× virtual-location

iPhone11ProとHuaweiのMatePro30の比較

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Oct 17,2019 •カテゴリ: iPhone11

最近はいろいろなメーカーから新しいスマートフォンが販売されています。その中でも今話題となっているのはアップル社が発表した、iPhone11とHuaweiのMatePro30があります。両者ともハイスペックで魅力的な機種です。この記事では、両者のスマートフォンの仕様を説明し、比較して紹介しますので参考に下さい。

iPhone11Proの基本スペック

iPhone11Proはアップル社製のスマートフォンで、2019年に発表された最新モデルです。ディスプレイは、5.8インチの有機ELディスプレイが採用されています。このディスプレイでは、HDR10に対応していて優れた階調表現を実現しています。プロセッサは、A13が採用されていて、これまで採用されていたA12と比較するとスピード性能が20%向上し、30%も省電力なのが特色です。最も大きな変更点としては、三つのカメラが搭載された事です。トリプルカメラを採用する事で、暗い部分から明るい部分までしっかりと表現できる写真を撮影可能となりました。特に超広角カメラが搭載されているため景色などのワイドな写真も撮れる様になりました。

iphone11

HuaweiMatePro30の基本スペック

このスマートフォンは、Huaweiが最新の技術を投入して開発された機種です。ディスプレイとしては、6.47インチのフルハイビジョンに対応した有機ELディスプレイが採用されています。このスマートフォンには4つのカメラが実装され、カメラの内訳は、120度の角度を誇る超広角シネレンズと光学5倍ズーム可能なカメラが搭載されたモデルです。CPUは、7mnプロセスの「Kirin980」が採用されていて、最大8GBのメモリと最大512GBの記憶装置を搭載しています。なお、Huaweiでは、廉価版のMate20liteも販売中です。

HuaweiMatePro30

両者の価格と評判について解説

それぞれの価格について紹介すると、iPhone11Proのラインアップは内部ストレージ容量により3タイプ存在し、64GBタイプは119,800円で、256GBの場合は157,800円です。参考までに、iPhone11の価格を記載すると、64GBモデルが74,800円、128GBモデルが79,800円、256GBタイプであると90,800円です。 一方、HuaweiMatePro30の現在の予想価格は9万円台とされています。HuaweiMatePro20の場合は11万円台でしたので、それに対して2万円程度安くなる予定です。

iPhone11Proについては、ディスプレイが有機ELが採用されていて、コントラスト感があると人気があります。特にカメラがトリプルタイプとなっていて、階調再現性がよく、超ワイドの写真も撮れると定評があるのです。ボディーはステンレススチールが採用され、ガラス部分にはテクスチャードマットガラスが採用され頑丈なボディーが採用されているのも定評があります。 一方、HuaweiMatePro30の場合は4つのカメラを搭載しています。800万画素の3倍望遠や2,000万画素の0.6倍超広角の写真が撮影出来ることが特色です。さらに、画像処理にAI技術を用いることで、より高度な写真が撮れる様になったことが高評価を得ています。

iPhone11Proも、HuaweiMatePro30も、カメラを3つ以上採用するなどして写真撮影の性能へのこだわりをもって開発されたスマートフォンです。カメラ機能については、HuaweiMatePro30の方が性能が高いため、カメラ機能にこだわりたい人は、Huaweiのモデルを利用した方が良いでしょう。Huaweiのモデルでは、1秒間あたり7,680コマという超スローモーション撮影も可能です。

しかし、カメラ機能にさほどこだわりがない人は、iPhoneを選んだ方が良いかもしれません。A13チップを採用することで、iPhoneらしい滑らかな動作を体験出来るのです。iPhoneのプロセッサーは高性能の為、長い期間快適動作を実感できますのでiPhone11Proもおすすめと言えます。

今話題となっているスマートフォンとして、iPhone11ProとHuaweiのMatePro30が存在します。iPhone11Proでは3個のカメラを搭載し、HuaweiのMatePro30では4個のカメラを搭載する事でどちらもカメラ性能に対してこだわりを持っています。両者のカメラ性能を比較するとHuaweiの方が高性能です。カメラ性能にこだわる人はMatePro30が良いでしょう。

iPhoneやAndroidなどの機種変更を行う際のデータ移行

iPhoneやAndroidなどの機種変更を行う際、通信キャリアを問わずにデータを簡単に移行することはできますか。例えばiPhoneからiPhoneに、AndroidからiPhoneなどにも対応することが可能な方法はありますか。「dr.fone - データ移行」は2,000種類以上の端末に対応していて、iPhoneの全機種やWindows Phoneなどにも利用することができます。

多種形式データに対応していて、連絡先や電話帳、SNSメッセージや通話履歴などのデータを転送することが可能です。バックアップ機能でスマホのデータをワンクリックでパソコンにバックアップすることができます。復元機能でスマートフォンデータ移行をすることができ、バックアップファイルを他の端末に復元することが可能です。Windows PhoneのデータをiPhoneやAndroidに転送することができ、アプリデータも移行することができるでしょう。


ステップ1.「データ移行」という機能をクリックします

USBケーブルで移行先携帯に接続し、USBケーブルで移行元の携帯に接続しましょう。USBデバッグを設定していない場合、画面の指示に従ってデバイスのUSBデバッグを有効化することが可能です。そして、メイン画面の「データ移行」という機能をクリックします。

スマホデータ移行

ステップ2.スマホからスマホに移行しようとするデータを選びます

連絡先やSMSメッセージ、カレンダーや通話履歴、写真やビデオなどのいろいろな種類のデータを移行することが可能です。パソコンからアプリを直接インストールするなら、デバイスの「設定」から「アプリケーション」、「提供元不明のアプリ」などを有効化します。

スマホをパソコンに接続

ステップ3.スマホからスマホへのデータ移行を開始します

移行したいデータを選択し、「コピー開始」をクリックすると、スマホからスマホへのデータ移行が始まります。Step4.バックアップファイルから復元する場合、保存したファイルを携帯電話に転送します。まずバックアップファイルを選択し、復元する内容を選択してから、「コピー開始」を行いましょう。

移行中

機種変更する際のスマホのデータ移行の方法はいくつかありますが、「dr.fone - データ移行」はおすすめです。多種多様な端末に対応することができ、連絡先や通話履歴などのデータを転送することができます。パソコンを使って簡単にデータを移行することができるので、初心者も気軽に操作することが可能です。無料体験版を利用することができるので、いろいろ試してから正式版を購入することができます。このソフトがあるとデータを気にしないで機種変更することができるでしょう。

dr.fone - データ移行

1-Clickでスマホのデータを他のスマホに移行

  • iOSとAndroidの間にデータを移行・移動
  • 連絡先、SMSメッセージ、写真、ビデオ、音楽、などのファイルを転送
  • 最新のiOS 13やAndroid 8.0に対応
Home > How-to > iPhone11 > iPhone11ProとHuaweiのMatePro30の比較

All TOPICS