Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

自宅にいながらiPhoneをリンゴループから復元できる

  • 操作は簡単でシンプル。さまざまなiOSシステムの問題を修正できます。
  • 誰でも数回のクリックだけでiPhoneをリンゴループから復元できます。
  • iPhone、iPad、iPod touchのすべてのモデルに対応。
  • 最新のデバイスやiOSに完全対応!
無料ダウンロード 無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
「iPhone起動障害から修復」を動画で見る

【iOS14.6】Macで最新のiOSバージョンにアップデート失敗したiPhoneを修復する方法

akira

•カテゴリ: iPhone起動しない

現在最新のiOSバージョン、iOS14.6にアップデートする過程で、まれに失敗してしまうことがあります。アップデートに失敗した場合、iPhoneが正常に起動できなくなりますが、「故障した」「自分では直せない」と諦めるには、まだ早いです。

今回は、iOSアップデートで困っている方に、有力な情報を共有したいと思います。iOS14.6にアップデートする手順や、iPhoneをアップデートするときによく起きる不具合を解説するほか、不具合が発生したときに修復するツールも紹介します。何らかの問題が起きて困っている方は、この記事を参考に、素早く解決してください。

補足:本記事の解決方法はいつも最新のiOSバージョンに対応します。次に対応する最新のiOSバージョンはiOS15だと推測できます。

iOS14.6にアップデートする手順

iOS14.6にアップデートする手順は、以下の通りです。

  1. iPhoneで「設定」→「一般」の順に開き、「ソフトウェア・アップデート」を選択
  2. 「ダウンロードしてインストール」をタップ
  3. 「インストール」をタップし、パスコードを要求されたら入力

iPhoneをアップデートする際は、安定したWi-Fiを使用しましょう。アップデート中に回線が途切れると、多くの場合不具合が発生します。

※アップデートに必要な容量が足りない時は、容量確保のためにアプリを一時的に削除してよいか、確認されます。削除というと心配かもしれませんが、アプリのデータは消えず、後で再インストールされます。なので、そのまま「続ける」でアップデートしても、何も問題ありません。

iPhoneをアップデートするときよく起こる不具合

iPhoneをアップデートするときに起きる不具合について、おおまかに2つに分けて解説します。

①最新iOSに問題がある場合

最新バージョンのiOSで、多くのiPhoneから不具合報告が挙がっているときは、配信されたiOS自体に問題があるかもしれません。具体的に発生する不具合は、「Wi-Fiがつながらない」「バッテリー消費が突然増えた」などです。これらは、過去のiOSアップデートでも頻繁に発生しています。

なので、アップデート後に異常がある場合は、最新のiOSで不具合報告がないか、調べてみましょう。もしiOS自体に問題が起きているなら、Appleから配信されるパッチを待つか、過去のバージョンのバックアップを復元する必要があります。

②回線切断などで正常なアップデートができなかった場合

アップデート中に、回線やバッテリーが切れるなどが原因で起こる不具合です。iPhoneのアップデートが妨げられると、ブラックアウトしたり、リカバリーモードに切り替わったりして、iPhoneが起動できなくなることがあります。

強制再起動で解決する可能性もありますが、それでも直らなければ、初期化するしかないという致命的な不具合です。アップデート前にバックアップをとっていなければ、データの復元が困難になります。

しかし、諦めるにはまだ早いかもしれません。

次に紹介するツールを使って、データを失うことなく、iPhoneを起動させましょう。

iPhoneに不具合が発生したら、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」に任せる

正常に起動しないiPhoneを復元するには、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使用します。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」は、Mac/Windows両方に対応したツールで、簡単にiPhoneの不具合を直してくれます。

無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能

修復の手順は以下の通りです。

1.Dr.Foneを起動

修復を選択

2.iOS修復」から「スタンダードモード」を選択

修復モード

3.修復用ファームウェアをダウンロードし、修復開始

リカバリーモードに入る

10分ほど待てば、iPhoneを通常の状態に戻せます。

iosデバイスを修復中

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」を使えば、上の3ステップだけで、専門知識不要で、誰でもiPhoneを修復できます。

今回は、iOS14.6へのアップデート手順と、よく起こる不具合やその解決法について、解説しました。iPhoneに不具合が発生したら、「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」で、iPhoneを修復しましょう。

Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

「Dr.Fone - iPhone起動障害から修復」

iPhoneをリンゴループから復元する

  • iPhoneをリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 12/Pro/Pro MaxやiOS 14.6に完全対応!
無料ダウンロード(Win版)      無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで修復可能
Home > How-to > iPhone起動しない > 【iOS14.6】Macで最新のiOSバージョンにアップデート失敗したiPhoneを修復する方法

All TOPICS