パソコンからiPadへ音楽の入れ方

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Dec 27,2018 •カテゴリ: iPhoneデータ転送

今時、パソコンで音楽を管理している方は多いはずです。 音楽をパソコンで管理することで様々な機器に取り込むことができ、利便性に優れた特徴があります。そのため、ウォークマンやiPodなどの音楽プレイヤー以外のiPadであっても、パソコンから音楽を取り込むことができます。 しかし、どうやってパソコンからiPadへ音楽を入れれば良いのでしょうか? 今回はパソコンからiPadへ音楽の入れ方を紹介します。

パソコンの音楽をiPadに入れる他方法の紹介

パソコンからiPadへ音楽を入れる方法を2つ紹介していきたいと思います。

iTunesを利用してiPadに音楽を入れる方法

1つ目はiTunesを利用して、パソコンの音楽をiPadに入れる方法です。iTunesはAppleの公式サイトから無料でダウンロードすることができます。

itunes

パソコンの音楽をiTunesに取り込む

1. iTunesを起動し、画面左上のプルダウンリストから「ミュージック」を選択します。
2. パソコンに保存してある音楽データのフォルダーを開きます。
3. iTunesに取り込みたい音楽をドラッグします。

iPadに音楽を入れる

1. iPadをLightning USBケーブルでパソコンと接続します。
2. iTunesを起動し、画面左上にある「デバイスのアイコン」をクリックします。
3. iPadの名前をクリックし、サイドバーから「ミュージック」を選択します。
4. 上部の「音楽を同期」にチェックを入れ、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択します。
5. 下部の「アーティスト」からiPadと同期する音楽にチェックを入れ、「同期」または「適用」をクリックします。
6. iTunesのデバイス名の横と、iPadの画面上部から「同期中アイコン」が消えるまでしばらく待ちます。
7. 最後にデバイス名の横に表示される「取り出しアイコン」をクリックし、iPadをパソコンから取り外します。

以上の操作でiPadに音楽を入れられます。

Wondershare「dr.fone-データ転送 (iOS)」を利用してパソコンからiPadへ音楽を入れる手順の紹介

有料ソフトでパソコンiPad音楽転送におすすめなのが「dr.fone-データ転送 (iOS)」です。 Wondershare社が販売する「dr.fone」の一部の機能で、PCからiOSデバイスへデータ転送、PCへエクスポート、iOSデバイス間のデータ転送などを行えます。

「dr.fone-データ転送 (iOS)」は無料体験が可能です。まずは以下ダウンロードボタンをクリックして、お使いのパソコンにインストールしてお試しください。


パソコンからiPadへ音楽を入れる手順

ステップ1.「dr.fone」を起動し、メイン画面から「転送」をクリックします。

転送機能を選択

ステップ2.iPadをLightning USBケーブルでパソコンに接続します。

ステップ3. iPadが接続されたら上部にある「音楽」をクリックします。

音楽ファイルを選択

ステップ4. 転送したい音楽にチェックを入れ、「追加」アイコンをクリックします。

音楽ファイルを選択

ステップ5. 転送の完了後、iPadに転送した音楽があることを確認します。

音楽ファイルを選択

まとめ

いかがでしょうか? パソコンからiPadへ音楽を入れるには基本的にiTunesで行うことができ、大半の方はこの方法が多いと思います。他には、有料ソフトやフリーソフトを利用してiPadに音楽を入れる方法もあります。 また、「dr.fone-データ転送 (iOS)」を利用することで、簡単にiPadへ音楽を転送することが可能です。iTunesの様にややこしい操作や設定がないので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

dr.fone-iPhoneデータ転送

iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送

  • iPhone、iPadの間に連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどを転送
  • エクスポート、追加、削除などの操作でiPhone、iPadのデータを管理
  • iTunesなしでiPhone、iPadのデータをパソコンに転送・保存
  • iOS 12に完全対応
0コメント(s)
人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ転送 > パソコンからiPadへ音楽の入れ方

All TOPICS