× virtual-location

位置情報を収集する5つのアプリと位置情報追跡への対応策

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Feb 10,2020 •カテゴリ: iPhone GPS変更

スマートフォンのアプリは、ゲームから動画編集、音楽に位置情報など、ジャンルは多岐にわたり私達の生活に欠かせません。アプリを利用する際は、必要に応じてデータを収集される事になります。今回は、5つのアプリについてデータを収集する方法と、追跡されない5つの方法を紹介します。

位置情報を収集する5つのアプリ

現在数多く使用されているアプリから、5つピックアップしてデータ収集の方法とその内容を紹介します。

1、友達を探す

【Wi-FiをONにする】

高精度の位置情報を取得するには、端末の設定→Wi-Fiの順にタップでONにします。

【位置情報を利用可能にする】

地図上で自分の位置を把握する為に、端末の設定→プライバシー→位置情報サービスの順にタップします。

続いては、一覧から「友達を探す」をタップして「このAppの使用中のみ許可」にチェックします。

【位置情報の共有】

位置情報の共有は、iOSかアプリのどちらかで設定します。iOSの手順は、設定→プライバシー→位置情報サービス→自分の位置情報を共有の順にタップします。そして、最後に位置情報の共有をONにします。アプリでは、起動後に下部の自分をタップして自分の位置情報の共有をONにします。

iPhoneの位置情報を変更しながら家族や友達に共有するのは面白いと思う人もいるでしょう。「dr.fone - GPS変更 (iOS)」(無料ダウンロード)を使ってください。

GPS位置変更

2、Life360

【位置情報の共有】

アプリにてアカウント登録時に、位置情報の共有を常に許可する→「分かりました」を選択します。

この時、常に許可する以外を選択するとアプリが正常に機能しないのでご注意ください。

【ホームの登録】

自宅の住所や職場、学校などを登録するにはホームを追加タップします。

対象者が登録した地点に到着すると通知が送信されます。

3、RunKeeper

【アクティビティ記録】

種類の設定は、画面下部に4つ並んだ内のアクティビティをタップします。

特徴としては、インドア系アクティビティの種類が豊富です。

【ルート】

画面下部の選択肢からルートをタップします。

サイトで登録したルートが表示されるので、トレーニングに合致したものを選択します。

【目標ペース】

ワークアウトをタップして、1km辺りの目標ペースを設定します。

すると、トレーニング中に音声フィードバックにて速いか遅れているか読み上げます。

4、Facebook

【現在地近くのお店の広告を表示】

所在地ページをアップロードすると、現在地に一番近いお店の広告を表示します。

【ネイティブの販売店情報】

これにより、広告から離れずに現在地から店舗への道順を知ることが出来ます。

【広告配信の最適化】

配信の最適化によって、来店や店舗で購入する可能性が高い利用者へ広告を表示します。

5、Instagram

【場所のタグを収集】

Instagramでは、Twitterと同様にハッシュタグを付けて投稿します。

特定の場所について情報収集する時は、地名で検索するとヒットした写真を見ることが出来ます。

【位置情報機能】

ハッシュタグの他にも、位置情報からの検索で情報収集出来ます。

位置情報が追跡されない5つの方法

私達の位置情報は、スマートフォンでサービスを利用する事で意図せずに追跡される事があります。

ついついやりがちな位置情報が追跡される行動からその対応策を考えます。

1、アカウントへログイン

FacebookやAmazonなどにログインすると、ユーザーがどこからサービスを利用しているか情報を得ようとします。

日常的にインターネットを利用する際に、現在地情報を送信したくないならVPNサービスの利用を検討して下さい。

2、画像に位置情報が追加

写真にタグを付けて投稿すると、アカウントに位置情報が紐づけられます。

誰でも見られる投稿や、自宅近くでタグ付けする際は注意です。

対応策としては、画像にタグ付けしないで投稿することです。

3、公共のフリーWi-Fiに接続する

カフェや公共施設などでWi-Fiに接続すると、あなたの位置情報が送信されることがあります。

通信制限にならない様に、外出中Wi-Fiに繋げる時は鍵付きのWi-Fiか確認してからの方がより安全です。

4、ランニングのコースを共有

フィットネスアプリでランニングコースを共有すると、ワークアウトのデータからユーザーの位置情報が特定される可能性があります。

ランニング記録をシェアする時は、アプリ内かSNSかよく考えて下さい。

5、スマホを使う

端末の位置情報を記録させない為には、iPhone/Androidにて位置情報サービスをオフにしましょう。アプリを利用する際は、端末の位置情報が追跡されない様に対策して下さい。

しかし、位置情報サービスをオフにすると、一部の位置情報アプリやゲームは使えなくなります。対応策としては、位置情報変更ツールを利用します。ユーザーの個人情報や位置情報を収集せずに、iPhoneの現在地を安全かつ簡単に変更するソフトなら、Wondershare社のソフト「dr.fone - GPS変更 (iOS)」をお勧めです。iPhoneのGPSを設定すると、1クリックで位置情報を動かせます。


「dr.fone - GPS変更 (iOS)」は現在の位置情報に基づいて居場所を変更して、歩き回らなくても位置情報アプリを楽に利用できます。初心者の方でも3ステップでGPSを変更して位置情報アプリを楽に利用できます。

ステップ 1: パソコンで「dr.fone-GPS変更」を起動します。

GPS位置変更

ステップ 2: iPhoneをケーブルでコンピューターに接続します。

GPS位置変更

ステップ 3: ご希望のモードを選択してGPSを変更します。

GPS位置変更

dr.fone - GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の仮想移動の速度を自分で設定
  • ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 位置情報を収集する5つのアプリと位置情報追跡への対応策

All TOPICS