Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 15をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
安全100%・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS15・iPhoneフリーズ】iPhoneがぐるぐる強制終了できない時の対処法

iPhoneの不具合に、画面に表示した「ぐるぐるマーク」が消えない症状があります。真っ黒の画面に大きく表示されることもあれば、画面の左上に小さく「くるくるマーク」が表示される場合もある症状です。iPhoneの「ぐるぐるマーク」が起こる原因と対処法について解説します。簡単な修復ソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」も紹介するので、機械に不慣れな方にも安心して修復可能です。

iPhoneがぐるぐる強制終了できない原因

強制終了できない原因について解説します。強制終了はあらゆる不具合が起こった場合に試して欲しい有効手段です。しかしぐるぐるマークが起きた場合には、強制終了できないといった実例も報告されています。

原因1.iPhoneのソフトウェアにバグが発生した

iPhoneのソフトウェアはあらゆる動作や環境を構成します。ソフトウェアに不具合が起こると、強制終了のコマンドすら受け付けない場合があるでしょう。

原因2.iPhoneのiOSアップデートが失敗した

バグと同様、ソフトウェアに問題が生じた場合です。この場合はiOSアップデート中に何らかの問題が発生し中断、iPhoneの動作や環境の構築に必要なシステムファイルが欠損している可能性があるでしょう。

原因3.画面の破損や水没による故障

破損や水没などの外的要因でも、ぐるぐるマークでフリーズする可能性があります。とくに水没はiPhoneの内部にあるハードウェアに致命的な損傷を与える可能性が高いでしょう。バッテリーやソフトウェアを制御するパーツにまで被害がおよぶと、ぐるぐるマークが表したままフリーズします。

原因4.大きな情報を処理している

画面左上の「くるくるマーク」はデータ処理中の意味です。大きな「ぐるぐるマーク」とは意味合いが異なり危険性も低いでしょう。

内容によっては強制終了できない場合があります。稀に完了したにもかかわらず、くるくるマークが消えなくなる症状が発生しますが、そんな時は本体の再起動が有効です。

iPhoneがぐるぐる強制終了できない時の対処法

iPhoneのぐるぐるマークが強制終了できない時の対処法を紹介します。原因でも説明したように、大抵の問題はiPhoneのiOSに起因するでしょう。バグやアップデートの失敗などで起こる場合には、iOSの再アップデートや初期化が有効です。

対処法1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でファームウェアを更新する

iOSの更新や初期化にデータ削除は避けて通れません。バックアップが必要となるため、ただでさえ機械に不慣れな方には難しい作業でしょう。「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」であれば、画面の案内どおりに操作するだけで簡単に修復できます。さらに、簡単な処理であれば「スタンダードモード」からデータ削除もせずに修復可能です。

100%安全・安心 | マルウェアなし

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の使用方法は以下の通りです。

手順1.「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を起動し、iPhoneとPCを接続

修復を選択

手順2.メイン画面から「スタンダードモード」を選択し、画面の手順に従い、iPhoneをリカバリーモードに設定

修復モード

リカバリーモードに入る

手順3.iPhoneをリカバリーモードに設定完了後、対応するiPhoneのファームウェアを選択し、ダウンロード

ファームウェアをダウンロード

手順4.「修復」を選択し、数分待つと完了

iosデバイスを修復中

対処法2.iPhoneを初期化する

iPhoneの操作が短時間でも可能であれば、急いでバックアップをとり初期化しましょう。バックアップ方法はさまざまで、iPhoneのデータであればクラウドや外部ハードウェアを利用します。設定までバックアップするとなると、PCに接続しiTunesの操作が必要でしょう。

初期化は設定から「一般」を開きます。続いて「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択すると、設定およびデータを完全に削除します。

対処法3.業者に修理依頼する

Apple製品を扱う業者に依頼すると大きな手間もなく修理してくれます。しかしこの場合、業者によって多額の費用と修理期間を覚悟する必要があるでしょう。またデータも削除されます。

修理依頼は基本的に、破損や水没などの外部要因での故障におすすめです。iPhoneの設定や環境など、個人ではどうにもならない専門家の対応が必要な場合に依頼しましょう。

まとめ:iPhoneのぐるぐるマークが簡単に修復できる

iPhoneでぐるぐるマークが起こる原因と対処法について解説しました。修復ソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」であれば、機械に不慣れな方にでも簡単に修復可能です。

破損や水没の場合はバックアップをした後に専門の業者に修理依頼しましょう。また、画面左上に表示する「くるくるマーク」は、「ぐるぐるマーク」と原因が異なるため対処方法も違います。それぞれ正しい方法で対処しましょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOS15に完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
安全100%安全・安心 | マルウェアなし

Home > How-to > iPhoneフリーズ復元 > 【iOS15・iPhoneフリーズ】iPhoneがぐるぐる強制終了できない時の対処法

All TOPICS