Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 14.5をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS14.5】あなたの持ち物を探し出す!見つける天才、アップルの「AirTag」を解説

•カテゴリ: ios14.5

iOS14.5が配信され、他のデバイスとの連携性が高まりました。Apple Watchでは顔認証機能の精度が向上し、よりスムーズにロック解除できます。AirPodsではSiriとの連携により、通話の発信者名を読み上げます。これにより完全なハンズフリーで応答可能です。

注目するべきデバイスは、iOS14.5から使用できるAirTagです。AirTagは忘れ物防止用タグです。連携することで、忘れ物や紛失物などをアプリ探すから追跡できます。

 本記事では近日発売されたAirTagについて、製品の概要についてご解説します。設定方法もご解説しますので、ぜひお役立てください。

iOS14.5の新機能「AirTag探す」とは?

AirTagを使用するために、AirTag探すの機能について理解しましょう。具体的な機能や追跡能力、なぜAirTagが必要なのかをご解説します。

AirTagの機能とは?

AirTagとは忘れ物の防止、紛失物の追跡タグです。財布や鍵など、紛失したくないモノに対して物理的に取り付けます。AirTagとの位置情報を感知し、iPhoneなどの連携したデバイスから探し出せる仕組みです。

 追跡能力が非常に優れており、遠距離では位置情報から距離や方向を示します。近距離ではBluetoothに切り替え、距離や方向に加えて音や振動を駆使して探し出します。忘れ物防止としても、AirTagから離れた場合に通知が届く仕組みです。

”探すの機能とは?

”探すとは、対象のデバイスを位置情報で追跡できるアプリです。Apple製デバイスを紛失したとき、連携させた別のアップル製デバイスから探し出せます。遠隔操作で対象物のデバイスに音の再生やパスコードロック、画面に任意のメッセージを表示させます。最悪の場合は、データの一括消去なども可能です。

なぜAirTagが必要なのか?

従来の探すでは、Apple製デバイスのみが対象物です。財布や鍵などの小型なモノに使用できません。AirTagは、探す機能をあらゆるモノに対応できます。追跡に必要な機能である位置センサーやBluetooth、内蔵スピーカーを最小のタグにし、物理的に取り付けることで実現可能です。

 AirTagとは

AirTagは忘れ物の防止、紛失物の追跡のために開発されたデバイスです。そのため、非常にコンパクトで安価な製品です。iOS14.5以降から対応し、比較的新しいAppleデバイスは2021427日のiOSアップデートで使用できます。AirTagの発売日からサイズや価格、対応デバイスをご解説します。

AirTagの発売日

AirTagは2021430日に発売しました。27日にあったiOS14.5の配信日とほぼ同時期です。すでにApple Storeで販売されています。

AirTagの サイズ

AirTagのサイズは、直径3センチほどのコイン型です。五百円硬化よりもひと回り大きなサイズを想像すると分かりやすいでしょう。財布であれば硬化と一緒に忍ばせられます。カバンやキーリングなどに取り付けが必要な場合はホルダーが必要です。ホルダーを含めると、さらにもうひと回り大きなサイズです。

AirTagの価格

AirTagには1個入りと4個入りが販売されています。1個入りは3,800円、4個入りは12,800円です。複数の貴重品を守りたい方や、家族の分も購入したい方は4個入りの購入をおすすめします。

AirTagの対応デバイス

AirTagに対応するには、iPhoneiPod touchiOS14.5以降、iPadiPadOS14.5以降の必要があります。探す機能はAppleのアプリで使用できるため、Androidは未対応です。

また、より高い精度の場所特定のために「正確な場所を見つける」機能があります。こちらはOSが対応しているだけではなく、iPhone 11以降や、Apple Watch Series 6の必要があります。

 AirTagの設定と使い方

AirTagの設定方法や使い方は、iPhoneiPadの登録デバイスに関わらず同じです。ここではiPhoneを例にご解説します。

AirTagの設定方法

  1. 手順1.iPhoneの「設定」より、BluetoothiPhoneを探す、位置情報サービスをオンにする
  2. 手順2.AirTagの電源をオンにする(初期は保護フィルムを引き抜くとオンになる)
  3. 手順3.自動でペアリングが開始するので、「接続」をタップする
  4. 手順4.AirTagに「カスタム名」を指定する
  5. 手順5.表示された連絡先、電話番号に間違いなければ「続ける」をタップする 
  6. 手順6.数秒後、設定完了の通知が届く

AirTagの使い方

  1. 手順1.”探すアプリを起動する
  2. 手順2.「持ち物を探す」機能を選択すると地図上にAirTagの現在地が表示される
  3. 手順3.「持ち物を探す」から表示されたメニュにAirTagの詳細が表示される
  4. 手順4.場所が特定されれば「探す(iPhone 11以前は「経路」)」をタップする
  5. 手順5.場所が特定できなければ「通知」「紛失モード」をタップする
  6. 手順5.近くで見つけられない場合は「サウンドを再生」で音声を流す
  7. 手順6.見つかった場合は「閉じる」をタップして終了

AirTagは探しものを特定し、誘導してくれる高性能なデバイスです。忘れ物や紛失物が多いと感じる方には、今後は必需品となるでしょう。AirTagについて、製品の概要や設定方法、使い方を理解し、ぜひお役立てください。

ヒント:iPhoneを最新のiOS14.5にアップデートする時、万が一iPhoneのアップデートエラー、ブラックスクリーン、フリーズなどの不具合が発生したら、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」でiPhoneのエラーを修復しましょう。

Dr.Fone-iPhone起動障害から修復

iPhoneを不具合から復元する方法

  • 最新のios14.5にアプデートする時エラーが起きたiPhoneを復元
  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなどの不具合から修復
  • データを残したままデバイスを修復可能
  • 最新の機種/iOSに完全対応
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > ios14.5 > 【iOS14.5】あなたの持ち物を探し出す!見つける天才、アップルの「AirTag」を解説

All TOPICS