Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneをリンゴループから復元できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正できます。
  • 誰でも数回のクリックだけでiPhoneをリンゴループから復元できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

iPhoneが圏外病になっても心配なし。これを使ったら簡単に修復できる

iPhoneの「圏外病」とは文字通り、ある日突然圏外になる症状です。iPhone画面上に表示される電波マークに「圏外」とあらわれ、通信を使ったWeb閲覧やアプリなどが使用不可能になります。

電波環境が悪いだけであれば、電波の届く場所に移動すれば解決。誰もがそのように考えるでしょう。しかし圏外病の厄介なところは、場所を変えても症状がなおらないことです。今回はiPhoneで圏外病になった場合の原因と対策法の紹介です。さらに、圏外病対策に使える便利なソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介します。

目次:表示

圏外病になってしまう原因と一般的な対策法を紹介

iPhoneで圏外病が起こる原因と対策法を紹介します。どのiPhoneでも試せる一般的な方法です。細かい作業が必要な場合がありますが、一度はこちらの対策法を試しましょう。

方法1.SIMカードに異常がないかチェックする

SIMカードは契約している通信会社の情報が入った大事な部品です。iPhoneにSIMカードを挿入し、はじめて通信が開通します。逆にSIMカードに異常が発生した場合、通信できないでしょう。この症状を圏外病とよび、通信が一切できません。

解決のための対策方法として、一度SIMカードを抜き差ししましょう。さらに、SIMカードは消耗品です。汚れやがあった場合には拭き取り、破損がある場合には修理に出す必要があります。接触不良だけであれば、再び電波状態がなおる可能性があるでしょう。圏外病の症状が何度も続くようであれば、修理の検討をおすすめします。

方法2.iPhoneでシステムエラーがないかチェックする

iPhoneのシステム関係に不具合が発生するとエラーを起こし、圏外病を起こします。一言にエラーといっても理由はさまざまで、原因を探るのは困難でしょう。

そんなときに試したいのが再起動やアップデート、初期化の3つです。すべてiPhoneのシステムを修復する方法でしょう。すぐに試せる再起動、iOSを最新にするアップデート、すべてをリセットする初期化の順に、圏外病をなおせる可能性が高まります。しかし場合によってはデータを失う可能性もあるため注意が必要です。

方法3.iPhoneのハードウェアに損傷がないかチェックする

iPhoneのシステムエラーと違い、物理的な原因も疑いましょう。とくに落下や水没の記憶が新しい方は、圏外病の原因になる可能性が高い傾向です。

前述で説明したSIMカードの汚れは、SIMカード側の不具合だけでなくiPhone側からも圏外病を起こす原因でしょう。汚れや水滴が挿入口を伝い内部の電子部品に触れると、圏外病を起こします。仮にこの時点で圏外病を起こさなくても、システムエラーを起こすと高確率で圏外病になるでしょう。

ハードウェアの損傷が原因の場合は、修理業者に依頼するしかありません。残念ながら、iPhone内のデータは削除されます。修理前に必ずバックアップしましょう。

対策に使うツールの一つとして「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を導入

圏外病はいつ起こっても不思議ではありません。システムエラーが起こったさいの最終手段として、iPhoneの初期化が必要でしょう。

バックアップを含めると操作が困難です。とはいえ、バックアップしないとデータはすべて削除されるでしょう。そんな圏外病の対策ツールとして、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介します。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は、iPhoneの不具合の原因となるシステムデータを新たにダウンロードし、修復するツールです。一般的な更新方法との大きな違いは、わかりやすく簡単な操作性と10分ほどの操作で完結する早さでしょう。とくに嬉しいポイントは、簡単な処理であれば「スタンダードモード」でデータを残したまま修復できます。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで修復可能

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法

非常に早くて簡単に修復するツール「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法を紹介します。操作手順は4ステップで完了です。機械に不慣れな方でも安心して圏外病をなおせるでしょう。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は以下の通りです。

手順1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を起動し、iPhoneとPCをケーブルで接続する

修復を選択

手順2.画面の手順に従いiPhoneをリカバリーモードにする

リカバリーモードに入る

手順3.修復したいiPhoneのiOSを選択し、ダウンロードする

ファームウェアをダウンロード

手順4.「修復」を選択し、10分ほど待つと完了する

ファームウェアを確認

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

まとめ

iPhoneで圏外病になった場合の原因と対策法を紹介しました。おもな原因はSIMカードやシステムエラーです。突然起こるときもあれば、水滴などがiPhone内部の電子部品に悪影響をおよぼしたり、故障させたりします。

そんな圏外病対策に使える便利なソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介しました。簡単な操作で、大切なデータを失わずに修復できるでしょう。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」

iPhoneをリンゴループから復元する

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 13/Pro/Pro MaxやiOS 15に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
wondershare100%安全・安心 | マルウェアなし  wondershare3ステップだけで修復可能

Home > How-to > iPhoneエラー復元 > iPhoneが圏外病になっても心配なし。これを使ったら簡単に修復できる

All TOPICS