Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiOSシステムの問題を修復できる

  • さまざまなiOSシステムの問題を修正。
  • 操作は簡単でシンプル。誰でも数回のクリックだけでiOS不具合を修正できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のiOS 14.5をサポート。
無料ダウンロード 無料ダウンロード
セキュリティロゴ100%安全・安心 | マルウェアなし
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

Macで画面が真っ黒になってしまったiPadを復元する方法/Windows版も対応

akira

•カテゴリ: iPad復元

iPadが突然暗転し、画面が真っ黒になり何も操作できなくなることがあります。原因不明でなってしまうこともあり、予防もできないしどうしたものかと対処に悩まされます。

iPadが暗転したときは、考えうる原因に合わせて対処をする必要があります。必要な処置がわかれば、Appleが用意したシステムを活用したり、外部のツールを利用したりすることで、多くのiPadの画面は復旧します。

ここでは、iPadの画面が真っ黒になる原因と、その対処方法について、まとめました。自力での処置からツールでの修復方法まで、できる範囲のことを解説しているので、最後まで確認していってください。

iPadの画面が真っ黒になった原因とは?

iPadが真っ黒になる原因は様々ありますが、大抵の場合だと直前にやっていた動作が影響しています。よくある例として、以下に挙げました。対処方法も一緒に説明しているので、心当たりのあるものから確認してください。

①落下・水没などで故障した

落下の衝撃で、ディスプレイが割れたり、iPad内部のディスプレイケーブルが断線したりして、画面が表示されなくなることがあります。水没による故障でも、画面が真っ暗で動かなくなるケースが多いです。これらは自力で修理できないため、修理依頼が必要になります。

その他、まれにバックライト切れを起こすことがあります。この場合は自然故障なので、無償で修理・交換の対応をしてもらえるかもしれません。普通に使っていて故障したときはAppleに問い合わせましょう。

②アプリを動かしすぎた

iPadで大量のアプリをダウンロードしたり、アップデートしたり、並行して重いアプリを起動したりしていると、処理できる範囲を超えて暗転してしまうことがあります。ある程度マルチタスクができるとはいえ、iPadに負荷をかけすぎるような使い方は控えたほうが良いでしょう。このパターンだと、多くは強制再起動によって解決します。手順は以下の通りです。

  • ホームボタンがあるiPadは「ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続ける→Appleロゴが表示されたらはなす」
  • ホームボタンがないiPadは「音量を上げるボタンを1回押す→音量を下げるボタンを1回押す→電源ボタンを押し続ける→再起動されたらはなす」

強制再起動でも解決しないときは、他の原因を疑ったり、修復ツールで起動できないか試してみたりしましょう。

③充電切れ

ただ充電が切れただけの可能性があります。充電器を差し込んで赤い電池マークが表示されたのであれば、そのまま充電しておけば勝手に起動するので問題ないでしょう。

iPadの画面が真っ黒になった時の対処法ーMacで画面が真っ黒になってしまったiPadを復元

自力で修復できなさそうだというときは、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用しましょう。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は、iPadiPhoneが、ブラックアウトしたときやフリーズしたときなどに、不具合を改善してくれるツールです。iPadが故障するとデータを失う危険がありますが、Dr.Foneを使うことで、データの損失を防ぎiPadを修復することができます。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

「Dr.Fone-iPhone起動障害から修復 」を使って画面が真っ黒になったiPadを復元する手順を詳しく紹介します。

ステップ1:「Dr.Fone」を起動して、メイン画面から「起動障害から修復」を選択します。

iPad画面真っ黒復元ーメイン画面から「修復」をクリック

ステップ2:「起動障害から修復」機能の「スタンダードモード」をクリックして修復します。

iPad・iPhone修復ー「開始」をクリック

ステップ3:画面が真っ暗になったiPadデバイスの機種、モデル、OSのバージョンを選択する画面が表示されるので、復元したいデバイス等を設定して、「ダウンロード」をクリックします。

iPad・iPhone修復ーダウンロード」をクリック

ステップ4:画面が真っ暗になったiPadのファームウェアがダウンロードされるまで、少し待ちます。

画面が真っ暗になったiPadのファームウェアをダウンロード

ステップ5:画面が真っ暗になったiPadの修復を開始されるので、暫く待ちます。

画面が真っ暗になったiPadの復元を開始

ステップ6:復元終了後、iPadの起動画面が表示されていれば、画面が真っ黒になったiPadが成功に修復されました。(「スタンダードモード」でデバイスを修復できない場合、「アドバンスモード」でもう一回試し下さい。)

Dr.Foneには難しい操作が必要ないので、Mac/Windowsにインストールするだけで、誰でもかんたんに扱うことができます。どうしても画面が真っ暗で改善しないという場合は、試してみると良いでしょう。

iPadの画面が真っ暗になったら、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使おう

今回は、iPadの画面が真っ暗になってしまう原因とその対処方法について、解説してきました。暗転の原因は断定できないケースも多いですが、心当たりを1つずつ潰していくことで多くの場合は解決します。対処に不安があるときや、修復がうまくいかないときは、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を利用して、iPadを復元しましょう。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

画面が真っ暗になってしまったiPadを復元する方法

  • データ損失なしで、画面が真っ黒になったiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14.5に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし
Home > How-to > iPad復元 > Macで画面が真っ黒になってしまったiPadを復元する方法/Windows版も対応

All TOPICS