Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

iPhoneのGPS位置情報を自由に変更できます。

  • 世界中のどこにでもワンクリックでテレポートできます。
  • マップでルートを作成して目的地に移動します。
  • 脱獄不要。ほとんどの位置情報ARゲーム&アプリで動作します。
  • 移動速度まで調整可能。
無料ダウンロード   無料ダウンロード
100%安全・安心 | マルウェアなし
「GPS変更」を動画で見る

知らないうちにスマホの位置情報が漏れてる?あなたのスマホ位置情報を保護する対処法

•カテゴリ: iPhone GPS変更

あなたは、外出する前に位置情報を確認したことがありますか。
というのは、ある地点に入ると、あなたの位置情報や個人名、電話番号などすべて公開されてしまう恐れがあります。さらに場合によっては見知らぬ誰かが自宅までついてくるなどといったことにもなりかねません。

そのある地点とは、Free Wi-Fiを導入している施設や場所のことです。その理由は、Free Wi-Fiは、原則的にネットワークキーなどを必要としない、モバイル端末があれば簡単に接続でき、位置情報を追跡すると、位置情報に表示されているすべての人の電話番号や住所を知られてしまう恐れがあるからです。

したがって、外出前には、スマートフォンに設定されている位置情報を確認し、一時的な対策として位置情報を位置偽装しておき、Free Wi-Fiの環境に入ってもWi-FIスポット用のネットワークキーを取得してから接続するもしくはWi-Fiでの接続ではなく、3G、4G、5G回線で接続することをおすすめします。
そこで、位置情報の位置変更を実行し、位置偽装できるアプリケーションソフトについて紹介しますので是非参考にしてください。

端末別でスマホの位置情報を偽装する方法

iPhoneやiPadはApple Storeに登録されているアプリケーションソフトはインストールできますが、登録されていないアプリケーーションソフトをインストールするには、脱獄が必要になります。一方でAndroid系のスマートフォンは、使用するアプリケーションソフトを設定することで利用できます。そうであれば、端末別にスマートフォンの位置情報を偽装する方法について紹介します。紹介する項目は次のとおりです。

iPhone・iPad・iPodで位置を偽装する方法

iPhone・iPad・iPodで位置を偽装する方法について、関連するソフトウェアを紹介します。

「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」

「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」は、世界中のどこへでも行きたい場所へワンクリックでテレポートできるソフトウェアです。操作方法は、次のとおりです。

  • 1.あらかじめ、パソコンへインストールした「Dr.Fone」を起動し、「GPS変更 (iOS)」をクリックします。
  • 2. iPhoneを接続すると、接続認証が始まり、「マップ」アイコンを開き、画面右下の「自己を中心に」アイコンをクリックして現在位置を表示します。
  • 3.画面右上にある「テレポート」アイコンをクリックし、画面左上にある検索窓に行ってみたい場所を入力し、「移動」をクリックします。
  • 4.「ここに移動」と表示されるポップアップボックスをクリックします。
  • そうすると、現在位置が位置変更となり、位置偽装されて、あなたの居場所を一時的にごまかせます。

以上が操作方法になります。

無料ダウンロード(Win版)    無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで位置変更可能

※対応機種:iPhone・iPad
※対応iOS:iOS 14,iOS 13, iOS 12/12.3, iOS 11, iOS 10.3, iOS 10, iOS 9 及びもっと古いiOS

「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。

「EaseUSMobiAnyGo」

「EaseUSMobiAnyGo」は、ワンクリックで現在位置を位置変更して、位置偽装できる脱獄不要のソフトウェアです。Web上の公式ページでは体験版をダウンロードできます。操作方法については次のとおりです。

  • 1.Web上の公式ホームページより、「EaseUSMobiAnyGo」をパソコンへダウンロードし、その後インストールします。
  • 2.パソコンへiPhoneを接続後、「EaseUSMobiAnyGo」を起動します。
  • 3.iPhoneとの接続認証が完了すると、テレポートモードのマップが表示されます。
  • 4.マップには現在位置を示すポインターが表示されますので、現在位置とは別の場所をクリックして「移動」をクリックします。

ここまでの操作で、現在位置が位置変更され、あなたの位置情報が位置偽装となり、現在位置をごまかせます。

※対応iOS:iOS 14, iOS 13, iOS 12, iOS 11, iOS 10, iOS 9
※対応端末:iPhone・iPad・iPod・iPod Touch

androidで位置を偽装する方法

Androidで位置を偽装する方法として関連するソフトウェアを紹介します。

「Fake GPS Location Spoofer Free」

「Fake GPS Location Spoofer Free」は、Android専用のアプリケーションソフトです。起動すると自動的にマップが表示されますが、Google Mapでも現在位置の位置変更が実行され、位置偽装したことを確認できるアプリケーションソフトでもあります。操作方法については次のとおりです。

  • 1.Google Playから「Fake GPS Location Spoofer Free」をダウンロードしてインストールします。
  • 2.ソフトウェアを実行する前に「設定」→「システム」→「開発者向けオプション」→「仮の現在地情報アプリを選択:Fake GPS Free」の順で操作すると設定完了となります。
  • 3.「Fake GPS Location Spoofer Free」を起動し、現在地を確認後、移動したい場所をダブルタップします。
  • 4.次いで画面右下にある「スタート」をタップすると位置変更を開始します。

「GPS JoyStick Fake GPS Location」

「GPS JoyStick Fake GPS Location」は、AndroidにJoy Stick機能を搭載し、マップ上を自由に移動して現在位置を位置偽装できるアプリケーションソフトです。このソフトウェアは、かの有名なポケモンGoなどでも利用できるアプリケーションソフトでもあります。操作方法については次のとおりです。

  • 1.Google Playから「GPS JoyStick Fake GPS Location」をダウンロードしてインストールします。
  • 2.ソフトウェアを実行する前に「設定」→「システム」→「開発者向けオプション」→「開始するオプション:場所を設定」→「地図を開く」の順で操作すると設定完了となります。

ここまで操作を行うとカーソルにJpy Stickが連動します。そしてJoy Stickを操作するとカーソルが動きますので、移動したい場所にカーソルを移動するだけで現在位置が位置変更となり、位置偽装されたことを確認できます。

まとめ

iOS系では「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」、「EaseUSMobiAnyGo」を紹介し、「Fake GPS Location Spoofer Free」、「GPS JoyStick Fake GPS Location」を一例として紹介しました。これらのアプリケーションソフトを利用して位置偽装するとあなたの本来の位置情報を守ることができます。
その理由は、他の人があなたの位置情報を検索しても、位置偽装によって本来の位置情報を知ることができなくなり、行動範囲を読むこともできなくなるからです。これまで紹介した中でも「Dr.Fone - GPS変更 (iOS)」は、3ステップであなたの居場所を位置偽装して、別の場所へ現在地の位置変更ができる大変優れたソフトウェアです。Web上の公式ホームページでは、体験版をダウンロードできますので、ぜひお試しください。

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

Dr.Fone - GPS変更 (iOS)

iOS 位置ツール: iPhoneのGPSを簡単変更

  • iPhoneのGPSを世界中のどこにでもテレポート可能
  • マップでルートを作成してそのまま移動
  • マップ上の仮想移動の速度を自分で設定
  • ほとんどの位置情報ARゲームやアプリで動作
無料ダウンロード(Win版)   無料ダウンロード(Mac版)
100%安全・安心 | マルウェアなし  3ステップだけで位置変更可能
Home > How-to > iPhone GPS変更 > 知らないうちにスマホの位置情報が漏れてる?あなたのスマホ位置情報を保護する対処法

All TOPICS