iOS14/iOS15のアップデートに失敗した時の対処法

藤原 弘子

•カテゴリ: iOS14

iOS14がようやくリリースされましたね。

しかし、今回に限らず、新しいiOSにアップデートすると、何か不都合が生じるリスクが高まります。そのリスクの中でも最も厄介なのがデータが消えるというトラブルでしょう。

今の時代、スマートフォンやタブレット端末には膨大な情報が記憶されているため、データが消えるのは致命的です。

そこで、今回はそんなデータが消えるトラブルに対しての対処法を紹介します。

追記:2021年9月に、apple社は最新のiOS15を発表する予定です。本記事の対処法は最新のiOS15にも対応します。

事前に予防対策を取る

iOS14/iOS15にアップデートしたからといって必ずデータが消えるというわけではありませんが、データが消えるというリスクは、アップデートした全員が持つことは間違いありません。

そのため、事前にある程度の対策を講じることは非常に重要です。

アップデートに伴うバグ・エラーが生じるのは個別の端末の環境に左右されるといわれています。端末の消耗が大きければ大きいほど何かしらのエラーが起きやすくなるということです。

そのため、iOSをアップデートした後は、開いているアプリの数を減らす、充電を使いすぎない、容量をパンパンにしない、などの対策を打つことでバグが起こるリスクを減ずることができるといわれています。

また、容量をパンパンにしないというのは、データ管理の意味でも重要です。データが失われたとしても被害を最小限に抑えるために、こまめにバックアップを取っておきましょう。

iTunesとiCloudでデータ復元する方法

万が一、アップデートに失敗し、データを失ったとしても、バックアップがちゃんと取れたのであれば、復元する方法はいくつもあります。

まずはiTunes、iCloudで復元する方法を確認していきましょう。

iTunesでデータ復元する方法

  1. iPhoneデバイスをPCに接続します。
  2. iTunesを起動します。
  3. 「ファイル」>「デバイス」>「バックアップから復元」の順にクリックします。
  4. 「復元」をクリックすればOKです。

iCloudでデータ復元する方法

  1. デバイスの初期化を行います。
  2. デバイスの電源を入れ、「Appとデータ」の画面が表示されるまで案内に従って進み、「iCloudバックアップから復元」を選択します。
  3. Apple IDでサインし、どのバックアップから復元するかを選択できます。

この方法では、デバイスの初期化が必要であることにご注意ください。

「Dr.Fone」でデータを復元する方法

「Dr.Fone」(ドクターフォン)は、パソコン1台さえあれば、スマートフォンのバックアップの作成・復元やデータ破損の修復など様々なことが簡単にできてしまうおススメツールです。

iOSアップデート時にデータが消えてしまうバグが発生しているのならば、この「Dr.Fone」を用いて、バックアップを作っておいてデータを復元すると安心です。

実は、iTunesと端末を同期させると、毎回、端末のデータが自動的にSQLiteファイルとしてバックアップされています。しかし、このバックアップファイルは確認できない仕組みになっています。

そのため、万が一データが破損した際にも、その状態でiTunesと再び接続していなければ、データ破損前のバックアップが残っていて、「Dr.Fone」を用いて復元することができます。

(Dr.FoneはiOSデバイスでもiPhone4SあるいはiPad2以降ならすべての復元はiTunesバックアップから行うことができます。)

Dr.Fone」の使用方法に関しては、パソコンと端末を接続することができれば、あとは画面の指示が丁寧なのでそれに従うだけで復元は完了するため、使ったことがなくても心配無用です。

それでは、「Dr.Fone」を使ってデータを復元する方法をご紹介します。

ステップ1、「Dr.Fone」を起動し、「データ復元」機能をクリックします。

「データ復元」機能をクリック

ステップ2、スキャンしたいデータのタイプを選びます。

これから「Dr.Fone」はiOSデバイスをスキャンします。「全てを選ぶ」にチェックを入れたら、デバイス上の削除されたデータと既存データは全部スキャンされますので、時間を節約したい方は復元したいデータのタイプだけを選びましょう。

復元したいデータを選択

ステップ3、デバイスをスキャンします。

「Dr.Fone」は、復元可能なデータを探し、復元してくれます。

場合によっては時間がかかる時もありますが、他のツールと比べれば断然はやいです。

iPhoneをスキャン

データ破損の際には「Dr.Fone」を使うのがおススメ!

いかがでしたでしょうか。

iOS14に限った話ではありませんが、アップデートの際にデータが破損してしまうトラブルが報告されているので、事前に予防しておくことが重要ですが、それにも限界があります。そこで、知っておきたいのがiTunesと端末を同期させると実は毎回目に見えないバックアップを取っているということ。つまり、有事の際にはiTunesバックアップからデータを復元すればいいということです。

そこで、「Dr.Fone」を用いると、すごく簡単にiTunesバックアップからデータの復元ができます。

dr.fone-iPhoneデータ復元

「Dr.Fone-iPhoneデータ復元」

iPhone・iPad・iPodのデータを簡単にバックアップ復元

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 復元率は業界No.1!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiOS15に完全対応!
Home > How-to > iOS14 > iOS14/iOS15のアップデートに失敗した時の対処法

All TOPICS