Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneをリンゴループから復元できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正できます。
  • 誰でも数回のクリックだけでiPhoneをリンゴループから復元できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS14.5】iOSのアップデート不具合・エラーを復元する対処法をまとめて解説

akira

•カテゴリ: iPhone起動しない

私達がiPhoneを長期的に使い続けられるのは、日々iOSアップデートが繰り返されるためです。近日リリースされたiOS14.5でも、過去のバグの修正やこれからの新規デバイスとの連携を可能にします。

 しかし、新しくiOSアップデートしたときにフリーズや、ブラックアウトなどの不具合に遭遇する危険もあります。バックアップがない場合には、中のデータは復元不可能でしょう。

 そうならないために、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をご紹介します。不具合の発生後でも簡単な操作で復旧できます。iOS14.5がより安心、安全にアップデート可能です。本記事でご解説しますので、ぜひお役立てください。

iPhone12

 iOS14.5の最新情報を紹介

日本では2021427日にリリースされ、現在iOSアップデート可能です。今回のiOS14.5では、変化する現代社会に合わせた工夫がいくつか施されています。特に注目するのは、他のデバイスとの高い連携性です。

 「Apple Watch」では顔認証機能の精度が向上しました。マスク着用が常識になりつつある社会において、非常に嬉しいアップデートです。同じApple社から発売された、忘れ物防止タグ「AirTag」にも対応するようになり、さらなる進化に期待が高まります。

また、絵文字の種類が豊富になりました。人の肌の色合いにバリエーションをもたせ、ジェンダー問題への配慮と言えるでしょう。

iOS14.5にアップデートする時よくあるエラー・不具合とは?

ios14.5ーソフトウェアをアップデートできませんでした

 iOS14.5にアップデートするときのエラー、不具合はいくつかあります。その中でも特に多い症状をご紹介します。複雑なエラー、不具合は個人での復旧は困難でしょう。仮にiPhoneが起動しても、中のデータを消去しなければならないといったこともよくある話です。

「エラー4000」が表示される

アップデート中にみられる症状です。iPhoneiTunes間でiOSアップデートが失敗したときに発生します。何らかの原因でiPhoneiTunesの接続が切断されると表示します。接続されていることを確認し、再度アップデートを試しましょう。

アップデートが終わらない

アップデートのインストール中に、進行状況のバーが進まない現象です。もちろん、大型アップデートであるほど時間がかかりますが、いつまでも進行しないのは不自然です。このままでは、いつまでもiPhoneが使用できません。アップデートあまりに長時間かかる場合は、何らかの不具合を疑いましょう。

 画面が真っ暗になる

画面にブラックアウトが起きる現象です。十分に充電しても起動しない、画面タッチが全く反応しないなど、個人で試行できることが少なく厄介な現象です。

 iOS14.5のアップデート失敗?「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」iOS14.5のアップデートエラーを修復しよう

通常の復旧にはデータ消去の可能性があります。これを解決するために「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介します。iOSアップデートでエラーが発生しても、データ消去の可能性が低い方法です。「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の手順を知り、安心、安全な復旧を試みましょう。

 準備物は「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」をダウンロードしたPCiPhone2つの端末を接続するUSBケーブルの3点のみです。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

 手順1.「起動障害から修復」を選択

ios14.5にアップデート失敗でしたら、起動障害から修復起動で修復

復旧したいiPhoneの症状に合わせて、Dr.Foneのメイン画面から選択します。「iOS修復」から「スタンダードモード」を選択しましょう。20種類の症状の復旧に対応します。(さらに複雑な復旧には「アドバンスモード」を選択します。こちらはデータ消去が必要です。)

手順2.修復用のファームウェアをダウンロード

ios14.5にアップデート失敗エラーを修復

アップデート失敗を修復するに、必要なファームウェアをダウンロード

修復用のファームウェアをダウンロードしましょう。iPhoneのモデル、OSのバージョンを画面の選択項目から選ぶだけなので、簡単にダウンロードできます。

手順3.修理を待つーiosアップデートエラーが修復される

ダウンロード後、自動で復旧されます。iOSデータであるため10分ほどの時間がかかりますが、無事に作業が終了すれば完了です。

ios14.5のアップデートエラーを修復

本記事では、iOS14.5のアップデートで起こりうるエラー、不具合を安心、安全に解決できるソフト「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を紹介しました。上手く活用すれば、以降のiOSアップデートでも活躍します。iPhoneiOSアップデートで不安のある方、既にお悩みの方は、ぜひお役立てください。

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」

iPhoneをリンゴループから復元する

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14.5に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
Home > How-to > iPhone起動しない > 【iOS14.5】iOSのアップデート不具合・エラーを復元する対処法をまとめて解説

All TOPICS