iOS 11アップデートX
無料体験

iPhoneの連絡先をMacにインポート・バックアップする方法

Wondershare iPhone Data Recovery

世界初のiOS & Androidデータ復元ソフト

業界で高い復元率

ios data recoveryandroid data recovery

iPhoneに限らずスマートフォンを利用している方であれば「同期」という言葉は聞いたことがあるでしょう。ですがその一方でその言葉の意味がよく分からないと感じる方もいると思われます。

では同期はどういう意味かというと、2つの異なった機種で同じファイルとフォルダを共有することができるということです。ようするにMacとiPhoneがあるのなら、Mac側からでもiPhone側から見ても同じファイルとフォルダを見ることが可能だということです。 これが何の役に立つのかと思った方もいるかもしれませんが、こうして同期で共有して使うことにより、iPhoneのファイルをMac側に移動して保管したり、その逆にMac側のファイルをiPhone側に保管するということもできます。このようにデータ間の移動が楽になるのです。

両方のデータの転送を考えるのならこの同期をすることも考えた方がいいのですが、そうなれば今度はどうやって同期をすればいいのか悩む方が出てくると思います。では実際にMacとiPhoneを同期にするにはどうすればいいのでしょうか?

3つの方法でMacとiPhoneの連絡先データを同期にする

  • iCloudを利用する
  • 直接iPhoneから
  • iTunesを利用する
  • iCloudを利用して、iPhoneからMacに連絡先の転送

    同期の設定をする際にわざわざMacにiPhoneをケーブルで繋げなければならないのが面倒だと感じている人もいるでしょう。そう思う方はこのiCloudという物を利用するといいでしょう。iCloudとはデータアクセスのサービスであり、特にここ最近ではCloud(クラウド)の名はネットを探っていれば聞いたことはあるでしょう。クラウド自体がネット上にデータを保管して管理することで別の端末からそのデータに干渉することができるようになるサービスです。

  • ステップ1:iCloudで「連絡先」を有効にする
  • これを使えばケーブルでわざわざMacに繋げずともiCloudを通してお互いのデータを同期することができます。

    方法としてはまずはiPhone側の設定ですが、iCloudをタップした後にIDとパスワードの入力を求められます。appleで設定しているIDとパスワードを入力しましょう。同期をしたいと思う項目を選択してそのままストレージとバックアップをタップすればいいです。

    iCloudで「連絡先」を有効にする

  • ステップ2:iPhoneからMacに連絡先の転送
  • Mac側もiCloudをクリックして起動させると、IDとパスワードの入力を求められますので、同じくIDとパスワードを入力しましょう。その後は許可をすれば設定は終わります。

    これでどちらか一方での行動がもう一方へ反映されることになります。例でいえばiPhoneで写真を撮れば、それがMacの方でも管理できるということです。

    iPhoneからMacに連絡先の転送

    直接iPhoneからMacに連絡先をバックアップ・転送

    一部の人々は、セキュリティ上の理由でiPhoneからMacに連絡先を転送するためにiCloudを使用するように好きではないです。この場合では、Wondershare dr.fone (Mac) - iPhoneデータのバックアップ保存を利用して、直接iPhoneからMacに連絡先を保存したほうがオススメです。操作手順は次のとおりです。

    まずはWondershare dr.fone (Mac) - iPhoneデータのバックアップ保存をMacにダウンロードしましょう。


    ステップ1:Wondershare dr.fone (Mac) - iPhoneデータのバックアップ保存をインストールします。

    Wondershare dr.fone (Mac) - iPhoneデータのバックアップ保存をダウンロードしてインストールします。それは直接iPhoneからMacに連絡先を保存できるソフトウェアです。お使いのMacでそれを実行し、iPhoneのUSBケーブル経由でiPhoneをMacに接続してください。メイン画面上の「データのバックアップ&保存」の機能をクリックします。

    連絡先の転送

    ステップ2:MacでiPhoneの連絡先をバックアップします。

    プログラムはiPhoneをスキャン開始する場合は、スナップショット·ショーのようになります。

    スキャン開始します

    ステップ3:プレビューとiPhoneの連絡先をMacにバックアップ保存します。

    左のサイドバーからiPhoneの連絡先をプレビューすることができます。スキャンした後、iPhoneですべての連絡先をプレビューすることができます。その後「連絡先」を選択し、「復元」をクリックして、一つのリストをご確認ください。これですべてのiPhoneの連絡先に直接お使いのMacに保存されます。

    連絡先をMacに転送

    iTunesバックアップから、iPhoneからMacに連絡先の転送

    MacとiPhoneはappleが提供している機種です。ということはそのappleが提供している管理ツールであるiTunesを使うことでお互いを同期させることが可能になるということです。

    ステップ1:iTunesを起動する

    方法としてはまずはiPhoneをMacにケーブルで接続しましょう。すると様々なところで音楽ならミュージックの欄で、写真なら写真の欄で、アプリケーションならアプリケーションの欄で同期するという項目が出るはずです。

    iTunesを起動する

    ステップ2:フォルダを同期するか選ぶ

    その同期をする項目にチェックを入れれば同期をすることができ、その後は各々の欄で全て同期するか選択したファイル、もしくはフォルダを同期するか選ぶことになります。

    同期するか選ぶ

    MacでiPhoneを同期する際に気をつけること

    ただ同期にするということは必ずしもいいことばかりではありません。お互いの状態を共有しているということはそれぞれで別の作業をした場合にどちらかの方しか反映されないという可能性があります。

    それだけでなく違うことをするという行為をすることでデータが消えてしまうということもあるので、同期にするのならその辺りの管理も考えて利用する必要があるのです。同期にしていることを忘れるとやってしまいがちなので気をつけましょう。

    dr.fone (Mac) - iPhoneデータのバックアップ保存

    iPhoneからMacに連絡先をインポートする

    • iPhone・iPad・iPod touchのデータをMacにバックアップ
    • バックアップ可能なデータタイプは連絡先、写真、動画、アプリなど
    • バックアップされたデータをiPhone・iPad・iPod Touchへ復元可能。
    • 最新のiPhone&Mac OSに対応!

    お客様は以下の製品をダウンロードしています。

    dr.fone -  iPhoneデータ復元 (Japanese)
    dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元 (Japanese)
    この記事について、あなたの評価を教えてください。
    5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

    dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

    人気記事
    Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneの連絡先をMacにインポート・バックアップする方法

    All TOPICS

    Top