できませんiTunesに接続」のメッセージ通り、iTunesに接続してロック解除します。以前にバックアップファイルを作成した場合や自動同期をオンにしていた場合は、復元機能でデータ削除せず解決可能です。

iTunesの使用方法は以下の通りです。

  • 手順1.PCとiPadを接続し、iTunesを起動する
  • 手順2.「iPadを復元」を選択し、「復元」を選択して開始する
  • 手順3.ロック解除が完了
  • 手順4.バックアップファイルがある場合、さらに「このバックアップから復元」を選択してデータを復元

3.iPadを初期化する

本体設定やデータなど、すべての記憶を初期化します。前述のiTunesでバックアップファイルがなかったり、作成できなかったりした場合に使用する方法です。工場出荷時状態になるため最終手段として覚えましょう。

iPadの初期化方法は以下の通りです。

  • 手順1.電源ボタンとホームボタンを長押ししたまま、iPadを起動する(Face ID搭載機種は電源ボタンと音量ボタンの一方を同時押し)
  • 手順2.PCとiPadを接続し、iTunesを起動する
  • 手順3.iTunesで「復元」を選択、「復元とアップデート」を選択すると初期化完了

まとめ

「iPadは使用できませんiTunesに接続」が表示されるiPadのトラブル。その原因や解決方法、パスコードの仕組みを解説しました。どの方法も基本的にはデータを失うため、必ずバックアップファイルを作成しましょう。

また今回紹介したソフト「Dr.Fone - iPhone画面ロック解除」は、簡単で素早く解決できます。早急にiPadを使いたい方におすすめのソフトでしょう。

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

Dr.Fone - iPhone画面ロック解除

5分でiPhoneやiPadのロック画面を解除します。

  • たった3つのステップでiPhoneやiPadのロック画面を解除
  • iPhoneやiPadから画面ロックのパスワードを解除
  • 専門知識は全く必要なし
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで解除可能
Home > How-to > iOS画面ロック解除 > iPad不具合修復-「iPadは使用できませんiTunesに接続」と表示された場合の対処方法

All TOPICS