× virtual-location

iOS13アップデート後にデータが消えた場合、3つの復元方法をご紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Mar 31,2020 •カテゴリ: iOS 13

自分のiPhoneのiOSを最新版のiOS13に更新してみると、更新そのものは成功したはずなのに以前のデータが消えてしまう等のトラブルが起きることがあります。理由は幾つかありますが、今回はiOS13更新時の注意事項とデータが消えた場合の復元法について、ポイントを5つ程述べて行くこととします。焦らずに1つずつチェックして、データの回復を図って下さい。

事前に予防対策をしっかり行います

データが消えた等のトラブルを避ける為には事前対策がとても重要になります。まず、iOS13を搭載したいiPhoneに十分な空き容量が残っているかを確認して下さい。通常は数GB程は必要で、安定した状態でダウンロードしたいのでしたら3GBから5GBくらいは見ておかないといけません。もしも容量が足りなかった場合には、削除可能なアプリを一時的に消した上で再度実行しても構わないかという確認項目が出ますので構わない場合は続けても構いません。

ただ、ダウンロード時間が長くなると、その分途中停止や回線切断のリスク等も出て来ますので、出来ればこの画面が出るのは避けた方が良いです。次に、電源が十分であるかも必須の確認事項になります。更新中に切れてしまうと、再開も可能ですが煽りでデータが飛ぶ事も少なくありません。必ず充電は十分に余裕を見る様にして下さい。

対策①、iTunesでデータを復元する

機械関係の事ですので、予想外の出来事は必ず起きます。iOS13への更新もそれは例外では無いので更新前に必ずバックアップを取っておく様にして下さい。更新が終了して何か重要な情報が消えたとしても、iTunesでバックアップを取ったことがあるのでしたら、iTunesバックアップからデータを復元する事が出来ます。

まず、iOSデバイスのiPhoneを探すの機能をオフにした上で、PCにiPhoneを接続しiTunesを起動して下さい。次にiOSデバイスの管理画面に入り、概要の項目を探します。見つけたらバックアップの復元をクリックすると今まで行ったバックアップが見つかるはずです。後はそこから自分が復元したいデータをクリックすれば自動的にデータが元に戻ります。一番一般的な方法ですが、なるべく小まめにバックアップを取る事がとても重要という事です。

iTunes

対策②、iCloudでデータを復元する

iTunes以外にiCloudでバックアップを取っておいた場合も、データの復元が可能です。具体的な方法ですが、まずiPhoneの設定画面をクリックします。次に一般、リセットという順番で画面を開いて下さい。そして最後に「全てのコンテンツと設定を消去する」をクリックします。するとiOS13が初期化されますので、後は画面の指示に従って設定をしていきます。段取の中に「iPhoneを設定」という項目が出て来たら、「iCloudバックアップから復元」を探して選択して下さい。選択すると、データの自動復元が開始されます。ただ、この方法もやはりバックアップを事前に取ってある事が大前提ですので、とにかく何か心配な事がある場合には小まめに復元用のデータを保存しておく事を強くお勧めします。

iCloud

対策③、ツールのdr.foneでデータを復元する

一般的には、iTunesとiPhoneを同期させるたびに、iPhoneの内容が自動的にsqlitedbファイルとしてiTunesでバックアップされます。このバックアップファイルは同期と一緒に更新されます。ただしこのフアイルは表示や確認することはできません。

したがって、iTunesとiPhoneを再び同期しない限り、iPhoneデータ復元ソフト「 dr.fone-データ復元 」 により、 iOS13にアップデートした後、iPhoneから失われたデータを復元することができます。これから、dr.foneでデータを復元する手順を紹介します。

ステップ1:iPhoneデータ復元ソフト起動して、パソコンとiPhoneをケーブルで接続します。

まず、iPhoneデータ復元のソフトをダウンロードしてインストールしましょう。インストールはとても簡単です。

インストールが完了後、iPhoneデータ復元のソフト「 dr.fone-データ復元 」を立ち上げます。「データ復元」をクリックします。

「データ復元」をクリック

データがなくしたiPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなぎ、パソコンに接続してください。

パソコンに接続

すると、画面に操作手順が表示されるので、手順通りにiPhoneを操作します。

パソコンとiPhoneをケーブルで接続

注1:iPhoneデータ復元ソフトでデータをスキャンする前に、失われたファイルが上書されないよう、iTunesと、iPhone、iPadまたはiPod touchを同期しないでください。

注2:iPhone 4/3GSの場合は、プラグインをダウンロードする手順が追加で入りますので、プログラム起動後、ウィンドウ画面に出てくる説明に沿って、操作を行ってください。つなげた機種にあったプラグインをプログラムのほうで自動的にダウンロードしてくれます。ダウンロード後、ウィンドウ画面に出てくる説明に沿って、iPhoneをスキャンモードにします。スキャンモードに入ると、スキャンが自動的に始まりますので、ステップ2に進んでください。

ステップ2:iPhoneデータ復元ソフトでiPhone の削除したデータをスキャンします。

復元したいデータのタイプを選択して、「開始」ボタンをクリックすると、デバイスを分析し始めます。

デバイスを分析

ここにはiPhoneの消えたデータが自動的に検出されます。

バックアップファイルがスキャンされると、カテゴリ別に表示されます。それぞれのデータをプレビューし、復旧したいものを選択することができます。

復旧したいものを選択

ステップ3:iPhoneの消えたデータを復元します。

iPhoneの削除されたデータだけを復元したい場合、画面中央上側にある「削除された項目のみ表示します」にすることで、スキャン結果を絞ります。復元しようとする項目にチェックして、「復元」ボタンを押して復元を実行します。

「デバイスに復元」「パソコンに復元」二つの選択肢があります。現在iPhoneデバイスへの復元可能なデータ種類はメモ、連絡先、メッセージーのみです。必要に応じて選択してください。

失われたデータを復元した後、メールアドレスを介してiPhoneにインポートし、またはバックアップとしてPCに保存することができます。データの損失防止のため、iPhoneバックアップをこまめに作成しておくことをおすすめします。

PCに保存

wondershare社の「dr.fone-データ復元」 はiPhone・iPad・iPod Touch向けのデータ復元ソフトです。先ほど説明したiPhoneデバイスから直接消えたデータを復元するほかに、iCloudバックアップから復元、iTunesバックアップから復元、2つの復元モードで簡単にiPhoneの削除してしまったデータを復元することができます。

いかがでしょうか。iPhoneのデータが消えてしまった場合、バックアップがなくても、この「dr.fone」があれば安心。まずはお使いのパソコンに無料ダウンロードしましょう。

dr.fone-データ復元

iPhoneの連絡先・写真などのデータを復元

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でiPhoneのデータを復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 13に完全対応!
Home > How-to > iOS 13 > iOS13アップデート後にデータが消えた場合、3つの復元方法をご紹介

All TOPICS