iOS14がいよいよ発表。注目の新機能・リーク情報まとめ

•カテゴリ: iOS14

日本時間6月23日、WWDC2020が開催され、Appleは大量の情報を公開しました。

その中でもっとも注目を集めたのは、間違いなく「iOS14」でしょう。

iOS13は「革命」とも呼ばれるアップデートとなりましたが、今回のiOS14は、それ以上にインパクトが大きいと言えます。

どんな新機能が追加されたのかをより具体的に見ていきましょう。

1、ウィジェット配置機能

ウィジェット配置機能が追加されたことにより、iOS14はiPhoneホーム画面の最大の変化を起こしたと言えます。

これまでのウィジェットは、左にスクロールして利用するしかできませんが、iOS14では、ウィジェットはホーム画面のどこにも置けるようになり、Androidのようなカスタマイズ性を手に入れました。

これでスケジュール、天気、リマインダー、株価などの情報をホーム画面に表示させることができるようになりました。

ウィジェット

2、Appライブラリ

アプリが多すぎて、どこにあるのか全然わからなくなってきますよね。探すのに時間もかなりかかります。

アプリをアンインストールして減らすか、フォルダーを作り、時間をかけて管理するしか選択肢しかありませんでしたが、Appleはこの課題を解決すべく、iOS14に「Appライブラリ」という機能を追加しました。

一言で表すと、自動的にカテゴライズをしてくれる機能です。すべてのアプリを一つの画面にまとめて、ホーム画面のラストページに表示されるようになります。

よく利用するアプリは最上段に表示され、より素早くアクセスすることが可能になり、検索ワードを入れて直接にアプリを探すこともできます。

また、ホーム画面のページを非表示することもできるようになり、インストールしたが表示させたくない時、ホーム画面のページ数を減らしたい時に役に立ててくれます。

APPライブラリ

3、App Clips

あのアプリを一回だけ使いたいけどダウンロードしたくないという経験は誰にでもあるはずです。今回のiOS新機能「App Clips」は、その需要を満たしてくれます。

基調講演内では、コーヒーの購入、パーキングメーター、スクーターのレンタルはアプリをダウンロード/インストールする必要がなく、瞬時に完了できるという利用例が示されました。

一部の場面でしか利用できない機能ではありますが、使用頻度の低いアプリをわざわざインストールせずに済むのは非常に助かります。

APPCLIPES

4、Siriがよりコンパクトに

Siriのデザインがよりコンパクトになりました。

これまでのSiriの画面占有率は100%でしたが、iOS14になってからは、画面を切り替えなくてもSiriと会話できるようになります。

Siriを呼び出すと画面下部にアイコンが現れ、応答は上部に表示されます。

また、Siriちゃんはまた賢くなったようです。音声メッセージが送信できるようになり、さらにWeb上のあらゆる情報を収集した上で質問に答えてくれるようになりました。

Siri

5、翻訳アプリ

iOS14になってからは、Apple製の翻訳アプリが登場します。

対応言語は、日本語を含めた11言語となります。

言語を自動的に検出してリアルタイムに会話内容を翻訳してくれます。

そしてなんと、オフライン状態でも使えるので、どのような状況においても外国語でコミュニケーションがとれるということです。

実際に使ってみないと精度はわからないので評価しにくいのですが...

Translate

6、マップ

マップもいよいよ進化を迎えました。

まず、Googleストリートビューのように、道路沿いの風景をみれる機能が追加されました。ただ、集められたデータ量はまだストリートビューに遠く及びません。現在、撮影が行われているのはヨーロッパの10カ国のみとなっています。ちなみにGoogleストリートビューでは80カ国以上の画像が公開されているので、まだまだ道のりは長いですね。

また、自転車の経路案内が追加されました。混雑状況、そして階段や自転車専用道路があるかどうかを総合的に考慮して道順を案内してくれるようになるそうです。最初に提供される国は、アメリカと中国であり、日本もまた自転車保有率が非常に高い国ですから、これから追加されるでしょう。

世界中の電気自動車(EV)利用者が増えてきたため、電気自動車の経路案内も追加されました。バッテリー残量、途中に充電スポットがないのかなどを考慮したルートを作成してくれるようになるそうです。

Map

7、ピクチャーインピクチャー(PIP)機能

Androidの遅れをとるわけにはいかず、iPhoneにもいよいよ「ピクチャーインピクチャー」機能が追加されました。

「ピクチャー・イン・ピクチャー」とは、動画を視聴やFaceTime通話をしながら、他のアプリを起動し、閲覧することができる機能です。

動画の再生画面はどこにでも置けるようになり、サイズも自由に変更できます。さらに、画面の外にスワイプした場合、音声のみ再生されるようになります。

PIP

8、CarKey

「CarKey」により、iPhone、Apple Watchを自動車のロックを解除できるようになります。

iPhoneのロックが解除されていなくても、自動車の近くに持っていけばそのまま鍵として使えます。しかも「エクスプレスカード」と同じ仕様で、バッテリーが切れてからそれほど時間が経っていなければ使用可能です。

また、CarKeyを他の人と永久的、または一時的に共有することができます。かなり便利な機能なので、これから多くのレンタカー業者に導入されるでしょう。

Carkey

最後に...

こうしてiOS14の新機能を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

これからもし他にリーク情報があれば、追加していく予定です。

さて、ここでちょいと宣伝です。

機種変更、またはiOSアップデートをしたときに、データをバックアップしたり、移行したりしたいことが多いですよね。

私たちWondershareは、さまざまな領域において、ユーザーにとって役立つようなソフトを開発してまいりました。たとえば、今好評を集めている動画編集ソフトFilmora、データ復旧ソフトRecoverit、PDFを作成、編集できるソフトPDFエレメントなど。

そしてユーザーのスマホに関するあらゆる問題を解決すべく、私たちは「Dr.Fone」を開発しました。

「Dr.Fone」は、さまざまなエラーの修復からデータの移行、復元、画面ロックの解除まで行ってくれます。そして最近では、GPS位置情報を自由に変更できる機能も追加されました。

サービスによっては有料なものもありますが、「お支払いをする前に効果を確認できる」、「問題を解決できなければ全額返金に対応する」などの保証がついていますので、安心して使えます。

最初は欧米市場で発売されたソフトなので、完璧にローカライズされていないところもあるかとは思いますが、機能的には申し分ないので、一度無料ダウンロードしておけば損はないでしょう。

Dr.Fone-iOS Suite

あらゆるスマホの問題を解決するツール

  • 画面ロックを簡単に解除できます。
  • 連絡先、SMSメッセージ、写真、動画、WhatsApp履歴、オーディオファイル、ドキュメントなどを復元。
  • 他にも、起動障害から修復、iPhoneデータのバックアップ、iPhone間のデータ移行などの機能を多数搭載しています。
Home > How-to > iOS14 > iOS14がいよいよ発表。注目の新機能・リーク情報まとめ

All TOPICS