mate 20の先行情報まとめ

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元


mate 20先行情報


2018年10月16日にHuaweiTechnologies社はロンドンで小型シンプルでハイスペックな新型スマホ「mate20」のグローバルローンチイベントを行いました。この新しいスマホは小型ですがディスプレイの解像度が高く、高性能であるという特徴があります。ディスプレイには有機ELパネルが採用されているので、鮮明かつ消費電力が低く抑えられています。

mate20の特徴とは

シリーズの中でフラッグシップモデルとなるのは、「mate20Pro」です。このモデルは本体重量が189gと非常に軽く、サイズは縦157.8mm・横72.3mm・厚さ8.6mmと小型軽量のスマートフォンです。本体は小型ですがディスプレイの端の部分がカットされており、6.3インチ有機ELディスプレイ(画面占有率が87.9%)を搭載しています。縦長の印象を受けますが、Androidは画面の下側にボタンが表示されることを考慮すると使い勝手が良いといえます。本体はQiワイヤレス充電に対応し、急速充電(30分で70%)が可能です。指紋認証センサや顔認証ロック機能が搭載されているので、面倒なパスワード入力をせずにすぐにロックを解除して使用することができます。

mate20の基本スペック

搭載されているCPUは8コア(2.6GHz)で、6GBのRAMと128GBの本体ストレージを搭載しています。microSDカードは最大で128GBまで対応し、一昔前のPCに匹敵するほどです。mate20ProはiPhone上位機種に劣らない高スペックを誇るAndroidスマホです。

ネットワークについてはドコモ・ドコモ系mvno・au・UQモバイル・ソフトバンク・Yモバイルに対応しているので、日本国内の大手キャリア3社とほとんどの格安SIMで利用することができます。本体は防水仕様(IPX8)で水面下でも使用が可能なので、本体に水がかかってしまっても大丈夫です。

mate20の価格・発売について

欧州では既にmate20の発売が開始しており、高性能タイプの「mate20Pro」は1049ユーロで販売されています。近いうちに日本国内でも発売される予定ですが、2018年10月24日時点の価格は不明です。欧州の販売価格を日本円に換算すると約1万4千円なので、日本国内でもこれくらいの価格で販売されると予想されます。ドコモ・au・ソフトバンクの3社の回線に対応していることから、大手キャリアで発売されると考えられます。ちなみに本体は数種類のカラーから選ぶことができるので、人気の高い色は品切れになる恐れがあります。

高性能スマホを利用する際の注意点とは

シリーズ中で最もスペックの高い「mate20」は本体ストレージだけで128GBもあり、多くの動画・写真や仕事関係の書類を保存して持ち運ぶことが可能です。高性能のモバイル機器を利用すれば外出の際に仕事をしたり、銀行や証券会社のサイトにアクセスして金融取引を行うことができます。

モバイル機器を利用する際に注意すべき点は、紛失や落下などでデバイスが使用できなくなったり、データが失われてしまうことです。また、紛失・盗難などでスマホが使えなくなると大きなダメージを受けてしまいます。万一の場合に備えて、PCなどにデータのバックアップを保存しておく必要があります。

強力なバックアップツール「dr.fone」の紹介

高性能スマホを活用する場合には、万一の場合に備えてバックアップデータを保存しておくことが大切です。Wondershare「dr.fone」はスマホのデータをPCに保存したり、復元するためのソフトウェアです。dr.foneを利用すれば簡単な操作でバックアップデータを保存・復元することができますし、誤操作で消去してしまったデータを復元することも可能です。

バックアップ機能に加えて、「dr.fone - データ移行」はiPhoneとAndroidスマホの間で相互にデータを転送させる機能を搭載しています。以前にiPhoneを使用していたユーザーがmate20に機種変更をした場合でも、簡単にデータを転送して新しいスマホを利用することができます。高性能スマホを利用する場合には、「dr.fone」を活用してデータ転送やバックアップを行うようにしましょう。データを復元することも可能です。


ステップ1.メイン画面の中からデータ移行という項目を選択

「dr.fone - データ移行」を起動したらメイン画面の中からデータ移行という項目を選び、iPhoneとAndroidをパソコンに繋ぎます。

スマホデータ移行

ステップ2.iPhoneからAndroidに移行したいデータの項目を選択

iPhoneからAndroidに移行したいデータの項目を選択したら「コピー開始」のボタンを押して作業を開始します。

スマホをパソコンに接続

ステップ3.iPhoneからAndroidにデータ移行を開始

iPhoneからAndroidにデータ移行する作業完了までしばらく待ち、作業が済んだら内容を確認し、完了です。

スマホをパソコンに接続

dr.fone - データ移行

1-ClickでiPhoneからAndroidにデータ移行

  • iOSとAndroidの間にデータを移行・移動
  • 連絡先、SMSメッセージ、写真、ビデオ、音楽、などのファイルを転送
  • 最新のiOS 12やAndroid 8.0に対応
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > スマホデータ移行 > mate 20の先行情報まとめ

All TOPICS