viberの評判についてのまとめ

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Viberの評判

スマートフォン対応の無料通話アプリと言えば、「LINE」や「カカオトーク」等が現在多くのユーザーに利用されています。チャットと通話が料金を気にせず楽しめる無料通話アプリは、今やスマートフォンにおけるコミュニケーションに欠かせません。

皆さん、楽天グループの「Viber」という無料通話アプリをご存知でしょうか。「LINE」と比較すると日本ではまだまだユーザーが少ないアプリですが、今回はviber独自の機能とユーザーの声を基にした評判について紹介します。アプリを使おうか迷っている皆さんの参考にして頂ければと思います。Viberアプリはお互いがスマートフォンにインストールしていれば、どこからでも何時間でも無料で通話をすることができます。また「Viber Out」という、携帯・固定電話番号へ発信出来る有料サービスがあります。

通話する上で気になる音質については、Viberアプリ間の無料通話ではタイムラグの無い高品質な通話が出来ると評判です。有料通話機能「Viber Out」でも、Wi-Fi、LTE環境において通話の品質に問題はなく、音声の到達に若干遅れはありますが支障なく通話出来ます。

また通話の着信時は、ユーザー同士がアプリを起動している事が条件となっています。しかし、Viberでは通話の着信時に自動的にアプリが起動するので、いつでも通話する事が出来ます。こうした事から、Viberは無料・有料の通話を高音質で楽しめるアプリと言えます。

ユーザー登録が簡単にできる

「Viber」のユーザー登録方法はまず、アプリを起動して「続行」を選択します。次に「Viber」が連絡先へのアクセス許可を求めてくるので「OK」を選択してください。連絡先へのアクセス許可を出さなければ「Viber」が連絡先に登録されている人の中から自動的に「Viber」を利用している人を見つけ出せなくなってしまうので、連絡先へのアクセス許可を出すことをおすすめします。iPhoneの電話番号を入力して「続行」を選択するとSMSに4桁のコードが届くので、そのコードを入力するとユーザー登録が完了します。

メッセージアプリとしても使える

「Viber」は「LINE」と同じようにメッセージアプリとしても使うことができます。また、「LINE」で人気のある「スタンプ」と似たような「ステッカー」というものがあります。この「ステッカー」は「LINE」の「無料スタンプ」よりも多くの種類を無料で使用することができ、その豊富さと無料という点が「ステッカー」の魅力のひとつです。

「Viber」の危険性

「Viber」にはある危険性があると言われています。それは「Viber」の登録をした際に、自分の登録している連絡先を一度ネットに送信しているところです。これには自分の電話帳内に入っている人が「Viber」を使っているかどうかを自動的に見つけ出すという目的があります。ある情報によるとその送信された連絡先の情報は、暗号化されずに送信されているということなので、そこから個人情報が漏れてしまう可能性が「Viber」にはあります。

自分が「Viber」を使っていることを電話帳の中に入っている人に知られないようにする方法

「Viber」では使用中の状態を伏せることができ、電話帳の中に入っている人に知られないようにする方法があります。手順といたしましては「Viber」の登録をする時にIDを電話番号ではない番号で登録するだけです。これにより電話帳の中に入っている人からは自分が「Viber」を使っていないように見えるので、呼びかけを気にすることなく落ち着いて使用することが出来ます。

また、使用中の状態を伏せられるということは、その逆も可能となっています。「Viber」を登録する時に電話番号をそのままIDとして登録すれば、相手の人へ意図的に「Viber」の使用状態を知らせることが出来ます。

「Viber」は高音質の通話とステッカーを用いたチャットを楽しむ事が出来ます。大人気の「LINE」と比較すると日本のユーザー数は少ないアプリですが、Viberの高音質通話や有料通話機能「Viber Out」はとても魅力的です。 アプリをインストールしようとする前に、Viberの特徴と危険性の評判が皆さんの参考になれば幸いです。

dr.fone-Viberバックアップ&復元

iPhone・iPad・iPod TouchのViberチャット履歴を保護

  • 1クリックでViberのチャット履歴をバックアップ
  • 簡単にViberのチャット履歴を復元
  • データ損失などの危険がない

All TOPICS