Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • 最新のiOS14.5にアップデート失敗したiPhoneを修復。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 14.5をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【Win版も対応】Macでios14.5にアップデートできないiPhoneを修復する方法

•カテゴリ: ios14.5

Appleは、現地時間4月26日にios14.5をリリースしました。ios14.5へのアップデートの仕方やアップデートが上手くいかない時向けの記事になっているので、参考にしてみてください。

追記:5月21日にiOS14.6がリリースされました。この記事に言及する「Dr.Fone」の関連製品もすべて最新のiOS14.6に対応済みです。

ios14.5のアップデートやり方

アップデート方法は、以下の2種類があります。

  • iPhoneで直接アップデート
  • パソコンにiPhoneをつなぎiTunesでアップデート

まずは、iPhoneで直接アップデートする際のやり方を解説します。

iPhoneで直接アップデートする際には、データ通信量が多いのでWifi接続がおすすめです。

  1. iPhoneで設定アプリを開きます
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェアアップデートをタップ
  4. ダウンロードしてインストールをタップ
  5. パスコード入力画面が出てくるので本体のパスコードを入力
  6. 残り時間が表示されアップデート準備中→ダウンロード済みになるまで待つ
  7. インストールをタップ

次にパソコンにiPhoneをつなぎ、Tunesでアップデートするやり方について解説します。

まずは、パソコンにiTunesをダウンロードしておいてください。

  1. パソコンとiPhoneをケーブルで接続します
  2. iTunesの左上のスマホのマークをクリック
  3. アップデートというボタンが出てくるのでクリック
  4. iPhoneでパスワードの入力が求められるので入力

iPhoneがiOS14.5にアップデートできない原因

アップデートをしたのにアップデートができない時があります。主な原因5つについて紹介します。

1.容量不足

iPhoneのアップデートでは、ファイルをダウンロードするので空き容量がないとファイルをダウンロードできずアップデートができません。

空き容量は、設定アプリ→一般→iPhoneストレージから確認できます。

2.充電不足

iPhoneのアップデートには、時間がかかるため充電が少ないとアップデートがおこなえい時があります。

しっかりと充電をしてからおこなうか充電しながらおこなってください。

3.アップデートを確認できない

iPhoneの電源が途中で切れてしまったり、電波が弱かったりすると、アップデート用のデータをダウンロードできなかったりデータが破損したりします。

アップデート中にフリーズした場合は、1度iosのアップデート用のデータを消去してもう一度ダウンロードをするのをおすすめします。

4.不明なエラーが発生

不明なエラーが発生しましたと表示され、アップデートが出来ない時があります。

エラー番号が表示される場合は、以下のURLを参照してみてください。

URL:https://support.apple.com/ja-jp/HT204770

5.サーバに接続できない、アップデートをインストールできない

Appleのサーバが混んでいて、アップデートができない可能性も少なからずあります。

その際は、時間を置くか夜中に再度アップデートをすると上手くいく時があります。また、アップデートをインストールできない場合は、別のネットワークの接続で試してみてください。

Macでios14.5にアップデートできないiPhoneを修復する方法

1.バックアップを取っている際には、バックアップから復元する

2.iPhoneを工場出荷時の設定にする

(データがすべて消えてしまうので注意)

3.iPhoneをリカバリーモードに設定してから、Macで復元する

以上3つの方法についてお伝えしました。

もっと簡単な方法として、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をおすすめしています。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」とその修復機能を解説

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は、iOSの不具合を専門知識なしで簡単な操作で修復してくれるソフトです。また、データが消える心配もなく使用できます。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でアップデートできないiPhoneを修復する手順を解説していきます。

1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を起動し、起動障害から修復機能を選択します。

ドクターフォンの起動障害から修復機能

パソコンとiPhoneをケーブルで接続します。その後、ios修復をクリックします。

2.まずはスタンダードモードを選択します。

(スタンダードモード、アドバンスモードの2種類があります)

修復するに、スタンダードモードを選択

3.デバイスの機種、モデル、OSバージョンを選択し、ダウンロードボタンをクリック

iPhoneの端末情報を選択

作業が終了するまで待ちます。

(スタンダードモードで上手くいかない場合は、アドバンスモードも試してみてください。)

参考URL:https://drfone.wondershare.jp/guide/ios-system-recovery.html

iPhone端末のシステム不具合修復なら、「Dr.Fone」に任せよう!

iPhoneを快適に使っていくためには、アップデートはかかせません。

今回は、iOS14.5にアップデートする方法をお伝えしてきました。

しかし、アップデートがスムーズにいかない時はアップデートできない原因に当てはまっていないか確認してみてください。それでも上手くいかない際には、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使ってみると簡単に修復ができますので試してみてくださいね。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOSに完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > ios14.5 > 【Win版も対応】Macでios14.5にアップデートできないiPhoneを修復する方法

All TOPICS